登山記録詳細

その他
参考になった 1
2016年涸沢登山学校1 初めての穂高 北穂高、奥穂高、屏風岩(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

遊歩道 さん

この登山記録の行程

1日目
横尾(09:30)・・・本谷橋 ・・・涸沢ヒュッテ(12:30)
午後はヒュッテ近隣で歩行訓練

2日目
涸沢ヒュッテ(06:00)・・・南稜取付(07:44)・・・北穂高テン場(08:30)・・・滝谷(09:08)・・・(09:30)北穂高山頂(10:15)・・・涸沢ヒュッテ(13:10)

3日目
涸沢ヒュッテ(06:00)・・・お花畑コース(06:33)・・・ザイテングラード分岐(06:47)・・・穂高岳山荘(08:22)・・・奥穂高山頂(09:26)・・・涸沢ヒュッテ(13:01)

4日目
涸沢ヒュッテ(06:00)・・・屏風岩のコル(07:21)・・・屏風岩(07:40)・・・奥又白沢(09:46)・・・新村橋(10:52)


総距離 約14.8km 累積標高差 上り:約2,532m
下り:約3,260m
【授業のまとめ(概要)】
・大事なこと
①ルートファインディング
⓶天気予測
③進退の見極め(縦走では遭難に結びつく)

登山についての答えは、自分が経験した中から回答を見つけるしかない。

・穂高登山について
穂高は、落石が多く非常に危険な山である。このため高い技術力が要求される。落石をしない/遭わないことが大切。自然落石もあるが、多くは上部を歩いている登山者が引き起こす。他人に迷惑をかけないことが大事。頂上に到達するために、集中すること。

指導者を教える指導者のレベルであれば、歩き方を見ただけで穂高での登山技量は分かる。
岩稜で危険を誘う装備、ウエストポーチ、余ったリュック紐、ストック

・ガイドブックの表記
ガイドブックやツアー案内で、難なく登れる風の記述があるがこれは営業ライク。よく見ると小さく危険と書いてあったりする。実際には相当の技術を要する。(毎年多くの山岳事故が発生している)

・登山の本質
英国貴族(紳士)のスポーツ。頂上を争うのではなく自らに向き合い山と対話することが本質

・アルプス=穂高の理由
 1.鋸状の山並み
 2.雪渓
 3.高山植物

【感想】
・夏の涸沢は今回が初めて、北穂高、奥穂高、屏風岩と最も贅沢なコースを体験できた。入学前は正直不安で、キャンセルを何度か考えたが、結局すべて問題なくクリアー。
梯子、岩場ともに三点確保を確実にし、穂高の地学特性を理解できれば私のレベルでも危険と感じたことはなかった。
・またネット検索の結果は「登った勇姿」の記録であり、これからの登山の参考にはならない。というのも子供でも条件が揃えば穂高には登れる。しかし、山の基本を知らないままに登る人たちがアクシデントに遭遇し深刻な当事者となるだろう。
・アブが大量に生息し、危険個所の通過でも注意散漫となる。防虫ネットや防虫素材の衣類が良いと思われる。ちなみに50匹ぐらい駆除した。
・快晴、曇りの天気で紫外線は強烈。暑い。防寒着(フリース、ソフトシェル)は夜も全く未使用。ただしキャンパーはULダウンを着用していたが個人としては必要と感じない。
・涸沢周辺は雪枯れ(夏の進行が早い)だが渇水はなかった。
・屏風岩(パノラマ)はガレており、バリエーションルートに近い。やはり初心者や荷物の多い場合は避けたほうが無難。実際には登山者は多かった
・ザイテンの下りで、上から「ら~く!( ^)o(^ )!」と笑いながら叫ぶおばさんがいた。経絡秘孔を突いてやりたかった。ストックを岩稜で使うなど、論外の輩も相当いた。半数は穂高に上る資格がないのではないかと思う。
・主催の涸沢ヒュッテのご厚意により、多忙な時期にもかかわらずスペシャル・サービスの連発。改めてお礼を述べたい。(若め)女性はぜひ参加したほうが良い。

