登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
子連れ百名山〜066槍ヶ岳&067笠ヶ岳(2泊3日) 槍ヶ岳(3180m)、樅沢岳(2755m)、大ノマ岳(2662m)、笠ヶ岳(2897m)(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

unchikutareo さん
  • 日程

    2016年8月10日(水)~2016年8月12日(金)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル   中尾高原口  

  • パーティ

    4人 (unchikutareo さん 、ほか3名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:往路:東京→中央道→松本IC→沢渡市営第二駐車場→タクシー(¥4200)→上高地BS

    復路:中尾高原口P→新穂高温泉 ひがくの湯で入浴&昼食→松本IC→中央道→東京

    マイカー回送利用:office花(¥19000、☎0261-61-5133、回送先のPは混雑状況により変化あり)

  • 天候

    晴れ!ときどきガス

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:05)・・・河童橋(06:11)・・・明神[休憩 10分](06:50)・・・徳沢[休憩 10分](07:45)・・・横尾[休憩 10分](08:50)・・・一ノ俣(09:51)・・・槍沢ロッヂ[休憩 30分](10:20)・・・ババ平[休憩 10分](11:05)・・・水俣乗越分岐(11:47)・・・天狗原分岐[休憩 20分](12:24)・・・グリーンバンド(13:38)・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ(14:30)・・・槍ヶ岳山荘[休憩 20分](14:45)・・・槍ヶ岳[休憩 20分](15:30)・・・槍ヶ岳山荘(16:25)

【2日目】
槍ヶ岳山荘(06:09)・・・千丈沢乗越[休憩 10分](07:12)・・・硫黄乗越[休憩 10分](09:36)・・・双六小屋[休憩 60分](10:34)・・・弓折乗越[休憩 10分](12:30)・・・大ノマ乗越[休憩 10分](13:05)・・・秩父平[休憩 10分](14:30)・・・笠新道分岐(16:00)・・・笠ヶ岳山荘(17:02)

【3日目】
笠ヶ岳山荘(06:46)・・・笠ヶ岳[休憩 10分](06:57)・・・雷鳥岩(09:18)・・・最終水場[休憩 20分](10:20)・・・錫杖沢出合[休憩 10分](12:20)・・・槍見温泉[休憩 10分](13:40)・・・中尾高原口(13:57)

総距離 約42.2km 累積標高差 上り:約3,799m
下り:約4,334m
コースタイム 標準:26時間5分
自己:23時間34分
コースタイム倍率 0.90
息子小3、娘小5
 槍ヶ岳。富士山と並んで、他の山に登頂すると、つい探してしまう山。登山を齧ったものなら是非登りたい山ですね。今回は、山の日を絡めて休みを取ったので、槍と笠を攻める予定。どっちを先にいくか悩んだけど、混雑予想で先に槍!。というわけで上高地~槍~西鎌~双六小屋~笠~中尾口という縦走ルートを企画!そして、久しぶりのテント泊と意気込むが、前哨戦の甲斐駒で私が右腿負傷。ママも右膝痛発症。日和ってテントは断念(汗)。でも、計画は決行だ!山小屋泊も最近してなかったしね(言い訳)。今回、沢渡から新穂高へマイカー回送を頼んでみた。

