登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
茂倉岳(武能岳・蓬峠周回予定も中止) 茂倉岳(上信越)
img

記録したユーザー

有栖川金太郎 さん

この登山記録の行程

分岐(06:40)・・・矢場ノ頭(09:14)[休憩 12分]・・・茂倉岳(12:00)・・・矢場ノ頭(13:37)[休憩 5分]・・・分岐(16:33)

総距離 約10.2km 累積標高差 上り:約1,454m
下り:約1,454m
コースタイム 標準:6時間50分
自己:9時間16分
コースタイム倍率 1.36
台風19号の後、天候不順が続き登山道の状況も不明でしたが、この日は晴れ予報で翌日からはまた雨予報なため、1日予定で計画しました。計画では茂倉新道から茂倉岳~武能岳~蓬峠~蓬新道の周回コースとしました。これは前回の万太郎山に登った時に見た茂倉岳の稜線を登ってみたかったからです。

当日は、電車だとスタートが少し遅いので越後湯沢駅よりタクシーで茂倉新道まで入りました。タクシーの運転手さんも登山が好きで、蓬橋が流されなくてよかったと言ってました。道路に水が流れていたり、汚れているところもありますが、登山口駐車場までは大丈夫です。前日の雨のせいか道がぬかるんでいます。取りつきの急登は滑りやすいです。檜廊下を過ぎ矢場ノ頭に着きますが、急に雲が出てきてパラパラと雨も降ってきます。茂倉新道は尾根道で稜線のような感じなので、風も吹きこんできて寒くなってきます。雨は大丈夫ですが、風が吹いてきて寒くまた濃霧で眺望もありません。晴れ予報だったので残念極まりないです。道中、縦走をどうするか考えます。茂倉岳から蓬峠までは稜線のため、別の方のレコを見たとき風が強く難渋したとの記載がありそれが躊躇の要因となります。ただ数年前に谷川岳からの縦走の下山時に檜廊下でスリップ尻餅で木の枝が刺さった記憶がピストンを避けたいとも囁きます。ただ回復の兆しがなさそうなので途中からゆっくりと登り、コースタイムの記録には出ていませんが、茂倉岳非難小屋に11:05着そして40分ほど休憩しました。(矢場ノ頭から茂倉岳まで異常に時間がかかっているのはそのためです)

ただこのあたりから左膝に痛みが出始め、非常に嫌な感じがしたため、下山後の交通手段を熟考し土樽からバスで帰ることにしてコースタイムを逆算、避難小屋を出発し濃霧と風の中で茂倉岳山頂へ。写真だけ撮り茂倉岳山頂12:00発で下山を開始しました。が、左膝の外側痛は悪化する一方でサポーターを巻きましたが、外側の痛みには効果がなく厳しい下山になりました。もちろんお約束の下山途中から雲が取れてきました。矢場ノ頭まではそんなに遅くなりませんでしたが、ここから檜廊下や取り付き部が急登のため痛みに耐えながら場所によっては後ろ向きにステップをしながらの下山となりました。コースタイムは予想を大きく超えて登山口に到着、当初のバスはもちろん歩くのも厳しくタクシーを呼び越後湯沢駅に戻りました。帰りのタクシーの運転手さんに聞いたところ湯沢は晴れていたとのことでした。

登山中の画像
  • 下山途中に茂倉岳方面。紅葉もイマイチかと。
  • 足拍子岳方面。
  • 下山途中から矢場ノ頭。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

有栖川金太郎さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 谷川岳登山指導センター ~谷川岳
    谷川岳登山指導センター
    濃霧による道迷い、山頂付近の気温、夕立と落雷に注意。登山前だけではなく登山中も天気予報や雲の動きをチェックしましょう
    20年07月14日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

有栖川金太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月15日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!