登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
屋久島 宮之浦岳 2020 永田岳 宮之浦岳 黒味岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん
  • 日程

    2020年7月22日(水)~2020年7月23日(木)

  • 利用した登山口

    白谷雲水峡登山口   紀元杉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:7/21:九州道(久留米IC~えびのPA泊)
    7/22:鹿児島北IC→鹿児島港→高速船→宮之浦港 7:30~10:05
       宮之浦港→バス→白谷雲水峡 10:15~10:50
    7/23:紀元杉→バス→安房 14:55~15:54

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
白谷雲水峡登山口(10:55)・・・白谷小屋・・・辻峠(12:00)・・・太鼓岩(12:09)[休憩 4分]・・・辻峠(12:22)・・・楠川分れ(12:48)・・・大株歩道入口(13:46)・・・ウィルソン株(14:03)[休憩 3分]・・・縄文杉(15:14)[休憩 6分]・・・高塚小屋(15:28)[休憩 3分]・・・新高塚小屋(16:19)

【2日目】
新高塚小屋(06:20)・・・第2展望台(06:52)・・・平石展望台(07:22)・・・焼野三差路(07:49)・・・永田岳(08:29)[休憩 12分]・・・焼野三差路(09:22)[休憩 6分]・・・宮之浦岳(09:43)[休憩 4分]・・・投石平(10:52)・・・黒味分れ(11:15)・・・黒味岳(11:40)[休憩 4分]・・・黒味分れ(12:04)・・・花之江河(12:12)・・・淀川小屋(13:10)・・・淀川登山口(13:45)・・・紀元杉(14:06)

総距離 約26.2km 累積標高差 上り:約3,075m
下り:約2,448m
コースタイム 標準:19時間5分
自己:12時間28分
コースタイム倍率 0.65
 いくら雨が多い所と言っても出来れば好天時に廻りたかったので,天気予報を見て連休に一日休暇をつけて行ってきた。更にフェリーではなく高速船利用で少し奮発。
これが正解で,下山翌日の7/24は雨,風雨も強まる予報,九州本土の鹿児島県内の九州道は大雨で通行止めになった。
さて,コースは階段,木道設置など良く整備され解説板や案内表示も沢山あって判りやすい。
それに思いのほか人は少ない。楠川分かれ以降,ウィルソン株までの間ですれ違う人たちはいたが,点在と言った感じでその都度先頭のガイドさんが道を譲るように同伴者に指示を出してくれて気持ちよく歩くことができた。
ウィルソン株の少し先でのすれ違いが最後,縄文杉は独り占めだった。
高塚小屋に1名テント泊。小屋にはゼロ。
新高塚小屋には2名小屋泊,外には2名,外の2名は環境省の職員で水場やテントの張る場所を教えてくれて,何でも連休期間中,宿泊者にアドバイスや指導をするよう指示されて来たのだとか。
私の食事中にもう1名来て登山者は計4名,職員曰く人が少なく“拍子抜け”らしいし退屈そう。
テント場は木組のステージ兼通路上で,なるべくフラットな面に設置。当然ながらペグダウンは不可,手ごろな石があるのでそれを使ったが,周りは巨木に囲まれ風も無く雨も降らぬようなのでテントの固定はせず,フライシートを引っ張っただけにした。
さすがに夜は静か,時々鹿の鳴き声がしたがまあ快適な夜だった。
 翌朝,予定より50分遅めの出発も第二展望台に到着するころには借金返済,貯金が出来ていた。どうも甘めのコースタイム設定の様だ。展望台(岩の上)からは山頂が良く見えいい感じ。
平石岩屋からは山頂に続く縦走路が笹原についていい眺め。この先でシカとサルに遭遇。サルは人をあまり恐れぬようで道から動かないので,少し睨みつけながら距離を詰めたら笹の中に入って行った。
次に焼野三叉路に荷物を置いて永田岳へ。岩がゴロゴロで振り向くと宮之浦岳がドッシリ,笹原
の小道がこれまた感じがいい。
山頂の大岩からは直下,海,遠くの島,屋久島の山並みなどすこぶるいい眺めだった。
宮之浦岳からも同じように360度のいい眺め。見渡す限り大自然で山の奥深さが感じられた。
次に黒味岳へ,宮之浦岳以降は結構登ってくる人とすれ違う。登山道は宮之浦歩道よりも自然のままで,大きな段差も多いのでこちら側の方が登り応えは有りそう。
黒味岳からも大展望。大岩の上をウロウロして高度感のあるいい景色が楽しめた。
以降,アップダウンを繰り返しながら下山,笹原から馬酔木やシャクナゲ,ユズリハなどの低木が増え,花之江河の先から巨木の杉やモミが再び目立ち出す。
淀川登山口から舗装路歩きで紀元杉バス停まで。バス停に荷物を置いて100メートル先の杉を見て,その近くにあった“紀元命水”でさっぱりしてバスで安房まで降りて来た。
 白谷雲水峡から縄文杉までは観光地という感じだったが,以降は奥深い大きな山塊で,高度に応じて苔の森,巨木の森,低木,笹原などに巨石も加わり,見応え,歩き応えのある山だった。

