登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
熊倉山から酉谷山、下降はタワ尾根を日原へのワンデイハイク 熊倉山、蝉笹山、檜岳、小黒、酉谷山、ウトウの頭、金袋山(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2020年7月5日(日)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:行き_
    西武池袋駅04:58〜06:48西武秩父駅〜(徒歩)〜御花畑駅07:18〜07:37白久駅
    帰り_
    東日原バス停17:22〜17:49奥多摩駅18:16〜18:51青梅駅18:57~19:25立川駅19:38

  • 天候

    曇り、長沢背稜まではほぼガスのなか、雨上がりで湿度が非常に高い。タワ尾根のウトウの頭を越えたあたりで日が差す。雨を覚悟していたが降らなかった。

この登山記録の行程

(丸ガッコ内は地理院地図の表記)
08:07~白久駅スタート
08:48~城山コース入口※林道から登山道へ入る~08:58
09:33~(P996)
10:06~(P1238)
10:25~熊倉山頂(1426.5三角点)~10:30
10:48~蝉笹山(記載なし)
10:53~シラカケ岩(記載なし)~11:12
11:28~檜岳(P1451)~11:30
11:48~(P1452)
12:20~小黒(P1650)~12:25
12:43~酉谷山~12:46
13:26~タワ尾根下降地点※滝谷の峰P1710の南~13:47
14:03~(P1602)※モノレールと別れる
14:35~ウトウの頭(P1588三角点)~14:48
15:05~(P1443)
15:14~(P1456)
15:30~金袋山(P1325)
15:43~(P1176)
15:56~(P1007)
16:40~一石山神社※車道に出る
17:05~東日原バス停


