登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
夏山シーズン到来 快晴の南八ヶ岳縦走(6C) 阿弥陀岳ー赤岳ー横岳ー硫黄岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2015年7月25日(土)~2015年7月26日(日)

  • 利用した登山口

    美濃戸口   美濃戸  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:毎日アルペン号で竹橋から美濃戸口まで直通

  • 天候

    一日目 曇のち晴れ 二日目 快晴

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸口(05:05)・・・美濃戸(05:45)・・・堰堤広場(06:27)・・・赤岳鉱泉(07:15)・・・行者小屋(08:09)・・・中岳のコル(09:20)・・・阿弥陀岳(10:12)・・・中岳のコル(11:00)・・・赤岳(12:25)

【2日目】
赤岳(05:57)・・・赤岳天望荘(06:19)・・・横岳(07:33)・・・大ダルミ(08:19)・・・硫黄岳(08:43)・・・赤岩ノ頭(09:15)・・・赤岳鉱泉(10:08)・・・堰堤広場(11:15)・・・美濃戸(11:47)・・・美濃戸口(12:37)

総距離 約23.1km 累積標高差 上り:約2,298m
下り:約2,298m
コースタイム 標準:13時間20分
自己:11時間50分
コースタイム倍率 0.89
夏山シーズン到来ということで南八ヶ岳の縦走を楽しんで来た。人気の山だけあって、クサリ場などは渋滞、山小屋(赤岳頂上山荘)も布団2枚に3人という状態。快晴に恵まれて山頂からは、富士山、南、中央、北アルプス、白山、妙高、上州の山々がすべて望めた。コマクサなどの高山植物に、谷間からひょっこり現れたカモシカ、さらには満天の星空。素晴らしい夏山シーズンの始まりとなった。

今回は登る前から調子がいまひとつ。暑さでこのところ寝不足だったかもしれないし、飲み会も重なった。スコットランドでハイキングはしたものの、登山はしばらく間が開いた。色々言い訳を思い浮かべていたが、林道を抜け、視界が広がり始めると徐々に調子が良くなってきた。

<中山展望台に立ち寄るために北沢コースを行く>
美濃戸から阿弥陀岳に登るなら、南沢コースをとるのが通常なのだろうが、赤岳鉱泉と行者小屋の間にある中山展望台に立ち寄るために北沢コースを選んだ。小一時間ほどコースタイムは長くなるが、これから登る赤岳や横岳、さらには北アルプスの山々が望め、モチベーションも上がる。おすすめだ。

赤とんぼも飛んでいたから、アブやブヨを食べてくれているのか、樹林帯の虫は思っていたほどでもなかったが、早朝からの歩き始めには虫除け、岩稜帯に出たら日焼け止めをするのが良いかと思う。

コースにはクサリ場、はしごなどがあり、なかには横岳のカニノヨコバイのように少し高度感があるところもあるが、技術的には難しくなく、慎重に進めば良い。ただ、好天に恵まれても稜線上は強風で(小屋の方は「今日はそれでも微風ですよ」といっていた)バランスを崩すこともあるかもしれないのでやはり注意を。老若男女人も多いので渋滞もそこかしこで発生していた。

<逆コースもいいかも>
赤岳は、横岳方向から眺めるのが姿が良く思われた。それを踏まえると、阿弥陀岳への登り返しが少々いやらしいが、硫黄岳−横岳ー赤岳の逆コースもいいかもしれないと感じた。