1日目
 深夜東京発。0500に市沢渡営第二P到着して車をデポ(笑)。タクシーで上高地へ。昨年の奥穂高以来の上高地だ。山の日に皇太子ご一行がいらっしゃるそうで帝国ホテル貸切だそうです。翌日は交通規制もあるそう。
 バスターミナルでトイレなど準備をして出発!今日は一気に槍ヶ岳山荘まで進む予定。まずは梓川沿いへ。明神~徳沢を進む。今回は徳沢のソフトクリームは時間が早いので断念していたが、息子が上高地に下りてくる人を観察して「ソフトクリーム持ってた。二人持ってた」と。徳澤園はなんと0700~営業中。朝食も食べられた。いきなりご褒美のソフトを購入。まだ肌寒くて有り難み少なかったよう。横尾を過ぎて槍沢へ。ずっとなだらかな道が槍沢ロッヂに向けて少し傾斜を増してくる。槍沢ロッヂで食事(焼き鳥丼&牛丼)&トイレ休憩。ババ平で水補給(ぬるい)&トイレ休憩。U字谷の中を東鎌尾根を見ながら登る。日差しが強く、風も少なめで暑い!なかなか槍も見えない。大曲というだけあって左に曲がっていく。天狗原から斜度もあって暑くて辛い。水汲沢で頭から水で冷やす。生き返る~!この辺から小屋までの距離が表示されて頑張れる。グリーンバンドに出て、やっと槍の全貌が露わになる。蟠隆窟を過ぎ、槍に近づくが、案外とんがってないように見える。殺生ヒュッテを横目に、やっと槍の肩。小屋で宿泊受付。小屋も穂先も混雑してない!荷物を置いて槍に登ろう!上りと下りでコースが一部違う設定。ヘルメット装着して岩場とハシゴを進む。高度感はあるが慎重に進む。そして槍の穂先へ出た~(嬉)!景色も最高ですが、子供達とママは腰がひけてるよう。空いてる上に眺望もよく素晴らしかった~。久しぶりの山小屋での1700~の夕食後、夕焼け鑑賞して就寝。やっぱ小屋もいいな~。

2日目
 今日は山の日。そして、我々は笠へ。翌朝、0400起床。ご来光希望の方多数。0500~の朝食後、いよいよ西鎌尾根へ。鷲羽水晶に野口五郎岳、薬師に黒部五郎、その先には後立山連峰。左には今日の目的地、笠ヶ岳。すごい景色だ!しかし、うちの子供の苦手なガレザレの下り。かなりゆっくり進む。むしろ途中の鎖場の方が鎖があるだけ安心みたい。慎重に下りました。心地よい涼風だ~。しかし、なかなか双六小屋が見えない。アップダウンを繰り返し、やっと双六小屋へ。なんか安心した~。子供はケーキ!を堪能。私は冷やしぶっかけうどん!を頂き、水も補給。ここからキャンプ地経由で弓折乗越へ。山の日ということもあって続々登ってくるので、道を譲ってるとなかなか前に進まない。アップダウンを繰り返しながら秩父平へ進む。途中、年配のご夫婦と話が弾む。お話の後、お先に失礼させていただく。風が北西なので稜線の東側のルートは無風で暑い!ここから稜線への上りが辛い。稜線に出ると涼風が心地よい。ここからは比較的アップダウンの少ない素晴らしい景色の稜線(ハイマツ帯)を行く。抜戸岳をトラバースして笠新道と合流。有名な抜戸岩を通過。不思議な岩だな。ヘロヘロになりながら、笠ヶ岳山荘だ~。予定時間オーバーで1700に到着&受付して休憩。左方面に見える槍。あそこから歩いてきたんだな~(感無量)。疲れたので今日の笠登頂は断念。そして、山の日なのに笠ヶ岳山荘は空きがあり(小屋の人が嘆いていた)、6人部屋を4人で個室扱いにしてくれた~!1745~の夕食後、日没を堪能。さらに夜間にペルセウス流星群観察をトライするも眠くて見られず。

3日目
 翌朝。朝日がちょうど槍の上に出る「ダイアモンド槍!」らしい。風が強目で寒いので横着して部屋から観察。出発前に小屋の方から子供に「ご褒美にジュースでもお菓子でもなんでも一ついいよ!親の顔色見なくていいよ(笑)」と。ありがとうございます。笠ヶ岳山荘は規模といい、ホスピタリティといい素晴らしかったです。いよいよ、笠ヶ岳へ。板状の岩が積み重なる頂上で、素晴らしい展望だ。クリヤ谷コースで下山(と山荘の人に言うとくれぐれも気をつけて、と言われた)。まずは、板状の岩を下る。結構アップダウンがある~。足場の悪いハイマツ帯も、岩場の下りも、子供の背丈ほどの笹帯もあって歩きにくい。事実、私は持病の左足首&膝痛が悪化してスピード出ず。さらに暑くて脱水気味。水場、ほんとに助かりました~。その後も笹薮もすごくて歩きづらい。出会う人も2名のみ。古い槍見の標識が出てくると、登山道らしくなってくる。水量少なく渡渉も問題無し。沢に出てからも長く感じたな。脱水と左足痛でヘロヘロになって登山口へ。企画者の私が一番ヘタレでした(涙)。

