登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
シャクナゲの金峰山、瑞牆山 (4C) 金峰山 瑞牆山(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2014年6月14日(土)~2014年6月15日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:塩山から大弛峠までバス(要予約)
    栄和交通
    途中、柳平で乗り合いタクシーに乗り換えるが、一貫したサービスなのでスムーズ
    トータル料金1800円

  • 天候

    初日:晴れ、稜線上は冷たい強風、2日目:快晴、無風

この登山記録の行程

<1日目>
大弛峠(9:00)ー朝日岳ー金峰山(11:30)ー富士見平小屋(15:40)(泊)

<2日目>
富士見平小屋(5:45)ー瑞牆山(7:30)ー富士見平小屋(9:30)ー瑞牆山荘(10:30)ー増富温泉


総距離 約12.5km 累積標高差 上り:約1,023m
下り:約1,873m
梅雨の合間に、金峰山、瑞牆山と一足先にアルペン的な雰囲気を楽しんで来た。東京の自宅からアプローチに5時間近くかかり、そうそう気軽には行けない。しかし、大弛峠から金峰山、富士見平に進み、ここを起点に翌日瑞牆山を往復し、充実した山行となった。

大弛峠から金峰山のコースは標高差も小さく、楽に頂上を踏めるが、唯一の難点は砂払の頭から頂上を前に見ながらアルペン的な稜線を登る楽しみにはやや欠けることだろうか。頂上を背に下るのと、気分を盛り上げながら長い稜線を登るのと・・・達成感の面では前者か?ただし、瑞牆山と両方を楽しもうとすると、私の今の体力では時間的にも少々苦しくなりそう。大弛峠に到着する時間をバスに合わせるのも少々心許なく、悩ましい選択であった。

お目当ての一つであったシャクナゲは、金峯山頂でキバナシャクナゲ、大日岩下で群落が見られた。
今年は2月の大雪の影響で残雪が多かったそうだが、縦走路にはほとんど残っておらず、軽アイゼンは不要。

2日目に目覚めてみると、やはりひざに違和感が。瑞牆山を諦めようかとも思ったが、岩場だらけということでポールも置いて軽装で富士見平小屋からピストン。昨日の不調が嘘のように快調に登る。

今回、ひざの不安を軽減するためにトレッキングポールを初めて使ってみた。まだ使い慣れない上に、岩場に来る度にしまわなければならず、文字通り往生した。今回はポールを使った際のペースがつかめず、結果的にブレーキとなったのは残念。(追記、使い慣れれば確かにひざの負担を軽減することができる)

登山中の画像
  • 塩山から栄和交通のバス、乗合タクシーを乗り継いで大弛峠へ
  • 乗り合いタクシーを降りた大弛峠ですでに標高2360メートル。空気もひんやりしていて、テレピンの香り、始めから高山の雰囲気。
  • 大ナギ
  • 残雪が所々に この辺りではシャクナゲはまだ蕾のまま
  • 瑞牆山を望む
  • 森林限界を超えると風景が一変
  • 金峰山山頂付近のキバナシャクナゲ
  • 五丈岩
  • こちらは五丈岩の側面。稜線上は強風だったが、裏に回り込めば風もなく快適。
  • 開放感たっぷりの岩場の下り。 ひざに不安を抱えたため、今回初めてポールを利用したが、扱いが不慣れでペースもつかめず、かえって疲れてしまった。下りで使いたいのだが、こう言う岩場では邪魔。
  • シャクナゲ
  • 砂払の頭に下る途中、金峰山を振り返る
  • 千代の吹上
  • 大日岩
  • 本日の宿、富士見平小屋。ランプの小屋で、コーヒーが美味しかった
  • 富士見平小屋から富士山を望む
  • 二日目。 目覚めてみると、やはりひざに違和感が。瑞牆山を諦めようかとも思ったが、岩場だらけということでポールも置いて軽装で富士見平小屋からピストン。 昨日の不調が嘘のように快調に登る。
  • 文字通り攀じ登り、ぐんぐん高度を稼ぐ。
  • 瑞牆山山頂直前のシャクナゲのトンネル。 ここを抜けると山頂に飛び出す。
  • おおー、と思わず歓声。360度遮るものなし。八ヶ岳、南アルプス、さらには北アルプスまで展望できた。ほどなくしてガスが出てきたから、山頂は午前中の早い時間が吉。
  • 瑞牆山山頂から大やすり岩
  • 八ヶ岳もきれいに見えた
  • 林間から望む瑞牆山 辺りは春ゼミが賑やかに鳴いていた
  • 韮崎行きのバスを途中下車して、増富の湯で汗を流す。目の前がバス停なので、時刻を確認して湯につかればゆっくりできる。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    一時的な積雪もほぼ融雪しましたが、チェーンスパイクは携行しましょう。厳しい寒さに注意
    20年10月29日(木)
    瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    直近降雪がなくても凍結あり。雨降れば雪となります。軽アイゼンやチェーンスパイクの用意を
    20年10月29日(木)
  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    朝方は氷点下になるくらい、寒くなりました。今季の営業は11月22日までです
    20年10月23日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。