登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
ジャンダルム 奥穂高~西穂高(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

登登路 さん
  • 日程

    2015年9月13日(日)~2015年9月14日(月)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉駅  

  • パーティ

    3人 (登登路 さん 、A さん 、B さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:首都高速~中央自動車道~長野自動車道~松本IC~鍋平駐車場(無料)

  • 天候

    13日(曇り) 14日(晴れ)
    [2015年09月13日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉駅(06:34)・・・穂高平小屋(07:26)・・・奥穂高岳登山口(08:10)・・・重太郎橋(09:30)・・・荷継小屋跡(10:26)・・・穂高岳山荘(13:42)

【2日目】
穂高岳山荘(05:40)・・・奥穂高岳(06:20)・・・ジャンダルム(07:50)・・・天狗のコル(09:29)・・・西穂高岳(12:00)・・・西穂独標(13:25)・・・西穂山荘(14:31)・・・西穂高口駅(15:20)

総距離 約14.8km 累積標高差 上り:約2,669m
下り:約1,629m
コースタイム 標準:17時間25分
自己:16時間48分
コースタイム倍率 0.96
ジャンダルムへ行きたい!その想いからようやく念願の北アルプスへの計画が叶った。
コースは上高地からが良いと聞いてはいたものの、初心者であること、体力に心配もあることから、新穂高ロープウェイの前を通り、奥穂高登山口、穂高岳山荘(1泊)、奥穂高岳、ジャンダムル、天狗のコル、西穂高岳、西穂高山荘、西穂高口駅とコースを計画。
初日は曇天模様で予定とおり。天気予報でも雲行きが怪しく登山日和では無いことは十分承知でしたが、翌日の天気は登山日和との予報を信じていざ穂高岳山荘を目指しました。
最初は林道で川の音を聞きながら軽快に進み、奥穂高登山口に到着。そこから重太郎橋を目指しました。ここまでもとなりにある川の音を聞きながら余裕な感じ。途中、板っきれの橋を渡り、荷継小屋跡らしきポイントへ到着。???重太郎橋は?まさか、さっきの板っきれ?あれが重太郎橋だったかと思い返しながら穂高山荘を目指しました。ここからは天候も悪く、ガスの中。殆どまわりが見渡せず、そして寒く、風も20mほど。心が砕かれる思いでした。ガスの中、うっすらみえる影が山荘ではないかと近づくと大きな岩でガックリ。足場も岩だらけで歩きにくく、苦労に苦労の末、ようやく穂高岳山荘へ到着。受付を済ませ、山荘内を散策。ご飯までに時間もたっぷりあるので、少し仮眠や暖炉で暖まったりとそんな時間を過ごしました。ようやく夕食のお時間。いろんな登山客の方達と同じテーブルで一緒に食事をしました。ご飯やお茶など同じテーブルのおばちゃんが親切によそってくれたり、山の話をしてくれたりと有意義な食事時間を過ごせました。しかもご飯食べ放題。しば漬けも食べ放題(そんなに食べられないけど)、おかずもうまい!山荘内にストーブもついていて暖かいし、山荘サイコーです。テントに泊まっている方もたくさんいたようですが、これを経験してしまうとテント泊できません。しかも3000mにある山荘です。ここにこれだけの設備があるなんて驚きばかりでした。食後、ビールとおつまみで一杯やってから夜に外へ出てみると、天気はとても回復しており、満天の星空が現れました。天の川が見える!こんな綺麗な星空をみたのは何十年ぶりだろう。
朝方(3:30頃)のまだ暗い時間帯には登山客の方が穂高岳をめざてましたが、暗すぎてまだ無理と二度寝。4:30に起床し、いろいろ出発をしていざ、ジャンダルムへ!
穂高岳山荘から最初の壁がイキナリ急なコース(歩くではなく登る)で少し驚きましたが、登ってみればなんてことなく、スイスイと穂高岳に到着。景色は最高です。天気がものすごくよく槍まではっきり見えました。YouTubeで見た時、かなり恐怖が湧いたウマノセでしたが、己が行ってみると楽しくて仕方なく、ここもスイスイと通過。やっとジャンダルムへ到着。どっから登るの?付近に関西のおじさんに聞いてみると、ジャンダルムには2つ登るコースがあると。1つは、西穂側から普通に歩いて登るコースと奥穂側から直登するコース。
えっ?直登するコースって×が壁にマークされてますけど。そのおじさん曰く、西穂側からジャンダルム登ったなんて言ったら恥やで、幼稚園児でも登れる。コース教えたるわ。なんて言うもんだから、直登しましたよ!危険を覚悟で。
ジャンダルムへ辿り着く前に、昨日の天候でジャンダルム付近から滑落して死亡したって話を途中で会った登山者から聞いてたので、そりゃもう最初はビビりましたが、気持ちは登るしかないへ切り替わってました。ドキドキしながら登りました。登ってしまえば大したことないやって思えましたが、ジャンダルム初心者はふつう直登なんてしないですよね。
そこから西穂高を目指しましたが、私が今まで登ってきた山は、ほとんど歩いて登るってのが一般的なんですが、ここは、手や足を使って登るってのがほとんどのコースです。そして、どこにも安全そうな路はなく崖ばかり。集中力が必要ってのがよくわかりました。
常に意識してないと、すぐ滑落しますよこのコース。西穂高でも滑落情報もあり、そういえば、朝からあっちこっちでヘリが飛び回ってました。
そんなこんなで西穂高山荘へついた時はやっと着いたと達成感いっぱい。そこからロープウェイ口までの山道はかなりだるかったですが、とても大満足でした。今回良かったと思っているのは、体力のあるうちにウマノセやジャンダルムへ行けたこと。これが逆だったら、足や腕がパンパンで登れなかったかもしれません。もしかしたら滑落してたかも。初心者は穂高岳から西穂岳を目指すべきだと思いました。また北アルプスへは行きたいです。今度は大キレットや槍へ行きたいですね。

