登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
北アルプスを満喫 鷲羽岳・黒部五郎岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

dora さん

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(13:40)・・・笠新道登山口(14:40)[休憩 5分]・・・わさび平小屋(14:55)

【2日目】
わさび平小屋(05:20)・・・小池新道登山口(05:40)・・・秩父沢出合(06:25)[休憩 5分]・・・シシウドが原(07:35)[休憩 15分]・・・鏡平山荘(08:40)[休憩 25分]・・・弓折乗越(10:05)[休憩 20分]・・・双六小屋(11:30)[休憩 45分]・・・三俣山荘(14:50)

【3日目】
三俣山荘(06:30)・・・鷲羽岳(07:45)[休憩 10分]・・・三俣山荘(08:50)[休憩 60分]・・・巻道合流点(10:50)[休憩 5分]・・・黒部五郎小舎(12:10)

【4日目】
黒部五郎小舎(05:50)・・・黒部五郎岳(中ノ俣岳)(07:45)[休憩 40分]・・・黒部五郎小舎(09:55)[休憩 50分]・・・巻道合流点(12:10)[休憩 10分]・・・三俣蓮華岳(12:55)[休憩 20分]・・・双六小屋(14:50)

【5日目】
双六小屋(06:35)・・・弓折乗越(07:30)[休憩 20分]・・・鏡平山荘(08:20)[休憩 20分]・・・シシウドが原(09:10)[休憩 10分]・・・秩父沢出合(10:05)[休憩 15分]・・・小池新道登山口(10:55)・・・わさび平小屋(11:15)[休憩 45分]・・・笠新道登山口・・・新穂高温泉(13:00)

総距離 約47.3km 累積標高差 上り:約4,228m
下り:約4,228m
コースタイム 標準:26時間15分
自己:24時間50分
コースタイム倍率 0.95
今年2回目の北アルプス。鷲羽岳、黒部五郎岳を巡る。
台風の影響で計画通の山行が出来なかったが、雷鳥に二度も出会うラッキーな場面もあり、
思い出に残る山行となった。
来年は、登れなかった山に再度挑戦したいと思う。
【一日目】
新宿から新穂高へ電車とバスを乗り継いで移動。新穂高センターから「わさび平小屋」へ向かう。林道の途中に風穴がいくつかあり、とても涼しい風が吹く。今日は「わさび平小屋」止まりなのでノンビリと歩を進める。景色が変わらず、あまり楽しくない歩きだ。「わさび平小屋」について、沢の水で冷やしたトマトとビールで一息つく。風呂に入り汗を流して、小屋のベンチで夕飯までの間、持参のウィスキーを呑みながらノンビリ過ごす。夕飯のメインは、鮎の塩焼き、とても美味しかった。
【二日目】
5時20分に出発し、20分ほどで小池新道登山口に到着。ここから本格的な登山道になる。少し歩くと岩稜帯に変化するが、整備されていて歩き安い。今日は天気が良く、とても暑いので秩父沢でクールダウン。秩父沢1時間ほどでシシウドが原に到着。ここからは焼岳、乗鞍岳を観る事が出来る。樹林帯のゆるやかな登山道を進み、鏡池に到着。雄大な槍:穂高連邦を眺め暫し写真撮影。陽が高くなっているので、「逆さ槍」うまく撮る事ができなかった。「鏡平山荘」でアイスコーヒーを飲み休憩。山小屋でアイスコーヒーが飲めるは最高だ。ここから弓折乗越まで急登が続く。弓折乗越からは緩やかな稜線で、1時間ほどで「双六小屋」に到着。カレーライスを食べて休憩。ここから巻道で「三俣山荘」へ向かう。一度下ってから登り返すが、下りきった地点に沢が流れているので、水を補給しつつクールダウン。歩き始めると、とたんに汗が噴き出る。涼しい風が吹くが汗を抑える程ではない。三俣蓮華岳への分岐からは、下りの登山道に変化する。小屋に入り夕飯までの間、景色を眺めながらウィスキーを呑んでノンビリ過ごす。夕飯は鹿肉のシチュー、臭みも無くとても美味しかった。
【三日目】
予報通りの雨。計画では鷲羽岳、水晶岳まで行く予定であったが計画を変更し、鷲羽岳をピストンで登る事にした。ガスの中、急登の登山道を黙々と上る。すると、山頂手前で雷鳥と遭遇。親子合わせて四羽いた...ラッキー。暫し脚を止めて写真撮影と観察。そこから10分程で鷲羽岳に到着。ガスで景色が見えないので、写真撮影を済まして「三俣山荘」まで下山。「三俣山荘」でコーヒーとケーとケーキを食す...人気のメニューらしい。ここから巻道を経由して「黒部五郎小舎」へ向かう。緩やかな斜面を登りきると雪渓が現れる。雪渓の上を渡り終えると更に登り、登り切ると平坦な登山道になる。巻道合流点(三俣蓮華岳への分岐)から緩やかな下り斜面となる。稜線からは雲ノ平、薬師岳などを観る事が出来る。2,661mの地点から下りに入り、少し歩くと標高差200mほどの岩稜帯の急斜面に変化する。所々で九十九折りになっているが、段差が高くスピードが出ない。「黒部五郎小舎」が見えてからもなかなか小屋に着かない。小屋に到着しザックを下ろして、初秋の風に吹かれながらノンビリと過ごす。暫くすると若者が黒部五郎岳から下りてきた。立山からテント泊で来ているとのこと。明朝、裏銀座から槍ヶ岳へ向かい上高地に下山するとの事。体力のある若者が羨ましい。一息ついた後、ウィスキーを呑みながら疲れを癒す。
【三日目】
6時前に小屋を出て黒部五郎岳を目指す。緩やかな登リを30分ほど歩くとカールの手前にたどり着く。ナナカマドが実を付けていて初秋を感じる。山頂方面はガスに包まれ、晴れる事を期待しつつ歩を進める。カールを斜めに渡りきると急登が現れる。登り切ると緩やかな稜線に変化する。時折、晴れ間が見えるが一瞬にしてガスに包まれる。稜線を進んで行くと岩稜になるが比較的歩きやすい。8時前に山頂に到着したが、ガスに包まれていて何も見えない。30分ほど待ったが、状況が変わらないので下山開始。急斜面を下り始めると山頂方面のガスが消えてきた...残念。小屋まで戻り、冷えたンゴを食べてエネルギーチャージし、「双六小屋」へ向かう。標高差200mほどの急登がキツイ。2,661mの地点までたどり着き小休止。涼しい風が吹いて気持ちが良い。巻道合流点から三俣蓮華岳へ向かうが、なかなか山頂が姿を現さない。双六岳への分岐にザックを置いて山頂へ向かう。三俣蓮華岳の山頂もガスに包まれて景色が望めない。双六方面も厚いガスに包まれているので、中道を通って「双六小屋」へ向かう。「双六小屋」に着く頃には気温がかなり下がっていて肌寒かった。夕食は名物の天ぷら...美味しくいただきました。疲れたので早めに就寝。
【四日目】
今日は新穂高に下山するだけなので、少し遅めの出発。小雨の降る中、鏡平を目指して進む。稜線まで進むとアップダウンはあるが比較的歩きやすい。弓折乗越の手前で、またまた雷鳥と出会う。天気の悪い日に出てくるらしいが、人間に慣れているのか、なかなか逃げないので写真を撮りつつ少し待機。雷鳥に2度も出会えてラッキーな山行だった。「鏡平小屋」でかき氷を食べて「わさび平小屋」まで下山。お昼ご飯を食べた後、激しい雨が降りだし、再びレインウェアを着て新穂高まで下山。新穂高センター裏の中崎山荘で温泉に入り、バスを乗り継ぎ帰路へ。