総距離 約20.0km 累積標高差 上り:約2,282m
下り:約1,966m
秩父鉄道の白久駅からバスの運行が復旧した東日原まで歩いた。登りは熊倉山頂までの急登と、小黒で方向転換してから酉谷への登りが厳しかった。降りはウトウの頭の手前の岩場の通過がポイントになるが、登降に技術を要する場所はない。ただし全行程は長く、白久駅から熊倉山頂までと長沢背稜以外はすべてオフトレイル(=バリエーション)の分類になるから、山を歩き慣れたハイカーむけだと思う。白久駅から東日原バス停まで(駅とバス停も含めて)誰にも会わなかった。
.
○ 白久駅から熊倉山
駅前からまっすぐ南に車道を歩いてゆく。まず「谷津川林道コースは崩壊のため通行止め」の看板があり、温泉旅館を右に見ながら通りすぎる。地図上ふたつめの温泉マークのある山道から尾根に上がれないかと探して歩いたが気づかず、結局車道を峠状の広場になった登山口まで歩いてしまう(写真3)。標高600m付近。
登山道に入るとほどなく九十九折の急登になる。どんな山でも登りはキツいが、このルートは休める場所があまりなく、大休場尾根からの本仁田山に似て精神的にこたえた。雨上がりでとても湿度が高くシャツはびっしょり。あえぎながらP996にたどり着き、空気が動いているのを感じほっとする(写真5)。P1238地点前後は岩場の登り降りを繰り返す(写真6)。滑りやすいシューズを履いてきたから注意して脚を運んだ。日野コースと合流すればもうひとがんばりで熊倉山頂。
このコースを奥多摩側に越えるにあたっては、熊倉山までの登りが大きなポイント(所要時間・到着時間・疲労度)かと思う。
.
○ シラカケ岩
熊倉山頂では祠にお参りしてすぐに歩き続ける。蝉笹山のピークをこえてシラカケ岩の岩頭から眺める雲海がすばらしかった(写真12)。当初からここで休憩をとるつもりが、びしょ濡れのシャツにはゆるく吹く風も冷たく、岩の東面を巻いて降りた鞍部で食事をとった(写真14)。
.
○ シラカケ岩~檜岳~小黒~酉谷山
シラカケ岩から檜岳まではあっという間、展望のないピークかどうかも判然としない場所に山名標がかかっていた(写真15)。檜岳からの降りは左方向(東面)に引きこまれそうになるがGPSで位置を取って修正する。
しばらく幅の広い平凡な尾根を歩くが、小黒が近づくにつれ傾斜が増し、倒木と落ち葉でトレイルが判然としなくなる(写真16)。小黒周辺は道迷い遭難の多い場所として各種レコにとりあげられているから、たびたびスマホアプリ「Geographica」を確認しつつ小黒のピークに立った。
ピークからは何本かのとおせんぼロープが張られているのが見える。ただしこれらはおそらく下降するハイカーへの注意喚起だと思われる。登ってきた場合、ピーク直下の踏み跡がわかりにくいから幅の広い尾根を様々な方角から上がってくるはずだ。ロープに気をとられずに、GPSで位置と進路をとれば万全かと思う。
小黒から右に向きを変え、目立たない尾根をいったん下降して酉谷山に登り返す。距離は数百メートルしかないが疲労している脚にはこたえ、休み休みの登りになった。上がった酉谷山頂はガスで展望なし(写真18・19)、虫が多かったのですぐに下りはじめ長沢背稜に合流した。
.
○ 酉谷山~タワ尾根下降地点の長沢背稜区間
稜線の南面につけられた道は登り降りも少なく問題はないが、歩くハイカーが少ないのだろうか、やや荒れている印象(写真21~23)。縦走路が滝谷の峰1710Pの下部をぐるりとまわりこむ地点に、直進して尾根に迷い込まないようにとおせんぼロープが張ってある(写真24・25)。そこがタワ尾根。ロープをくぐり幕営の痕跡が残る平坦部で軽食をとり一服した。
.
○ 下降開始~ウトウの頭
ゆるやかなタワ尾根を降りはじめるとほどなく作業用のモノレール軌道に出合い(写真26)、しばらく一緒に下ってゆく。荷物が重ければまたぐのが面倒なので「右を行くか左か」決めてしまったほうが良いと思う。どっちも大差ない印象だった。P1602付近で孫惣谷方向へ下ってゆく軌道(写真28)とお別れしてこちらは直進を続ける。
すぐに大岩があらわれ、ウトウの頭を越えるまでいくつか連続する(写真29・30)。タワ尾根を登り降りするさいのポイントになるところだ。まっすぐ登るにしても巻くにしても、新旧とりまぜてテープがあるから導かれて通過した。巻き道は基本に忠実に「岩から離れずに、岩の基部を巻く」ものばかりだった。岩に触れる距離から遠ざかりはじめたらルートミスを疑ったほうが良いと思う。
ここを通過中に右脚が軽くつった。かばいながら左脚を高いところにかけて上がった瞬間に激しくつった。ウトウのピークとその前で、座りこんで両脚を入念にさすって治す。
ウトウの頭の山名標が楽しい(写真31)。大事にされている山の様子がほほえましく、稜線のむこう側、秩父の山々の標識の寂しさを気の毒に思った。
.
○ ウトウの頭~一石山神社車道まで
ウトウの頭を越えてしまえばあとは幅の広い尾根道、尾根間違いだけ注意して降れば安全圏だと書きたいところだが、このルートの難所はいちばん最後にあらわれた。もし参考にするなら最後まで読んでいただきたい。
幅広の尾根を降りながら何ヶ所かで向きを変えるが、いかにも間違えそうなところはとおせんぼロープが上手に張ってある(写真32)。GPSを併用すれば万全のはずだ。15時ごろからときおり日が射し、林間の小径をゆく様子は林間学校のハイキングみたいだな、と思う。リラックスしてどんどん降る(写真33)。
のんびり歩きながら油断はしていなかったつもりだ。登ったぶんだけ降らなければ街に戻れない。傾斜のゆるい尾根をラクして歩いているならどこかでツケを払わされるはずだ。「そこ」が1007Pから車道に出るまでなんだろうとの見当もつけていた。
しかし該当部分は地理院地図に破線が入って道があることをしめしている。きっと山中に神社の御神体があり、階段状の参道があるのだろうと勝手に想像していた。
想像通り御神体の石はあったし、参道もあった。ただ手入れされていないらしく崩壊が激しい。雨降りの翌日のために急傾斜の狭く滑りやすい「参道の名残の踏み跡」をゆくのはとても骨が折れた(写真36~39)。部分的に谷側の傾斜も急だ。いちばん悪い所はぬかるんだ道に尻と手をつきながら通過した。このパートは樹木を解説する板が各所に掲げてあったが、「そ、そのようなものよりもっとロープを!」が正直な感想だ。
悪戦苦闘の小一時間を過ごしグローブを泥だらけにしながら神社の脇に降りたったときには、意外なハイキングの結末に苦笑いが出た。
.
● 秩父側から長沢背稜(都県境尾根)へのルート比較(参考まで)
1.白久駅~熊倉山~酉谷山_今回、上り
2.武州日野駅~矢岳~1702P付近_昨年11月、上り下りとも
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=180088
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=158123
3.1651m地点(七跳山)~大平山~栗山(丸山)_昨年11月、下り
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=180088
の3ルートを比較してみる。
.
1を熊倉山ルート、2を矢岳ルート、3を大平山ルートと呼ぶことにする。
熊倉山Rも矢岳Rも駅をスタートして稜線に上がるまでほぼ同じ所要時間。ただし上りの中身はかなり異なる。
熊倉山Rは「熊倉山にスムームに上がれることができれば、稜線までおそらく問題なし」。小黒での方向転換は要注意だが、GPSを使用すればそれも易しい。
一方の矢岳Rは、かなり歩いて熊倉山より低い矢岳に着く。そこから先の傾斜が急になり尾根も細い。稜線に上がる直前は確か、それなりに剣呑だったと記憶する。
大平山Rは降ったことしかないが、傾斜は熊倉山タイプで下部が急傾斜、上部は幅広のゆるい尾根になる。このルートは秩父さくら湖南岸の入山口へのアクセスがポイントだろう。本数の少ないバスの始発は遅い。浦山口駅から歩くか、タクシーか。もうひとつ、下部950m付近に4〜5歩の短い距離だが嫌な岩場の通過がある。両側とも切れ落ちている。登ってきて引き返すのは問題ないだろうが、降ってきて午後もいい時間に「通れません!」だと事件になりかねない。
また、比較してタワ尾根はスタート地点の標高600m〜稜線1700mで登りがいちばんラクだ。岩場の通過がポイントだが難しくはない。天候に気をつけて一石山神社の裏山を登りきってしまえば、いちばんポピュラーなルートだと感じた。
(了)