 結局、私の足の不安もありテント泊断念で贅沢してしまった~。でも念願の槍~笠のロングルートを最高の天気で満喫できて楽しい山旅でした。回送サービスも、この時期不安な新穂高付近の駐車場をオロオロ探さないで済むので良かったかな(ちょっと割高か)。これで100名山も2/3を超えた。再来週は北海道遠征。天気はどうかな?悪かったら無理せずゴロゴロしちゃおうかな(笑)。

コースグレーディング:槍沢コース8c、槍見(クリヤ谷)コース6c
上高地~槍ヶ岳:各所に小屋あり、トイレ、水、問題なし。
槍ヶ岳山頂付近:登りと下りのルートが一部違います。慎重に!
西鎌尾根:直下含めてガレ場あり子供は苦手。ヤセ尾根の鎖場は慎重に!
双六小屋~笠ヶ岳:絶景を楽しみましょう!辛いけど~。
笠ヶ岳~中尾:草木の勢いが強く登山道を狭く感じる。一部、注意!アップダウンもあり。

槍ヶ岳山荘:1泊2食¥9500(小人¥8500)、弁当(大きいちまき)¥1000、水はまずまず。小学生は登頂証明書もらえる
キャンプ場:30張り、1人¥1000、水¥200/リットル、トイレ小屋外
双六小屋:トイレ、軽食あり、ケーキ&コーヒーも
笠ヶ岳山荘:1泊2食¥8800(小人¥7800)、弁当(朴葉ずし弁当)¥1000、水は天水で消毒臭あり
キャンプ場:25張り、1人¥800、雪渓の水場(すでに雪渓なくなり終了)、トイレ小屋内なので遠い
新穂高温泉 ひがくの湯:大人¥700、小人¥500、食事可