登山中の画像
  • 朝4時50分、毎日アルペン号で美濃戸口に到着。前夜発で目を覚ましたら早朝の登山口というのはとてもありがたい。
  • ヤマホタルブクロ 以下、花の名前はヤマケイオンラインにも投稿されている「やぎやぎ」さんに教えて頂いたものを記入します。(やぎやぎさん、ありがとうございます)
  • イワシャジン
  • バイケイソウ
  • タカネニガナ
  • ヨツバシオガマ
  • タカネグンナイフウロ
  • ミネウスユキソウ(たしかにエーデルワイスに似ていますね)
  • 中岳のコルまでえっちらおっちら登ると、目の前にどーんと富士山が。思わず歓声
  • 阿弥陀岳への登り。傾斜もきついが、ガレていて足場が悪く注意が必要。
  • チシマギキョウ こうやって高山植物を愛でているフリをして、一息入れる出戻り登山者
  • タカネツメクサ
  • 阿弥陀岳山頂ももうすぐ
  • 阿弥陀岳は八ヶ岳の主脈から少し離れているので、360どの大展望が楽しめる。この日は、南、中央、北アルプスがすべて見えていた。槍穂高は、富士山と並んで、見えるとうれしい山々だ
  • これもチシマギキョウ(知ったかぶりしていますが、全部教えて頂いたものです)
  • 阿弥陀からの下りは、技術的には難しくないが足場が不安定なので登り以上に注意。赤岳を望む
  • コマクサ。たくさん咲いていた
  • 赤岳への登り。クサリ場などもあるが、阿弥陀岳よりも岩は安定している印象
  • 赤岳登頂
  • さきほど登ってきた阿弥陀岳を満足感とともにながめる
  • 凱風、八ヶ岳
  • 赤岳山頂から横岳
  • 赤岳山頂で日没を楽しんでいたら、深い谷間からカラカラ岩が落ちる音。まさかこの時間に人が登ってくるはずはない、と目をこらすとカモシカが!
  • 夕景、富士山
  • 日没。明日も良く晴れますように。夜半過ぎに起き出してみると満天の星空。くっきりした天の川をしばらくぶりに見た
  • 二日目は、さらに天気が良く、富士山もよく見える。横岳方向から赤岳を振り返る。
  • 横岳のクサリ場はあちらこちらで渋滞。さすがに人気の山
  • 八ヶ岳の稜線は風が強かった。信州側からは強い風が吹き上げるが、甲州側に出ると嘘のように風が治まり、ウグイスがのんびり鳴いていたりする
  • 稜線から見る大同心
  • 小同心にはクライマーの姿が。私はとてもあそこまで行けない
  • 硫黄岳の手前の砂礫地にはコマクサの群落
  • 手近なところで見られたコマクサは見頃を過ぎつつありました
  • 硫黄岳から望む爆裂火口。迫力満点
  • 左から阿弥陀岳、赤岳、横岳。踏破してきた山々を振り返るのもいいですね
  • 北沢から八ヶ岳を振り返る
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • やぎやぎ さん
    すてぱんさん こんにちは
    ご家族で行かれたスコットランドのダイナミックな景色も素敵でした。
    八ヶ岳からの北アルプス(槍ヶ岳)…素敵ですね。
    いつかは赤岳も登ってみたいですが、蟹の横ばいや高度感のある梯子などを考えると…なかなか踏み出せないでいます。
    希少種のツクモグサやウルップソウ・八ヶ岳キスミレを見に…いつか登りたいなあ…

  • すてぱん さん
    やぎやぎさん
    いつも丁寧なコメント、ありがとうございます。
    写真で少々お目にかけたように、南八ヶ岳にもきれいな花がたくさん咲いていました。(悲しいかな名前が分からないものが多いので、また教えていただけたら幸いです)
    確かに岩場もありますし、見かけも迫力がありますが、このコースならひどい緊張を強いられることもないと思いますよ。慎重に行けば大丈夫です。山小屋も充実していて、他の山域と比べても女性には快適なのではないでしょうか。また、このコースならマイカー利用でも、同じところに戻って来ますので、便利だと思います。
    ご主人様と楽しく登山されている様子、いつも楽しく拝見しています。先般の2週連続平標山登山記録は、圧巻でした。私もいつか行って見たいです。その前にもう少し花の名前を勉強しなければいけませんけどね。

  • やぎやぎ さん
    すてぱんさん こんにちは
    ご要望にお応えして、花の写真のみ、ご存知のものも含めて順に書きますね。
    ヤマホタルブクロ…キキョウ科 よく似たホタルブクロは低山に生え、淡い色が多いよう
    イワシャジン…キキョウ科 岩場に垂れ下がって生える
    バイケイソウ…ユリ科 有毒植物 白花あり。花が1cmと小さいものをミヤマバイケイソウと区別するらしい
    タカネニガナ…キク科 よく似たハナニガナは15〜50cmと大きめ
    ヨツバシオガマ…ゴマノハグサ科
    タカネグンナイフウロ…フウロソウ科 ピンク色のフウロソウも同属
    ミネウスユキソウ…キク科 最も低山に咲くエーデルワイスの仲間
    タカネニガナ…
    チシマギキョウ…キキョウ科 よく似たイワギキョウがあるが、八ヶ岳では本種が主流
    タカネツメクサ…ナデシコ科 群生して砂礫地に生える
    チシマギキョウ…
    コマクサ…ケシ科 高山植物の女王。他植物の生えにくい崩れやすい砂礫地に深く根を下ろし咲く 
    キキョウ科の花が増えて来ていますね。山の花は秋の花へと移行期に入ってる様です。
    猛暑が続きます。お身体に気をつけて、楽しんでください。

  • すてぱん さん
    やぎやぎさん
    さっそく教えて頂き、ありがとうございます。
    お差し支えなければ、写真のキャプションに教えて頂いた名前を記入させて頂きます。

  • やぎやぎ さん
    大丈夫でしょう。たぶん…(趣味の範囲で正確性は定かでありませんが…)
    でも、間違って教えていたらごめんなさい。
    遠慮なく訂正ください。

関連する現地最新情報

  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    17日の降雪で、森の中や日陰に残っています。軽アイゼンまたはチェーンスパイク必携で。今シーズンは10月31日泊まで
    20年10月22日(木)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    先週末に初雪が降り25cmほど積もりました。現在はほとんど解けましたが樹林帯には雪が残る箇所があります
    20年10月21日(水)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    初雪が降りました。小屋周辺の積雪量は現在25〜30cmほどです
    20年10月19日(月)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    ヒュッテ付近の紅葉シーズンは終盤を迎えましたが双子池や雨池はこれからが見頃のピーク。防寒対策は必須です
    20年10月08日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。