登山中の画像
  • 新穂高センターから登山開始
  • ここから林道を歩く
  • 風穴の涼しい風が気持ち良い
  • 笠新道に到着
  • わさび平小屋に到着
  • 冷えたトマトが美味しかった
  • わさび平小屋、夕食のメインは鮎
  • ここから本格的な登山道になる
  • 最初の渡渉点
  • ソバナ
  • 登山口から少し歩くと岩稜帯に変化する
  • 秩父沢出会に到着...水量が豊富だ
  • 岩稜帯が続く
  • チボ岩
  • シシウドヶ原に到着...暫し景色を堪能
  • シシウドヶ原から焼岳と乗鞍を望む
  • 熊の踊り場...熊が出る?
  • 鏡平まで5分
  • 鏡池に到着
  • 槍・穂高連峰一望出来る...逆さ槍見えず残念
  • 鏡平小屋に到着...アイスコーヒーで暫し休憩
  • ゴマナ?
  • ミヤマリンドウ?
  • 弓折乗越に到着
  • ミヤマリンドウ
  • 綿毛姿のチングルマ
  • ミヤマトリカブト
  • 巻道コースで三俣山荘を目指す
  • 鷲羽岳が見えてきた
  • ハクサンフウロ
  • 綿毛姿のチングルマ
  • 三俣蓮華岳が見えてきた
  • 三俣山荘を出発
  • 小雨の中、鷲羽岳を目指す
  • ガスで山頂は見えず
  • トウヤクリンドウ
  • ガレ場の登山道が続く
  • イワツメクサ?
  • 雷鳥と出会う
  • 親子4羽で朝ご飯?
  • 親鳥が警戒しているようだ
  • 標高2,924m鷲羽岳に到着
  • 山頂はガスに包まれている
  • 巻道から黒部五郎小舎へ向かう
  • まだ雪渓が残っていた
  • 岩場をトラバース
  • ニリンソウ
  • ニリンソウ
  • アキノミヤマキリンソウ?
  • ウサギギク
  • 稜線にシャクナゲ
  • 黒部五郎岳
  • 夕方、笠ヶ岳が見えた
  • 夕日の染まる薬師岳
  • カールまで登ったがガスで山頂は見えず
  • 実を付けたナナカマド...秋の気配
  • 正面に見える九十九折の登山道を登り稜線へ
  • ガレ場の急登が稜線まで続く
  • 標高2,840m黒部五郎岳に到着
  • ガスで何も見えない
  • 下山し始めると晴れてきた...残念
  • 黒部五郎小舎を出発
  • 標高差200m程の急登を登る
  • 急登を登り少し進むと双六へ続く稜線が見えてくる
  • 鷲羽岳・水晶岳
  • 雲ノ平山荘が見えた
  • 三俣蓮華岳が見えてきた
  • 標高2,841m三俣蓮華岳に到着
  • 双六小屋を出発
  • 弓折乗越で雷鳥に出会う
  • 二羽いた
  • 少し待っていると登っていった
  • 鏡小平小屋でかき氷を食す...美味しかった
  • 鏡池もガスの中
  • イタドリヶ原まで下山
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

doraさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dora さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...