登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
終活登山14 穂高三山縦走と焼岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2015年7月19日(日)~2015年7月22日(水)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル   中ノ湯  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:山岳夜行バス(平湯乗り換え)
    平湯発4:45 上高地バスターミナル着5:30

  • 天候

    初日;曇り後雨(強風) 2日目;曇り(強風)後晴れ 3日目;快晴後晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:00)・・・河童橋(06:05)・・・明神・・・徳沢(07:40)・・・横尾(08:40)・・・本谷橋(09:40)・・・涸沢(11:30)・・・南稜取付・・・南稜テラス(15:15)

【2日目】
南稜テラス(04:45)・・・北穂高岳(05:20)・・・最低のコル(06:30)・・・涸沢岳(07:30)・・・穂高岳山荘(08:05)・・・奥穂高岳(08:53)・・・紀美子平(10:25)・・・前穂高岳(11:02)・・・紀美子平(11:58)・・・岳沢小屋(13:45)・・・河童橋(16:25)

【3日目】
河童橋(05:45)・・・上高地バスターミナル・・・田代橋・・・西穂登山口・・・焼岳登山口(06:30)・・・峠沢・・・焼岳小屋(08:40)・・・中尾峠・・・焼岳北峰(10:25)・・・中の湯新道分岐・・・焼岳登山口(13:00)・・・中の湯温泉旅館(13:20)・・・中ノ湯(13:58)

総距離 約39.5km 累積標高差 上り:約4,035m
下り:約4,228m
コースタイム 標準:25時間55分
自己:25時間43分
コースタイム倍率 0.99
初日)涸沢には大学時代に3回行ったが真夏に行くのは初めて。登ってみて分かったが雪の上を歩く方が楽。ヒュッテで休んでいる間に雨が本降り。無雪期の南陵は登ったことが無かったため、踏み跡や目印を見逃して引き返すこと数回。やっとの思いで「南陵テラス」に到着。キャンプの受付を行う気力が消失してそのまま幕営。話には聞いていたが狭い上に岩がゴロゴロ。小屋まで行っていれば小屋泊まりに変更間違いなし。テント場の近くにトイレなし。緊急の場合は…しかないよな
2日目)昨日の遅れを取り戻すため早めに出発。雨は止んでいたが台風並みの風。取り敢えず北穂山頂で記念撮影。晴れていれば素晴らしい景色も霧の中では無意味。風は飛騨側から絶えず吹き付け、気を抜くと信州側に吹き飛ばされそうになる。三点支持を忠実に守って連続する岩場・鎖場を通過。やっとの思いで「最低のコル」に到着。この辺りから風が弱まりを見せ始め「穂高岳山荘」に到着。トイレと食事の後「奥穂高岳」へ。今までの道に比べると楽ではあるが、重い荷物のせいでルートを誤ること数回。山頂に到着しても霧のため何も見えず。記念撮影だけを済ませて「前穂高岳」に向かう。最初は楽だった道も徐々に険しい岩場に変わり、登りなら正確に辿れる道も下りだと分からない。ここでもルート選択を誤り死ぬ思いで「喜美子平」に到着。ここは「吊り尾根」の中でも平らな方で決して広いわけでは無い。ウエストバッグだけを持って「前穂高岳」へ。薄れてきたとは言え霧の中なので視界は今ひとつ。「重太郎新道」は出だしから鎖場。後ろ向きの三点支持で降りる場所が度々あり予想以上に時間がかかった。森林限界を過ぎ岳樺の林に入る頃には足下に危険箇所は無くなる。「岳沢小屋」から先は長い沢沿いの単調な道。車道に出てから「河童橋」までがまた長い。
3日目)前日のハードコースが祟り大寝坊したが「焼岳」だけは行きたかったので予定を変更。観光客まばらな道をひたすら歩き「西穂登山口」を過ぎ「焼岳登山口」で休憩。緩やかな登りが徐々に斜度を増し眼前に「峠沢」が見え、はしごや階段が出てくる。長い3連のはしごを超して、道は緩やかで明るい笹原の峠道らしいジグザグ状態へ変化。「焼岳小屋」は樹林帯の中でヘルメットのレンタルも行っている。小屋の前から「焼岳」の登りが始まる。森林限界を越えると視界は一気に開け、背後に目をやれば「笠ヶ岳」、その右側には「穂高」の山並み、目の前には「焼岳北峰」の尖塔がドッシリ。水蒸気が上がり硫黄の臭いが漂う中、歩き続け「南峰」と「北峰」のコルに到着。荷物を置いて登れば良いものを何を勘違いしたか、そのまま山頂へ。山頂からの眺めは最高!来た道を戻り「中ノ湯」への道を辿る。大岩や転がりやすい小石がゴロゴロしている中、足下に注意して下る。森林の中に入った途端、泥濘んだ道に変化。バス停への直接ルートは泥濘の中に申し訳程度のベンチが1つだけある広場を左に行く(と思う 綠のロープが張ってあり立ち入り禁止)。樹林帯の道なので景色が無く、泥濘と滑りやすい石や木の根に気を張りながらひたすら下る。道が明るくなり斜度が緩くなれば車道までは一踏ん張り。しかし、ここからがまた長い。車道に出てから約30分で「中ノ湯」、更に車道歩き30分で「中ノ湯」のバス停に到着。バスの時間がよく分からないし来ても乗れるがどうか不明なので待つこと20分。運良く「松本」行きの特急バスが来る。迷うこと無く乗車。
帰る時になって天気が良くなるのは当たり前(?)のパターン。今回はそれが如実に表れた登山であったと言える。

登山中の画像
登山画像
河童橋に来たら…
登山画像
ミーハーな発想
登山画像
お約束の1枚
登山画像
屏風岩①
登山画像
屏風岩②
登山画像
初めて見る本谷橋
登山画像
南陵幕場の朝
登山画像
北穂山頂にて
登山画像
30年ぶりの穂高岳山荘
登山画像
奥穂の山頂にて
登山画像
前穂の山頂にて(霧ばっか)
登山画像
紀美子平から
登山画像
西穂への山稜
登山画像
奥穂方面
登山画像
明神岳
登山画像
朝の焼岳
登山画像
ヘルメットのレンタル有り
登山画像
槍~穂高
登山画像
吊り尾根
登山画像
笠~錫杖
登山画像
焼岳南峰(手前は水蒸気)
登山画像
北峰にて(笠~錫杖バック)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 低周波治療器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    朝の最低気温は-8℃。装備・服装の選択は事前情報を確認し万全に
    20年11月09日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年11月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...