登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
屋久島三岳と縄文杉(20.3.19-21) 栗生岳、宮之浦岳、永田岳、縄文杉(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

道遙か さん
  • 日程

    2020年3月19日(木)~2020年3月21日(土)

  • 利用した登山口

    荒川登山口  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:淀川登山口駐車場を利用(無料、トイレ有)
    下山後、10:01荒川三叉路バス停発~10:27紀元杉バス停(屋久島交通バス、410円)で車を回収

  • 天候

    1日目:雨のち曇り、2日目:快晴、朝方は強風、3日目:快晴微風

この登山記録の行程

【1日目】
淀川登山口(17:55)・・・淀川小屋(18:27)

【2日目】
淀川小屋(04:05)・・・花之江河(05:27)・・・黒味分れ(05:41)・・・投石平(06:13)[休憩 10分]・・・宮之浦岳(07:55)[休憩 47分]・・・焼野三差路(08:55)[休憩 10分]・・・永田岳(09:55)[休憩 50分]・・・焼野三差路(11:29)[休憩 6分]・・・平石展望台(12:02)[休憩 8分]・・・第2展望台(12:42)[休憩 24分]・・・新高塚小屋(13:35)[休憩 10分]・・・高塚小屋(14:35)

【3日目】
高塚小屋(05:30)・・・縄文杉(05:38)・・・ウィルソン株(06:30)[休憩 25分]・・・大株歩道入口(07:15)[休憩 7分]・・・楠川分れ(08:10)・・・小杉谷橋(08:30)・・・荒川登山口(09:02)

総距離 約23.7km 累積標高差 上り:約1,892m
下り:約2,658m
コースタイム 標準:15時間25分
自己:11時間17分
コースタイム倍率 0.73
南海に浮かぶ九州最高峰と太古の森へ。

初日、15時過ぎに高速船で宮之浦港着、ガス缶や食料を調達後、レンタカーで淀川登山口へ。途中、ヤクシカが道路脇から飛び出して急ブレーキ、早速屋久島の洗礼を受ける。登山口に駐車して入山、30分ほどで暗くなる前に淀川小屋着。今夜はツアーグループ含めて13名ほど。夕食をとって早々に就寝。

2日目、満天の星空の下、ヘッデンを頼りに4時発。よく踏まれた登山道で、指導標の反射材も安心材料。花之江河の湿原は暗い中で通過。黒味岳にも寄りたかったが、小さなアップダウンの連続でペースが思うように上がらないためパス。6時前から東の空が焼け始め、投石平からモルゲンロート、ただし強風。この辺りから登山道に凍結が見られるように。岩の登山道上を水が流れている場所は凍ってとても滑りやすく、登山道脇の笹をロープ代わりに慎重に進む。巨岩が点在する笹原の縦走路をまずは栗生岳、続いてわずかな急登で九州最高峰・宮之浦岳へ。山と海の絶景、春霞の彼方には前日に登頂した開聞岳が浮かんでいる。

三叉路にザックをデポして永田岳に向かう。コルまでの登山道は深く抉れている箇所あり。急斜面を登り返すこと25分で登頂。眼下には永田集落と噴煙を上げる口永良部島、振り返ると大きな宮之浦岳。風も収まり、山頂の巨岩の上で寝そべってお昼寝。素晴らしく去り難い山頂。

三叉路から笹原を抜けて徐々に灌木、途中の岩場の展望台で奥岳に別れを告げ、巨木の森へ入っていく。新高塚小屋は広いウッドデッキのテン場が快適そう。水場で補給してから高塚小屋へ。先着は4名、最終的には小屋は満員でテントも10張以上に。日暮れ前に静かな縄文杉をじっくり眺め、この日も早めに就寝。

3日目も快晴、5:30出発。よく整備された木の階段などを経てウィルソン株へ。定番の写真を撮ってから更に下って大株歩道入口でトロッコ道に合流。立派なトイレがある。朝日のトロッコ道では徐々に登山者とすれ違うようになり、楠川別れ辺りはツアーグループで混雑。登山者が一段落したら、前方からエンジン音がしてトロッコが!テンションが上がって写真を撮るもピンぼけ。トンネルを抜けたら荒川登山口で、そこから林道を荒川三叉路に戻って屋久島交通の紀元杉行きのバスで車まで戻った。(その後、太忠岳へ)

奥岳エリアは岩がちな登山道なので、ソール固めの靴が歩きやすい。スカルパのミトスとトリオレで迷って後者にしたが正解だった。

登山中の画像
登山画像
翁岳トラバース付近の凍結した岩場の斜面
登山画像
宮之浦岳山頂
登山画像
永田岳
登山画像
永田岳山頂の巨岩
登山画像
永田岳か宮之浦岳
登山画像
登山道での出会い
登山画像
お世話になった高塚小屋
登山画像
夕闇迫る縄文杉
登山画像
ウィルソン株
登山画像
トロッコ道
登山画像
トロッコ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

道遙かさんの登山記録についてコメントする
  • bebe さん
    おそらく永田岳への登山道で遭遇し、
    高塚小屋では2階隣で寝床を共有した夫婦です。
    先日は、小屋でうるさくなかったかと、
    気が気じゃありませんでした。(~_~;)
    ほんの少しの会話でしたが、
    同じ時間を共有できて楽しかったです。
    それにしても前日の開聞岳、縦走後の太忠岳。
    てんこ盛りの山旅で本当に羨ましく思います。
    屋久島。楽しかったですね♪

  • 道遙か さん
    bebeさん、鹿之沢小屋から登り返して来られた強者ご夫婦ですね!高塚小屋ではお話しできて楽しかったです。意外と寒くて早々に引き込もってしまいましたが、盛り上がったようで何よりでした^^
    まだひと月も経っていませんが、外出自粛に中にあっては遠い昔に感じます。本当に、屋久島、楽しかったですね!

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

道遙か さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...