登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
GWに残雪の至仏山から尾瀬ヶ原へ 至仏山(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2015年5月2日(土)~2015年5月3日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:東京駅6:36発  Maxたにかわ401号 上毛高原駅 7:53着
    上毛高原駅から関越交通バス大清水行き8:10発(2450円)
    鳩待峠連絡バス停で、鳩待峠行き乗り合いバスに乗り換え9:58(930円)
    帰りは、乗り合いバス、乗り合いタクシー共通券(930円)で人数が揃えば随時出発

  • 天候

    晴れ
    [2015年05月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

一日目
鳩待峠(11:00)・・・オヤマ沢田代(12:38)・・・至仏山(13:28ー13:53)・・・山の鼻小屋(15:10)<宿泊>
二日目
山の鼻小屋(6:50)・・・牛首分岐(7:33)・・・竜宮小屋(8:25ー8:55)・・・牛首分岐(9:59)・・・山の鼻小屋(10:28ー10:56)・・・鳩待峠(12:03)


総距離 約19.4km 累積標高差 上り:約877m
下り:約876m
積雪期のこの時期だけは、至仏山から尾瀬ヶ原に下ることが許されている。尾瀬ヶ原やその先に燧ヶ岳を正面に望みながら下ることが出来るわけだ。その上、今回は至仏山から雪面を標高差400メートルほどシリセードで滑降、爽快な気分を味わえた。尾瀬ヶ原も雪解けが進み、川面が顔を出しているところではミズバショウの花が咲き始めていた。残雪期の尾瀬も魅力が一杯だ。

鳩待峠からすぐに残雪があり、最初から軽アイゼンかチェーンスパイクなどを装着した方が良いだろう。もっとも登山した日は快晴で気温も高く、歩き始めも11時と遅かったために(東京を早朝に発っても上毛高原まではともかく、時間がどうしてもかかる)雪が腐っており、チェーンスパイクの効きは悪かった。稜線までの樹林帯には、赤布がつけてある上、トレースもしっかりついているのでよほどの悪天候でもなければ、初心者でも安心して登れるのではないか。

至仏山から山の鼻への下りは、山頂から高天原辺りまでは雪が消えているが、それより下はたっぷり残雪が残っている。傾斜もかなりある上、雪が腐っているので足下がすべる。その上、簡易ソリやシリセードですべり降りる人がたくさんいて、雪面のステップが潰れて歩きにくい。えい、ままよと自分もシリセードをしてみるとこれが実に具合がよろしい。お尻が濡れてしまうが、今日はもう小屋まで降りてフロに入るだけだ。カラフルなスコップに似た簡易ソリをぶら下げている人を何人も見かけたが、あれはシリセード用だったのだなと得心。50すぎのおじさんも久々に童心に返った気がする。もっとも、ステップを刻んである部分は、それを潰して滑ると歩行者は困ってしまうし、植生も考えなければならないと、あとあと反省。

<注記>鳩待峠ー至仏山ー山の鼻の区間は、GW明けの5月7日から6月末まで登山禁止になる。至仏山から山の鼻に「下る」ことができるのも積雪期のみ。

山の鼻小屋は、電気もお風呂もあり、山小屋と言うよりは簡易旅館のよう。こたつもある畳敷きの個室をあてがっていただき、汗を流し、たっぷりの料理を楽しんだ後は、ゆっくりと休めた。もちろん山小屋なので早出などの対応もしていただける。月が満ちていて満天の星空は望めなかったが、タヌキに出くわした。

翌日は日の出前に上田代まで散策、いったん小屋に戻って朝食を頂いた後、再び尾瀬ヶ原を竜宮小屋の先まで散策。竜宮小屋の小屋主さんのお話では、この時期はヨッピ川の吊り橋がまだ架かっていないとのこと、東電小屋を経由して周遊することを諦め、のんびりと散策。早朝は雪原も良くしまっていてチェーンスパイクの効きも良かったが、日が上がり8時にもなると気温が上がり雪が腐る。氷や雪が割れて川面に落ちる密やかな音、青空に映える白樺、ミズバショウの花、生態観測調査の方に熊の親子の姿を見せていただくなどしながら、コースタイムに縛られない散策を満喫。

再び山の鼻小屋に戻り、昼食を頂いた後、鳩待峠に向かって登る。ここは赤布やテープはないが、トレースがしっかりついているので、こちらも問題なし。そういえば登山はいつでも山から下って「終わり」だったが、尾瀬では鳩待峠に登ってゴール。珍しい経験をした。

雪が腐ると足下がすべるので、身体を安定させるにはストックが有効だろう。

登山中の画像
  • 鳩待峠から小至仏山を経て至仏山へ
  • 晴天はありがたいが、気温が高いために雪がシャーベット状でチェーンスパイクも利きが悪く少々苦労しながら登る。やっと至仏山の山頂が近づく
  • 至仏山山頂から越後側の山々
  • 高天原付近からの尾瀬ヶ原と燧ヶ岳
  • 山頂は雪がなかったが、高天原付近から下は再び豊富な残雪。雪がグザグサな上に斜度もそれなりにあるので、下りにも苦戦。えーいままよとシリセードで滑降すると、これが爽快で下着までびしょ濡れになってしまった。ただし、登山道のステップを潰すような行為、植生を荒らすことになりかねないので場所には留意が必要だと反省。
  • 二日目の夜明け
  • 夜明け間近の尾瀬ヶ原から望む燧ヶ岳
  • 朝日に染まる至仏山
  • 燧ヶ岳からの日の出
  • 朝靄の尾瀬ヶ原
  • 静けさの中、ときおりパサ、バサバサと音がする。何かと思えば、水面の薄氷が割れ、雪が崩れ流れていくのだった
  • 雪が溶けたところからはミズバショウの花が咲き始めている
  • 白樺は青空に良く映える
  • 竜宮小屋のそばで見かけたこの鳥はなんというのだろうか?
  • 熊の個体数調査をしている方々。木の上に親子のツキノワグマ三頭がいるのを見せていただく。
この山行で使った山道具
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!