登山中の画像
登山画像
沢渡駐車場
登山画像
バスターミナル
登山画像
ちょっと寒い
登山画像
明神で小休止
登山画像
徳澤へ
登山画像
なんと0700~営業!
登山画像
寒いのにソフトを食べる子たち
登山画像
鳥海山でも出会った百名山ハンター
登山画像
楽チン遊歩道
登山画像
横尾
登山画像
今日のコースをチェック
登山画像
槍沢へ
登山画像
はじめて槍の穂先が見えた!
登山画像
美しい川
登山画像
槍沢小屋見えた
登山画像
中華丼&焼き鳥丼&牛丼食べる
登山画像
穂先が見えます
登山画像
ババ平暑い!
登山画像
天狗原分岐
登山画像
天狗1
登山画像
天狗2
登山画像
水汲場、最高でした!
登山画像
とうとう穂先が見えてきたぞ!
登山画像
東鎌尾根
登山画像
蟠隆窟
登山画像
殺生ヒュッテ近し
登山画像
お~近づいてきた
登山画像
穂先に登ってる人が見える
登山画像
先着してた息子
登山画像
昨年登った情念
登山画像
槍ヶ岳山荘到着
登山画像
まだ登頂してないけど登頂記念証もらった
登山画像
さ〜いよいよ
登山画像
行きますよ!
登山画像
穂先へ
登山画像
ドキドキする~
登山画像
小槍
登山画像
結構急!
登山画像
ぐんぐん高度が上がる
登山画像
はい、登頂!(嬉)
登山画像
絶景だ
登山画像
息子も!
登山画像
やったね〜
登山画像
三角点を抱きしめる
登山画像
通算66座目の家族全員百名山!
登山画像
この社付近、かなり高度感あり
登山画像
表銀座
登山画像
降りるのも怖いな~
登山画像
三角点タッチ
登山画像
時折ガスはあったけど、ほんと好天だった
登山画像
あ~、アルプス一万尺踊るの忘れた~
登山画像
槍はどうでした?
登山画像
夕食のハンバーグ
登山画像
情念に影槍
登山画像
お世話になりました
登山画像
明日行く笠ヶ岳
登山画像
笠ズーム
登山画像
素晴らしい夕焼けでした
登山画像
翌朝
登山画像
富士山も
登山画像
さ~今日は西鎌尾根ですぞ
登山画像
今日は風が涼しい
登山画像
本日のゴールの笠。遠い!
登山画像
西鎌
登山画像
今日も鷲羽水晶など絶景!
登山画像
笠ズーム
登山画像
焼岳&乗鞍
登山画像
飛騨沢コース
登山画像
鹿島槍など後立山
登山画像
千丈乗越
登山画像
鎖場登場
登山画像
振り返れば槍
登山画像
暑くなってきたのでフリース脱ぎます
登山画像
鎖の練習
登山画像
左股岳
登山画像
左股乗越
登山画像
弁当のちまきを食べる
登山画像
硫黄尾根
登山画像
硫黄乗越、臭い
登山画像
樅沢岳
登山画像
双六小屋!
登山画像
早速水補給
登山画像
ケーキがあるよ
登山画像
冷やしぶっかけうどん美味しい
登山画像
さ~笠へ
登山画像
槍も遠くなった
登山画像
振り返って双六小屋
登山画像
くろゆりベンチ
登山画像
池になんかいた?
登山画像
鏡平への分岐(弓折乗越)はすぐ
登山画像
大ノマ岳へ
登山画像
大ノマ乗越で休憩
登山画像
秩父平へ降りていく
登山画像
岐阜長野県境を進む
登山画像
あそこまで降りて、また登るのか~
登山画像
疲れた〜
登山画像
秩父岩の奇岩群
登山画像
稜線でた
登山画像
素晴らしい稜線
登山画像
東側はガス
登山画像
抜戸岩
登山画像
ブロッケンも
登山画像
笠が近くなった
登山画像
テント場通過
登山画像
笠ヶ岳山荘到着!
登山画像
あそこから歩いてきたのか
登山画像
望遠鏡で槍に登ってる人が見えるよ
登山画像
夕食
登山画像
お部屋の名前は「槍」
登山画像
山頂は明日ということで
登山画像
すぐ漫画を読みだす
登山画像
翌朝
登山画像
ダイアモンド槍!
登山画像
朝食
登山画像
笠ヶ岳山荘を出発
登山画像
素晴らしい天気
登山画像
最高点へ
登山画像
三角点タッチ
登山画像
通算67座目の家族全員百名山!
登山画像
歩いてきたルートをバックに
登山画像
背骨みたいだ
登山画像
下山のクリヤ谷ルート
登山画像
白山
登山画像
焼岳
登山画像
槍が小さい
登山画像
ハイマツ帯へ
登山画像
ところどころ危険箇所も
登山画像
雷鳥岩を回る
登山画像
なんかつまんない道だ
登山画像
最終水場で生き返る
登山画像
綺麗な沢
登山画像
中尾口下山!
登山画像
お疲れ様!
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

unchikutareoさんの登山記録についてコメントする
  • ハンター さん
    皆さん、いい顔をしてますね~。お疲れ様でした。
    槍は憧れですね・・・やっぱり。
    ソフトクリームは笑ってしまいました(失礼)
    百の頂に一歩一歩、着実に近づいていますね。羨ましい限りです。
    北アルプスも素晴らしいと思いますが、北海道の山も素晴らしい景観を見せてくれますよ。
    これからも頑張ってください。応援しています。

  • unchikutareo さん
    ハンターさん、おはようございます。

    いつもコメントありがとうございます!
    やっぱり槍ヶ岳は特別でした。山の日前で空いていたので初心者にはちょうど良かったです。
    でも、辛かったけど笠ヶ岳への縦走も景色が芝らしくて、北アルプスを歩いている!という実感が持てました。笠ヶ岳山荘も、大規模山小屋にない良さがありました。
    北海道。予定では6座ですが、天候を見ながら安全に楽しみたいと思います!。

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    暖かい日が続き燕山荘周辺の雪は少なくなっています。金曜日は雨の予報が出ています
    20年11月19日(木)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    2020年の営業は終了しました。ありがとうございました。また来シーズンもお待ちしております
    20年10月28日(水)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2020年の営業終了。冬期小屋のみご利用。トイレは利用不可のため携帯トイレを携行ください
    20年10月26日(月)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    本年の営業を終了。冬期、双六小屋と黒部五郎小舎は避難小屋として開放(1名1泊1,000円)
    20年10月17日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

unchikutareo さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...