登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
曇天の御前山 御前山(関東)
img

記録したユーザー

Tatsu さん

この登山記録の行程

小岩バス停(08:35)…湯久保山(10:30)…アザミケタワ(11:00)…御前山(11:56-12:26)…惣岳山(12:39)…小河内峠(13:12)…旧小林家住宅分岐(13:52)…旧小林家住宅(14:05-14:15)…藤倉バス停(14:52)


総距離 約14.1km 累積標高差 上り:約1,294m
下り:約1,201m
天気は上々との予報だったので、大月方面に富士山を見に行こうと思い、頑張って休みをとったけれど、生憎の空模様(もしかしたら大月方面は晴れてたかも)。このため、ショートコースの奥多摩をチョイスし、2月に行ったにもかかわらず、またまた御前山へと向かいました。

今回は小岩バス停をスタートにして、破線ルートを行きます。
五日市を出発し、小岩まで乗車したのは私だけ。平日だもんね。
破線ルートはどんな感じかと意気込んだものの、尾根に出るまでずっと舗装道でした(小沢をスタートにすればよかった)。

それでも湯久保山直後、道を誤り知らず知らずに小沢に向かって進んでいました。何か変だなと感じ、地図を確認して誤りに気付き、引き返しました。約30分近くのロスです。

山頂に着くまで左右はずっと杉檜林で、眺望はありません(なかなか立派な杉林でした)。途中、何か獣の叫び声のようなものが聞こえ、あわてて鈴を鳴らします。

霜が目立ち始めると山頂は間近です。山頂は以前より切り開かれていて、雲取山、石尾根方面はよく見えます。

下山は小河内峠経由です。前回は見えた富士山。残念ながら望むことはできませんでした。しかし、初冬ならではの、落ち葉の絨毯を踏みしめながらサクサク歩き、それなりに満喫できた山行でした。人も1人しかすれ違わなかったし。

小林家住宅は、国の重要文化財だけあって、重厚感ある佇まいの建物でした。藤倉というバス停も、2つの地名をくっつけてバス会社が着けたんだそうです。

色々勉強にもなった1日でした。

登山中の画像
登山画像
湯久保山と後ろに見える御前山
登山画像
相変わらず情緒のない山頂標識
登山画像
雲取山は雲の中やっと見える七ツ石
登山画像
晴れてればもっと良かったのに
登山画像
小林家住宅
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、アウタージャケット
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Tatsu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?