登山中の画像
登山画像
バスで白谷雲水峡へ。結構登る。下の街は宮之浦港
登山画像
白谷雲水峡到着。観光客がバス待ちで沢山いた。…
登山画像
巨大な杉が出てくる
登山画像
くぐって来た。
登山画像
苔の森
登山画像
辻峠
登山画像
太鼓岩から。
登山画像
楠川分れ。突然トロッコ軌道の脇に出た。
登山画像
ここから延々と軌道のセンターを行く。
登山画像
途中で抜かれた。林野庁と書いてあった。
登山画像
大株歩道分岐
登山画像
ウィルソン株到着。
登山画像
株の中に祠があった。
登山画像
見える位置があって,少しずれるとこうは見えな…
登山画像
夫婦杉。なんか痛そう。
登山画像
大きさの比較でポールを置いてみた。・・・杉の…
登山画像
縄文杉到着。展望台は2か所。右から登って周回し…
登山画像
上の展望台から
登山画像
下の展望台から
登山画像
高塚小屋・・・テント泊1名のみ
登山画像
新高塚小屋・・・小屋泊2名,テント泊2名,環境…
登山画像
新高塚小屋の水場。
登山画像
ステージ。テント場兼通路。左の階段がトイレ方…
登山画像
第二展望台から右から永田岳,真ん中が宮之浦岳…
登山画像
永田岳をアップで。
登山画像
途中にあった巨石塊
登山画像
平石岩屋
登山画像
岩屋から永田岳
登山画像
岩屋から宮之浦岳
登山画像
振り返って岩屋
登山画像
シカがいた。すぐ逃げた。
登山画像
平石
登山画像
振り返って手前が平石で奥は岩屋
登山画像
サルがいた。
登山画像
焼野三叉路。ここにザックを置いて永田岳へ。
登山画像
結構かっこいい。ここまで笹に付いた夜露で靴内…
登山画像
山頂の巨石
登山画像
山頂・・・岩の上から。奥は永田集落
登山画像
北から反時計回りにグルリ
登山画像
奥は種子島
登山画像
遠くの島々
登山画像
宮之浦岳
登山画像
宮之浦岳山頂
登山画像
これから行く縦走路。
登山画像
また永田岳
登山画像
日光浴
登山画像
栗生岳
登山画像
良くガイドブックに出てくる巨神兵
登山画像
安房岳・・・だったかな?
登山画像
またいた
登山画像
命名:ウミガメ岩・・・投石平から黒味岳の背中…
登山画像
命名:リス岩・・・黒味岳山頂の下
登山画像
黒味岳別れ・・・ここにまたザックを置いて往復…
登山画像
黒味岳山頂。
登山画像
宮之浦岳と左は永田岳
登山画像
下に花之江河が見える。
登山画像
花之江河
登山画像
花之江河
登山画像
小花之江河
登山画像
巨木がまた出て来た
登山画像
淀川小屋手前の川・・・水がきれい
登山画像
淀川登山口到着
登山画像
川上杉
登山画像
紀元杉のバス停到着・・・一日二便しかない。
登山画像
紀元杉
登山画像
紀元杉
登山画像
紀元命水
登山画像
翌日,安房港で。天気が悪い。
登山画像
宮之浦港から,これに乗って帰って来た。
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...