登山中の画像
登山画像
ここが鍋平駐車場(無料)
登山画像
駐車場にはトイレもあります。
登山画像
曇天模様
登山画像
ここが最初の林道。ここを抜けて新穂高センター…
登山画像
新穂高ビジターセンター
登山画像
ここで登山届提出!
登山画像
ロープウェイ前を通過
登山画像
近くには川も流れてます
登山画像
こんな道をひたすら歩き穂高岳登山口へ
登山画像
この小屋の前で最初の休憩
登山画像
登山口に入ると岩場の路
登山画像
ただの板っきれだと思ってたけど、これが重太郎…
登山画像
岩場は歩きずらい
登山画像
だんだんと雲行きが・・・
登山画像
もう何も見えない。寒い。風強い。
登山画像
奥穂高山荘へ到着!!
登山画像
こんな状況でよくテント泊できるなぁ~すごい!
登山画像
穂高岳山荘すごすぎぃ~
登山画像
1F通路。2Fもある。
登山画像
乾燥室
登山画像
乾燥室の中で、荷物を乾かせるのだ!すごい!
登山画像
この部屋になりました
登山画像
布団を敷くとこんな感じ。
登山画像
玄関口。玄関前にフロントあります。
登山画像
ここでいろいろドリンクなど買えます
登山画像
太陽のロビーってとこ。玄関の隣にあります。暖…
登山画像
これが今夜のメニュー。すごーく旨い!
登山画像
ご飯も食べ放題。結局ご飯2杯しか食べれなかった。
登山画像
これが朝。雲海が見えます。
登山画像
雲海すごい
登山画像
あれが穂高岳
登山画像
眩しい
登山画像
最初からこんなとこ
登山画像
山荘が大分遠くなった。
登山画像
天気はサイコー
登山画像
もうあんなに山荘が遠くに
登山画像
岩場ばっか
登山画像
いや~すごいなぁ~天気も良すぎ!
登山画像
遠くに見えるのがジャンダルム!テンションアッ…
登山画像
ザ・ヤマって感じ。
登山画像
さてと、ウマノセへGO!
登山画像
右も左も崖です。
登山画像
GOGO
登山画像
西穂からくるとウマノセの始まりがここ。
登山画像
ジャンダルムが近づいた!
登山画像
これが穂高岳山荘でもらったお弁当。最初は大し…
登山画像
崖を登るのばっかり
登山画像
下はすぐ崖です。こんな道ばっかり。鎖場がある…
登山画像
キタキタキタキタ!ジャンダルム!
登山画像
これがウワサの天使!やっと会えた~
登山画像
このプレート初めて見ました!
登山画像
ジャンダルムにはいろいろ標札がありました。
登山画像
×があるでしょ。ホントは登ってはならないんだと…
登山画像
いやぁ~、ほんっと天気が良いです
登山画像
ここ行くのか~
登山画像
むちゃくちゃ景色いいです
登山画像
危なくないトコがない
登山画像
岩がいたそうでしょ
登山画像
基本、こんなトコ登るのばかりですから。歩いて…
登山画像
ここが天狗のコル。エスケープルートがあるとこ…
登山画像
槍が見えます。天気がここまでよくないと見れな…
登山画像
天狗のコルを登りきるとここへ
登山画像
つかれるぅぅぅぅ
登山画像
ぜぇぜぇぜぇ。空気薄いのか?!
登山画像
西穂高岳山頂。昨日はここの周辺で亡くなった方…
登山画像
ピラミッドピーク!ここまで来るのがどんだけ険…
登山画像
西穂独標
登山画像
ここを通ってきました。遠かったなぁ~。いろん…
登山画像
丸山ってなんて、ネーミングセンスだ。どこにで…
登山画像
ようやく西穂高岳山荘へ到着。ウワサに聞くとこ…
登山画像
ここを背にし、ロープウェイまでGOです。でも、…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、行動食、テーピングテープ、カップ
【その他】 山荘内での行動着、アミノバイタル、使い捨てコンタクトレンズ(替え)、目薬
この山行で使った山道具
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登登路さんの登山記録についてコメントする
  • 2015山 さん
    お疲れ様でした!そして、何よりみなさん無事下山が出来てよかったです。

