登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
終活登山14 穂高三山縦走と焼岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:00)・・・河童橋(06:05)・・・明神・・・徳沢(07:40)・・・横尾(08:40)・・・本谷橋(09:40)・・・涸沢(11:30)・・・南稜取付・・・南稜テラス(15:15)

【2日目】
南稜テラス(04:45)・・・北穂高岳(05:20)・・・最低のコル(06:30)・・・涸沢岳(07:30)・・・穂高岳山荘(08:05)・・・奥穂高岳(08:53)・・・紀美子平(10:25)・・・前穂高岳(11:02)・・・紀美子平(11:58)・・・岳沢小屋(13:45)・・・河童橋(16:25)

【3日目】
河童橋(05:45)・・・上高地バスターミナル・・・田代橋・・・西穂登山口・・・焼岳登山口(06:30)・・・峠沢・・・焼岳小屋(08:40)・・・中尾峠・・・焼岳北峰(10:25)・・・中の湯新道分岐・・・焼岳登山口(13:00)・・・中の湯温泉旅館(13:20)・・・中ノ湯(13:58)

総距離 約39.5km 累積標高差 上り:約4,035m
下り:約4,228m
コースタイム 標準:25時間55分
自己:25時間43分
コースタイム倍率 0.99
初日)涸沢には大学時代に3回行ったが真夏に行くのは初めて。登ってみて分かったが雪の上を歩く方が楽。ヒュッテで休んでいる間に雨が本降り。無雪期の南陵は登ったことが無かったため、踏み跡や目印を見逃して引き返すこと数回。やっとの思いで「南陵テラス」に到着。キャンプの受付を行う気力が消失してそのまま幕営。話には聞いていたが狭い上に岩がゴロゴロ。小屋まで行っていれば小屋泊まりに変更間違いなし。テント場の近くにトイレなし。緊急の場合は…しかないよな
2日目)昨日の遅れを取り戻すため早めに出発。雨は止んでいたが台風並みの風。取り敢えず北穂山頂で記念撮影。晴れていれば素晴らしい景色も霧の中では無意味。風は飛騨側から絶えず吹き付け、気を抜くと信州側に吹き飛ばされそうになる。三点支持を忠実に守って連続する岩場・鎖場を通過。やっとの思いで「最低のコル」に到着。この辺りから風が弱まりを見せ始め「穂高岳山荘」に到着。トイレと食事の後「奥穂高岳」へ。今までの道に比べると楽ではあるが、重い荷物のせいでルートを誤ること数回。山頂に到着しても霧のため何も見えず。記念撮影だけを済ませて「前穂高岳」に向かう。最初は楽だった道も徐々に険しい岩場に変わり、登りなら正確に辿れる道も下りだと分からない。ここでもルート選択を誤り死ぬ思いで「喜美子平」に到着。ここは「吊り尾根」の中でも平らな方で決して広いわけでは無い。ウエストバッグだけを持って「前穂高岳」へ。薄れてきたとは言え霧の中なので視界は今ひとつ。「重太郎新道」は出だしから鎖場。後ろ向きの三点支持で降りる場所が度々あり予想以上に時間がかかった。森林限界を過ぎ岳樺の林に入る頃には足下に危険箇所は無くなる。「岳沢小屋」から先は長い沢沿いの単調な道。車道に出てから「河童橋」までがまた長い。
3日目)前日のハードコースが祟り大寝坊したが「焼岳」だけは行きたかったので予定を変更。観光客まばらな道をひたすら歩き「西穂登山口」を過ぎ「焼岳登山口」で休憩。緩やかな登りが徐々に斜度を増し眼前に「峠沢」が見え、はしごや階段が出てくる。長い3連のはしごを超して、道は緩やかで明るい笹原の峠道らしいジグザグ状態へ変化。「焼岳小屋」は樹林帯の中でヘルメットのレンタルも行っている。小屋の前から「焼岳」の登りが始まる。森林限界を越えると視界は一気に開け、背後に目をやれば「笠ヶ岳」、その右側には「穂高」の山並み、目の前には「焼岳北峰」の尖塔がドッシリ。水蒸気が上がり硫黄の臭いが漂う中、歩き続け「南峰」と「北峰」のコルに到着。荷物を置いて登れば良いものを何を勘違いしたか、そのまま山頂へ。山頂からの眺めは最高!来た道を戻り「中ノ湯」への道を辿る。大岩や転がりやすい小石がゴロゴロしている中、足下に注意して下る。森林の中に入った途端、泥濘んだ道に変化。バス停への直接ルートは泥濘の中に申し訳程度のベンチが1つだけある広場を左に行く(と思う 綠のロープが張ってあり立ち入り禁止)。樹林帯の道なので景色が無く、泥濘と滑りやすい石や木の根に気を張りながらひたすら下る。道が明るくなり斜度が緩くなれば車道までは一踏ん張り。しかし、ここからがまた長い。車道に出てから約30分で「中ノ湯」、更に車道歩き30分で「中ノ湯」のバス停に到着。バスの時間がよく分からないし来ても乗れるがどうか不明なので待つこと20分。運良く「松本」行きの特急バスが来る。迷うこと無く乗車。
帰る時になって天気が良くなるのは当たり前(?)のパターン。今回はそれが如実に表れた登山であったと言える。

登山中の画像
登山画像
河童橋に来たら…
登山画像
ミーハーな発想
登山画像
お約束の1枚
登山画像
屏風岩①
登山画像
屏風岩②
登山画像
初めて見る本谷橋
登山画像
南陵幕場の朝
登山画像
北穂山頂にて
登山画像
30年ぶりの穂高岳山荘
登山画像
奥穂の山頂にて
登山画像
前穂の山頂にて(霧ばっか)
登山画像
紀美子平から
登山画像
西穂への山稜
登山画像
奥穂方面
登山画像
明神岳
登山画像
朝の焼岳
登山画像
ヘルメットのレンタル有り
登山画像
槍~穂高
登山画像
吊り尾根
登山画像
笠~錫杖
登山画像
焼岳南峰(手前は水蒸気)
登山画像
北峰にて(笠~錫杖バック)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 低周波治療器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    7/15から感染症対策の上、営業再開。宿泊は予約が必要。大天井ヒュッテは今年休業
    20年07月03日(金)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    7/15から営業。感染症対策のため小屋泊もテント泊も1名から予約必要。白出沢通行不能
    20年07月02日(木)
  • 涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    7/15から営業再開します。宿泊の予約受付は7/1~。
    20年06月25日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月7日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!