登山中の画像
登山画像
1.白久(シロク)駅。秩父鉄道のなかでもいちば…
登山画像
2.車道を歩きはじめる。白久の町を振り返って。
登山画像
3.林道から登山道に入る。
登山画像
4.登りはじめ。いきなり九十九折の急斜面になり…
登山画像
5.標識no.7で尾根にあがり気持ちよい風があった…
登山画像
6.P1238地点前後は岩の小ピークをいくつか越える。
登山画像
7.左から日野コースが合流する。
登山画像
8.熊倉山頂。右手から上がってきた。通せんぼロ…
登山画像
9.おなじく。
登山画像
10.おなじく。
登山画像
11.蝉笹山頂。
登山画像
12.シラカケ岩から、雲海が見事で見惚れた。
登山画像
13.おなじく。
登山画像
14.東面を巻いてシラカケ岩の基部に下りる。振り…
登山画像
15.あっというまに着いた檜岳。
登山画像
16.小黒への登り。うっそうとして最後は踏み跡も…
登山画像
17.小黒のピーク。
登山画像
18.酉谷山頂。
登山画像
19.おなじく、角度を変えて。
登山画像
20.山頂から長沢背稜に下り、合流したところ。
登山画像
21.ずっとガスの長沢背稜を歩く。
登山画像
22.おなじく。
登山画像
23.おなじく。
登山画像
24.タワ尾根下降地点。縦走路は尾根の下部をぐる…
登山画像
25.おなじく、角度を変えて。
登山画像
26.尾根を降り始めてまもなく出合うモノレール軌…
登山画像
27.手すりだと思えば、まあ便利か。
登山画像
28.P1602付近、モノレールは右に降ってゆくが、…
登山画像
29.P1602付近からウトウの頭に至るまで連続する…
登山画像
30.おなじく。
登山画像
31.ウトウの頭山頂。楽しい山名標。
登山画像
32.通せんぼロープが尾根間違いを防いでくれる。
登山画像
33.日がさす。
登山画像
34.金袋山頂、P1325。地形図でみても「山頂」と…
登山画像
35.P1007のすぐ先、右に進路転換して一石山神社…
登山画像
36.雨上がりでとにかく悪かった。
登山画像
37.ロープはところどころにあり。だが「樹木の説…
登山画像
38.御神体とおぼしき岩。振り返って撮影。
登山画像
39.構造物の右上から急下降して下に出る。やっと…
登山画像
40.最後は一石神社の能楽堂?みたいな建物の脇に…
登山画像
41.車道から神社。
登山画像
42.やってきたかわいいバス。席数は11しかない。
この山行での装備
【その他】 サロモンのX Ultra3・モンベルのストレッチゲイター。テスラの速乾性ロングシャツ・タイツとモンベルのショートパンツ・ブラックダイヤモンドのハーフフィンガーグローブ。ヘルメットは忘れた。ザックはロウアルパインの25リッターに雨具・ジャージ上・ユニクロのライトダウン・ロールペーパー・ヘッドランプ・スマホ・バッテリー充電器と予備電池・ココヘリ発信機・地図・下山後の着替え一式。おにぎり二つ、カロリーメイト2パック、はちみつ、アミノバイタル。キャメルバックのハイドレーションに水2.0リッター(残量0.5L)。スタート時重量6.5kg。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...