登山中の画像
登山画像
スケジュール
登山画像
ヒメキマダラヒカゲ 
登山画像
横尾山荘は明るく清潔(相部屋)
登山画像
横尾山荘の夕食
登山画像
涸沢登山学校集合(本谷橋)
登山画像
ベニヒカゲ
登山画像
涸沢の雪渓で歩き方の講習(スキーと同様の歩行)
登山画像
北穂高、南稜鎖場を想定した歩き。岩のエッジの…
登山画像
涸沢ヒュッテも清潔で快適
登山画像
Woodytailのニッカズボンをご愛用のお姉様と意気…
登山画像
蝶が岳方面の夜明け
登山画像
2日目、北穂高へ出発。涸沢小屋脇から登り開始
登山画像
登りの最初(30分)は、比較的整備されている
登山画像
南稜取付の直前
登山画像
南稜取付、下から登るほうが怖い
登山画像
南稜テラスから、ガスが発生
登山画像
南稜テラスのテント場
登山画像
滝谷への入り口。先生は岩稜の先に進む
登山画像
先生の引率で滝谷へ
登山画像
「マドカちゃんハイ!(^^)!」
登山画像
滝谷の解説
登山画像
ここから先は生徒誰もが足竦み
登山画像
北穂高登頂の証拠写真
登山画像
北穂高小屋から槍方面への縦走路
登山画像
右奥に北穂池が見える
登山画像
北穂分岐からの下り
登山画像
標識
登山画像
テント場を抜けたあたり
登山画像
南稜取付の梯子下り。すれ違いは事故を誘発
登山画像
南稜取付の鎖場下り
登山画像
キイチゴが食べごろ
登山画像
伏流水が冷たい
登山画像
午後はガスが立ち込める。天気予報の雷雨はなか…
登山画像
涸沢ヒュッテ夕食
登山画像
3日目、早朝のカール風景
登山画像
ザイテンお花畑コースのチングルマ
登山画像
お花畑コース、高山植物は見ごろを過ぎた
登山画像
ザイテン途中から、前穂高展望
登山画像
穂高岳山荘より涸沢カールを見下ろす
登山画像
穂高岳山荘と涸沢岳
登山画像
穂高岳山荘から奥穂高への取付き。梯子付近で血…
登山画像
梯子を上り一気に稜線へ
登山画像
蝶が岳方面の展望
登山画像
頂上の社が見える
登山画像
ジャンダルム、穂高の衛兵という意味。ここだけ…
登山画像
奥穂高頂上から上高地方面、冬はスキーが可能。…
登山画像
奥穂高の頂上といっても、三角点は左で一番高い…
登山画像
奥穂高頂上から焼岳方面
登山画像
吊尾根に向かうパーティーで遭難者あり。岐阜県…
登山画像
同行した、信濃毎日の記者さん
登山画像
穂高岳山荘前の垂直下り。高度感はない。梯子2か…
登山画像
穂高岳山荘の前で昼食、ザイテングラード下り
登山画像
危険個所で、すれ違いを誘うパーティに厳重注意…
登山画像
....と言う一方で、(若い)女性にはメッポウ優…
登山画像
夕暮れの涸沢カール。防寒着は不要だった
登山画像
3日目、パノラマコース入り口からの涸沢カール
登山画像
いやらしい起伏が連続
登山画像
トラバースも落石に注意する必要あり
登山画像
岩場では足を外に持っていくこと、岩の内側に運…
登山画像
滑落の危険箇所、トラバース
登山画像
バリエーションに近い岩場
登山画像
落石に細心の注意を払う
登山画像
下りでは手を伸ばさない、伸ばし切ると動きが取…
登山画像
別角度からの下り、木の根、岩など確保できるも…
登山画像
屏風岩の分岐、ハイマツ道のためか不明瞭
登山画像
屏風岩からの涸沢カール
登山画像
屏風岩からの槍ヶ岳
登山画像
岩の間を抜ける道、踏み跡のみで整備されていない
登山画像
奥又白沢の分岐付近、あと少しでゴール
登山画像
新村橋でゴール
登山画像
ご指導ありがとうございました
登山画像
有名な河童橋
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、GPS機器、カラビナ、スリング(シュリンゲ)、ヘルメット
【その他】 頂上への登坂。(雨具、弁当、水筒、カメラ、GPS)= サブサック
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

遊歩道さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    燕山荘周辺はすっかり晩秋の装い。雪はいつ降ってもおかしくない季節へ
    20年10月15日(木)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    10/1初雪。紅葉は槍沢や岳沢が見頃です。氷点下近い気温を想定した防寒装備で。営業は10/24泊迄
    20年10月14日(水)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    初雪観測し紅葉は終わり。登山道には凍結の可能性があります。営業は10/24泊まで(売店10/25)
    20年10月14日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

遊歩道 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年10月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW コロナ禍で登山の意識は変わりましたか?
コロナ禍で登山の意識は変わりましたか? 新型コロナウイルス感染症によって、あなたの登山はどう変わりましたか? 登山愛好者のみなさんにアンケートを行っています。ご...
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模は小さくとも、展望や岩場などアルプスらしさが魅力のご当地アルプス
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...