登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
登り納めは雲取山 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

dora さん

この登山記録の行程

【1日目】
鴨沢(09:20)・・・小袖乗越(09:50)・・・堂所[休憩 30分](11:30)・・・ブナ坂[休憩 10分](13:35)・・・雲取奥多摩小屋[休憩 10分](14:15)・・・小雲取山・・・雲取山[休憩 10分](15:15)・・・雲取山荘(15:45)

【2日目】
雲取山荘(06:00)・・・雲取山[休憩 30分](06:30)・・・小雲取山(07:20)・・・富田新道入口(野陣尾根取付)・・・大ダワ林道分岐[休憩 10分](09:55)・・・八丁橋・・・小川谷橋・・・東日原(11:40)

総距離 約25.8km 累積標高差 上り:約2,642m
下り:約2,570m
コースタイム 標準:10時間10分
自己:10時間25分
コースタイム倍率 1.02
2016年の登り納めは雲取山。鴨沢から雲取山を目指す。小袖乗越から本格的な登山道に入り、堂所までは比較的緩やかな傾斜の登山道が続く。堂所でお昼ご飯を食べ小休止。あとの祭りだが、堂所の標識から少し登った地点に広い平らな場所があり、ここで休憩すれば良かった。堂所を過ぎると七ツ石の分岐まで徐々に急登となる。七ツ石の分岐からブナ坂への巻道を進む。ブナ坂から奥多摩小屋へは防火帯の登山道を進む。例年に比べ温かいため、所々で泥沼になっている。奥多摩小屋で小休止し、小雲取直下の急登に備える。距離は短いが、小雲取までの急登はキツイ。登りきると山頂の避難小屋が見えてくる。2年振りに山頂に立ったが、新しい石の標識が立ち、別の標識もお目見えするようだ。(1月1日に除幕式が行われるようだ)南アルプスなどを眺めながら暫し休憩を取る。雲取山荘に入り、明日のご来光に備え早目に就寝。
翌日の早朝に山頂目指して登るも、雲っていてご来光は望めず、小雪が降って来たので下山開始。富田新道から東日原に下りる。下り始めは緩やかで歩き易いが、徐々に傾斜が急になってくる。落ち葉が登山道を覆い滑り易く、浮石や木の根が見えないので注意しながら下る。この時期は落ち葉が登山道を覆い踏み跡が不明瞭でマークを見落とさないように慎重に下る。大ダワ林道分岐から東日原までは、林道経て一般道を延々と歩くことになる。11時のバスに間に合うように急いだが、結局10分の差でバスに乗れず、バス停で2時間待機。この時期はお勧めできないが、秋は紅葉を楽しむことが出来そうなコースだ。
雪が積もっていなかったのは少々残念ではあったが、楽しい登り納めとなった。

登山中の画像
  • 鴨沢バス停から雲取山を目指す
  • 歩き始めはコンクリートの登山道
  • ここから本格的な登山道に入る
  • 堂所までは傾斜が緩やかな登山道が続く
  • 堂所から少し登るとゆっくり休憩できる場所がある
  • 堂所を過ぎると富士山が見えてくる
  • 徐々に傾斜がきつくなる
  • ブナ坂へ進む
  • 途中、頼りない橋を渡る
  • ブナ坂に到着
  • ブナ坂から奥多摩小屋への登山道は泥濘が多い
  • 石を並べたカップルに幸あれ
  • 徐々に岩が出てきた
  • 奥多摩小屋に到着
  • 巻道を通って小雲取へ向かう
  • ここから小雲取まで急登が続く
  • 登り切れば小雲取
  • 避難小屋が見えた...もう一息
  • 標高2,017m雲取山に到着
  • 霧氷
  • 霧氷を眺めながら大クビレ尾根へ向かう
  • 東日原方面へ向かう
  • 笹の中を歩く
  • 野陣ノ頭を過ぎると急斜面が始まる
  • 落ち葉で覆われた登山道
  • ブナ坂方面は崩落で登れない
  • かなり揺れるつり橋
  • 林道分岐着
  • 東日原まで林道と一般道を歩く
  • 林道点に到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

doraさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    川苔山でヤマツツジが咲いています。雨後濡れた木橋は滑るので注意。気温差あり雨具の用意も
    19年06月14日(金)
    七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    「千本ツツジ」のツツジは満開となっています。梅雨入りして、雨降りが多くなってきました
    19年06月12日(水)
  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    まだ寒い日もあります。寒さに対応できる服装の準備を! 6月15日は恒例の「田部祭」です
    19年06月11日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dora さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...