登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
安平路山 安平路山(中央アルプス)
img

記録したユーザー

ヒロ さん

この登山記録の行程

休憩舎(5:45発)~直登コース分岐(6:35)~摺古木山(6:55)~シラビソ山(7:40)~安平路避難小屋(8:00)~安平路山 (8:35着 8:45発)~避難小屋(9:10着)~シラビソ山(9:40)~摺古木山(10:25)~摺古木自然園(10:40)~休憩舎 (11:30)


総距離 約15.2km 累積標高差 上り:約1,429m
下り:約1,435m
前線の通過で全国的に雨となったが、明日は東北方面はまだ雨が残るものの、西の方からは晴れてくるとのこと。従って中央アルプス南部の安平路山へ行くことにした。雨の中午後2時過ぎに家を出発、今日のうちに登山口の休憩舎まで入り一泊する予定だ。

登山中の画像
  • 夕べは雨が降る中、飯田から大平街道を走り大平宿から悪名高い東沢林道を通り休憩舎まで5時間若、到着は夜7時であった。林道は悪路には違いないが、まあこんなものかな、、、  5時に起床、簡単に朝食を済ませ5時45分の出発となりました。肉眼ではもう結構明るくヘッドランプは無くても歩けるのですが、デジカメ写真は暗闇のように映りました。
  • 登山口を入りしばらくするとちょっとした急登があるが10分ほどで終わりなだらかな登山道になる。昨日の雨が嘘のような快晴の天気だ。50分ほどで直登コースと周回コースの分岐点に出る。
  • 直登コースにルートをとりしばらく登ったところから後方には恵那山だろうか綺麗に見えている。頭の辺りにちょっとガスが懸かっているのが気になる。
  •  分岐から20分ちょっとで摺古木山へでる、山の反対側はすでにガスが上がり初め、中央アルプスも白く雪化粧した頭の部分がちょこっと見えるに過ぎない。 ここには一等三角点が設置され山頂標識も立てられているが、地図上では別のところに山頂の表示がある。良くある三角点山頂と本当の山頂との違いなのだろう か。
  • あっという間にガスが巻いてきて、辺り一面うっすらと白くなった。登山道は刈り払いが良くされとても歩き安い。過去の登山記録を読むと笹に覆われ、藪こ ぎがすごいと書かれているがこの辺りではその片鱗もない。シラビソ山は山と言うよりは尾根上の1ピークといった感じの山、名の通りシラビソに覆われてい る。
  • 摺古木山からちょうど1時間で樹林帯を抜け避難小屋のある開けた場所に出る。周辺は笹が刈り払われて過去の記事からは想像がつかない。刈り払いは今年行われたようだが、これで完全に汚名返上となるのだろうか。
  • 藪こぎの汚名返上か、と思いきや水場を過ぎたところまでで後はご覧の有様、足下も良く確認できない。朝露と言うより昨日の雨で濡れたささがまだ乾いてい ない。そのまま藪こぎで登ろうとしたのだが、たちどころにびしょびしょになってしまった。仕方なしにカッパのズボンを履く、どうせ履くのなら最初から履い ていれば良いのに、、、後の祭りとなったがそれでも遅くはなかった。延々と30分あまりも続くのである。しかし登山口からずっとブッシュ漕ぎをすることを 考えるとはるかにましで、乾燥した時期ならばあまり苦にはならないだろう。
  • 山頂は樹林帯内、しかも一面笹に覆われており展望は全く無い。証拠写真を撮ったり、行動食を口にしたりで10分程休憩しただけで下山を開始する。避難小 屋のところで履いていたカッパのズボンを脱ぎ、シラビソ山を越え摺古木山を目指す。相変わらずのガスで視界は殆ど無いが時折り日差しが漏れ上空は良く晴れ ているようである。
  • 摺古木山からは上りは直登コースだったので、帰りには自然園を経由して周回コースを辿ることにする。自然園に来た時にたまたま中央アルプスの山々がガス の上に頭を出していた。高いところは既に冠雪し白くなっている。自然園からは45分で登山口の休憩舎へ到着、靴を履き替えているとバイクに乗った若者が やってきた。二言三言話をするが、山登り目的ではなくツーリング目的のようであ
  • 紅葉はずいぶんと下ってきていて、今は東沢林道周辺が綺麗であった。相変わらずの悪路ではあるが途中で車を止めデジカメに納める。皆さんが書かれている途中のロープはかけられてはいなかった。「自然保護のため一般車はご遠慮ください」の看板だけがあった。
  • 昨日は夜でしかも雨だったのでそのまま林道へと入っていったので、、帰りに大平宿を散策してみた。集落こぞって集団移転し無人となった後、「大平宿をの こす会」の活動によって現在も維持されているとのことであるが、何か江戸時代にでもタイムスリップしたかのような雰囲気がある。
  • 大平宿の大きな石碑、宿の中にはやど屋・そば屋などもあり事前に申し込めば民家に宿泊することもできるようである。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヒロさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヒロ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?