    ネーミングセンスな、私には縁のないところな気がしています(笑

  • すてぱん さん
    登登路さん、こんにちは
    初心者と書いていらっしゃいますが、中級者を名乗る私などおよびもつかないところを、颯爽と楽しげに登っていらっしゃったご様子、とてもまぶしく拝見しました。
    すごい!

  • 登登路 さん
    すてぱんさん、コメントありがとうございました。すてぱんさんのステータス拝見させていただきましたが、中級者どころかベテランではないですか。私はダイビングもレジャーで行いますが、ダイビングにはライセンスがありグレードがあります。ダイビングでは高いライセンスを持っていれば良いわけではなく、一番下のライセンスでも何本潜ったかによって力量が違います。それと一緒だと思っています。難所へ行くことがすごいのではなく、たくさんの山へ多く足を運んでいる方の方が遥かに力量は上だと思います! それと、何より楽しんでいるかが一番需要な部分ですね!
    今回、北アルプスは初めてだったのですが、とても楽しめました。奥穂高~西穂高のルートが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。この背景はルートの難所も楽しかったのですが、やはり天候がよく風ほほとんどなく、とてもベストなコンディションだったからでした。北アルプスは楽しいルートがたくさんありますので、来年の夏場に行かれてみてはいかがでしょうか。

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    槍沢はまだまだ全面雪。目印の旗竿があります。気温により雪が緩み足を取られるので注意
    19年05月20日(月)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    本谷橋を架けました。橋を渡り夏道上のマークやトレースに沿って涸沢へ。
    19年05月20日(月)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    昨日降雪し新雪5~10cm。涸沢は雪崩に注意。前爪のあるアイゼン+ピッケル+技術が必要
    19年05月15日(水)
    西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    冬も終盤、診療所まわりの除雪作業はじまる。もうしばらくは冬山装備で
    19年04月17日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

登登路 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...