登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
残雪の三ツドッケ(天目山) 埼玉県側から 三ツドッケ(天目山)(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2020年2月2日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:浦山大日堂バス停脇駐車場
    無料、トイレは3月10日まで冬季閉鎖中
    (車の方は秩父さくら湖の道沿いにトイレが有ります。)

  • 天候

    はれ、山頂気温7℃無風
    [2020年02月02日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

浦山大日堂(07:19)・・・仙元峠(10:38-10:45)・・・一杯水避難小屋(11:56-12:05)・・・三ツドッケ(天目山)(12:36-12:57)・・・仙元峠(14:07-14:24)・・・58号鉄塔(15:37-15:44)・・・60号鉄塔(16:05-16:09)・・・浦山大日堂(16:26)
*GPSログ乱れております。


総距離 約15.2km 累積標高差 上り:約1,901m
下り:約2,064m
28日、降雪後の大雨、そして気温の高い日が続き、雪は解けるかな?と思っていましたらアメダスでは意外と残っているようで悩みましたが、埼玉県側から三ツドッケ(天目山)に向かいました。
(私の技量ではあまり雪深いと無理ですから、ちょっと雪山気分が丁度良い頃合いです。)

積雪は三ツドッケ及び都県境尾根では5~10cm程で日の当たる場所では解けている箇所も有りましたが仙元峠周辺では20~30cm程ありました。
なお、凍結やぬかるみはありませんでした。

*GPSログ乱れておりますので、参考程度にお願い致します。

今日の失敗
・一杯水の手前でトラバースするトレースを辿ってしまい途中で気がついたのだが何処にぬけるのかと思いそのまま進むと一杯水の沢の下に出てしまい、沢登りになりました。
・仙元峠からの下山時、自分のトレースを辿っていたつもりでしたが沢に降りるトレースを辿ってしまい方向修正。
・ピンクリボンも目安に仙元尾根のトラバース道を進んだが別の尾根のピンクリボンに進んでしまい方向修正のため道無き道をトラバース。

本日の出会った方は避難小屋泊の方2名とこれから避難小屋泊と思われる方の計3名でした。

気象庁 アメダス 現在の雪 (解析積雪深・解析降雪量)
https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/snow/jp/#zoom:11/lat:35.802222/lon:139.120324/colordepth:normal/elements:snowd

東京都建設局、都道情報
https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jigyo/road/information/tukou/pass.html
東京都建設局より一般都道204号(日原街道)通行止め解除情報が発表されました。
西多摩郡奥多摩町氷川(根元神社北)~西多摩郡奥多摩町氷川(平石橋)2.6km 令和2年3月上旬頃(予定)
西多摩郡奥多摩町氷川(平石橋)~西多摩郡奥多摩町日原(日原終点)7.4km 令和2年ゴールデンウィーク頃(予定)
*平石橋は東京トラウトカントリーの所の橋です。(川乗橋バス停はこの先)

登山中の画像
  • 浦山大日堂バス停脇駐車場に車を止め出発です。
  • 大日堂に向かいます。猟師さんに今日はこれから猟が始まるから気おつけてとのこと。
  • 大日堂脇の階段から登山道です。
  • 急な階段の上り
  • どんどん高度を上げます。
  • トレース無し、昨日も入っていない様子です。
  • 暫く鉄塔巡りです。
  • 蕎麦粒山
  • ひたすらトラバース道が続きます。
  • 台風以前より大崩落地。カラカラと崩れる音が聞こえます。
  • 三ツドッケ(天目山)
  • 段々深くなって来ました。
  • 急斜面はひたすらキックステップ
  • 蹴り込みに疲れて来たので軽アイゼンを装着してみました。少しズルズルするがいけます。
  • 自分のトレース。朝一のゲレンデ気分ですね。
  • 日当たりの良い場所はズボッと埋まります。
  • ようやく仙元峠に到着。
  • 都県境尾根。アイゼンは外しました。
  • 日の当たる場所は解けている箇所も有ります。
  • 鹿の足跡。大きな動物は古そうなのが有っただけでした。
  • 一杯水手前からトラバースする誤ったトレースを進んでしまいました。途中で気が付きましたが何処にぬけるのかとそのまま進むと・・・
  • なんと!一杯水の沢の下です。私は沢屋さんではないのですが・・・遡上すると道標が見えて来て一安心。途中で踏み跡も有り、上られたようです。
  • 一杯水源流に無事到着。この時期水が出ていました。
  • 一杯水避難小屋に到着。昨晩お一人様ご利用とのこと。もう一方は酉谷避難小屋に向かわれたそうです。
  • 日原方面通行止め。日原街道はゴールデンウィーク頃に復旧予定。
  • 避難小屋前から富士山
  • 小屋裏直登ルートで三ツドッケ(天目山)に向かいます。なんと雪が無い!雪深いことを予想しており、登頂は難しいかなとも思っておりました。
  • と思ったらしっかり有りました。
  • 三ツドッケ(天目山)に到着。山頂気温7℃、無風で温かい。
  • 蕎麦粒山
  • 川苔山
  • 大岳山
  • 富士山
  • 雲取山と芋ノ木ドッケ
  • 更に右手奥にも山々が見えるが山名は?
  • 武甲山、奥は群馬の山、雪少なそうです。
  • 都心のビル群
  • 筑波山かな?
  • スカイツリー発見
  • 武甲山の奥の群馬県の山をアップで、でも山名がわからない。
  • 下山開始。予定では16時下山
  • 登山道ではありませんが、都県境の尾根に沿って下りました。結構深い。でも柔らかく歩きやすい。
  • 仙元峠分岐、雪山にGO。
  • 仙元峠は雪深い
  • 仙元峠に到着。一休みです。三ツドッケに至ると書かれておりますが三ツドッケは埼玉県側での呼び名で天目山は東京側での呼び名です。
  • 悩みましたが軽アイゼンを装着し下山します。
  • 午前中より雪が柔らかくなった感じで、ズボッと埋まります。
  • アイゼン外しました。
  • ピンクテープ有りますがこの尾根は違います。その後、道無き道をトラバースし復帰。
  • 荒れた感じですが登山道です。
  • 鉄塔に辿り着き、一安心。16時下山は無理そうです。
  • 冬はこの感じが好きです。
  • 60号鉄塔で一休み。丁度、日が山陰に隠れました。タイムアウト。
  • 屋根が見えて来ました。あと少し。
  • 遅刻ですが無事到着。おつかれさまでした。
  • 武甲山はシマシマ
  • 当日のアメダス積雪情報
この山行での装備
雨具・レインウェア、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】 熊鈴2つ
軽アイゼン6本爪
チェーンスパイク
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。