登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
終活登山10 常念岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん

この登山記録の行程

【1日目】
中房・燕岳登山口(06:20)・・・第2ベンチ(07:20)・・・合戦小屋(09:10)・・・燕山荘(10:30)・・・燕岳(10:55)・・・燕山荘(11:20)・・・大下りの頭(13:20)・・・切通岩(14:10)・・・大天荘(15:00)・・・大天井岳(16:07)・・・大天荘(16:12)

【2日目】
大天荘(05:00)・・・東天井岳分岐(06:00)・・・横通岳南肩(07:00)・・・常念小屋(07:40)・・・常念岳(08:55)・・・蝶ヶ岳三角点(12:20)・・・横尾分岐(12:37)・・・蝶ヶ岳(13:10)・・・蝶ヶ岳(13:20)・・・妖精ノ池(14:00)・・・長塀山(14:20)・・・2000mの平(16:00)・・・徳沢(16:47)

【3日目】
徳沢(06:00)・・・明神(06:30)・・・河童橋(07:20)・・・上高地バスターミナル(07:30)

総距離 約33.6km 累積標高差 上り:約3,396m
下り:約3,343m
コースタイム 標準:21時間25分
自己:20時間19分
コースタイム倍率 0.95
とにかくJRの山岳夜行が即日完売の盛況。必死になって探し回り「毎日アルプス」という山岳夜行バスにたどり着いた。中型バスだったが座席は意外と広くラッキーなことに一人で二人分を占領。隣がいないと言うだけでこんなにも居心地が良いとは思わなかった。でもやはり電車の方がゆったりできるような気がする
7/20 『合戦尾根』を登るのは25年振り。下るのは去年やったが雨の中だったので苦労したような気がする。今年は登り、『合戦小屋』名物のスイカも食べられた。残念だったのは森林限界を過ぎても曇(というか霧)だったので景色が皆無であったこと。それにしても50を過ぎて30㎏の荷物を背負い『合戦尾根』を登るのは無謀だったかも。去年は10㍑の水を持ち上げて懲りたから今年は半分。でも重いものは重い。『燕山荘』に着く頃は歩くのも一苦労。それでも『燕岳』は空身だったので人並みに往復できた。
『燕山荘』から先は雲上のプロムナードと呼ばれる所。期待を込めて歩いたが、雲と霧のため『槍~穂高』にかけての視界は無し。一気に疲れが増した。喜作レリーフを過ぎた辺りから、とにかくテント場についてテントを設営しノンビリしたいという考えしか頭に浮かばない。岩屑の道を辿ってテント場に到着。設営代は700円でトイレは使い放題(高いと見るか安いと見るか)。夕飯をセットした後『大天井岳』を往復。写真を撮る時間をいれても15分で十分。
7/21 今日は念願の『常念岳』越え。水の重さが多少減ったと言えども重量は25㎏を超えていたかな?
 この日は快晴。出発前にうっすらではあったがモルゲンロートを見ることができた。標高が2900近くもあると肌寒い。ウインドブレーカーを羽織りズボンをはいて歩き出す。道はほぼ平坦だが大きな石があるため歩きにくい(大荷物のせいもあったが)。『横通岳』の巻道を過ぎた所で、防寒具を脱ぎ半袖・半ズボンに戻る。小さな残雪を過ぎ登り下りを1度ずつ行った後は『常念小屋』までひたすら下る。ここから先は『常念岳』山頂まで登り一辺倒。急坂なため面白いように高度は稼げるが岩屑道で結構苦労した。ペンキの→や○を辿るうちに緩やかな坂になれば山頂まで20分ぐらい(実際はもっと早い)。山頂は意外と狭く(槍ヶ岳よりも狭い)写真を撮るのに一苦労。
 槍~穂高の眺めを右手にしながら岩礫帯を下る。技術的には優しく、たまに出てくる岩屑の中にコマクサが咲いているのが妙に嬉しく感じられる道をとにかく進む。森林限界まで高度を下げ、再度森林限界を超えるようになると『蝶槍』の山頂は近い。ここから先の様子が見えるが『蝶が岳山荘』までは以外と遠い。『蝶が岳』の頂上は山荘の裏手10分も歩けば十分。本日最後の展望を心ゆくまで堪能した後、次の目的地に向かって歩く。
 しかしここで大失敗。本来は『大滝山荘』に向かわなければならなかったのに、何をトチ狂ったのか『徳沢』に向かってしまった。間違いに気づいたのは『長塀山』についた時。引き返そうかとも考えたが荷物の重さに嫌気がさしてきたので、そのまま下山。緩やかだが展望の利かない道は死ぬほどに退屈。更に所々、階段が設けられているので歩きにくいことこの上なし。『梓川』のせせらぎ音が聞こえ始めて30分ぐらい、やっと『徳沢園』の屋根が見えてきた。荷物を置きテント泊の受付を済ませても暫くは動く気も起きなかった。ちなみに『徳沢ロッジ』に行けば600円で入浴ができる。16:30~20:30(受付は19:30迄)
7/22 8:30には『上高地』に着くため6:00出発。高校以来何度か通った道なので景色は見慣れているが、綺麗なものは何度見ても綺麗。予定より早く『明神』に到着。更に本来下山してくるはずであった『徳本峠』の分岐点を過ぎて『河童橋』に着いたのは7:30。『小梨平』のキャンプ場では3頭のニホンザルを見た。目を合わさないように注意して写真撮影。「時間つぶしをどうしよう」と悩みつつバス停まで行くと8:00出発のバスがあると判明。迷わず整理券と乗車券を購入した。
 去年は雨で敗退。今年は道を間違えて敗退。常念山脈は相性が悪いコースだが、完全踏破は来年の楽しみにとっておくことにする

登山中の画像
登山画像
見ての通り
登山画像
この大きさで500円1/8サイズで800円
登山画像
今回のベストショット
登山画像
蝶槍の山頂で
登山画像
上が切れているが間違いなく蝶が岳山頂
登山画像
残念ながら稜線上の写真はこれで終わり
登山画像
小梨平の近くで撮影
登山画像
河童橋にて
登山画像
河童橋にて2
登山画像
河童橋
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 低周波治療器
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    先日の雨の影響が残っているので、稜線ではスリップ事故にご注意ください
    20年02月24日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