登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
登り納めは雲取山 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

dora さん

この登山記録の行程

【1日目】
鴨沢(09:20)・・・小袖乗越(09:50)・・・堂所[休憩 30分](11:30)・・・ブナ坂[休憩 10分](13:35)・・・雲取奥多摩小屋[休憩 10分](14:15)・・・小雲取山・・・雲取山[休憩 10分](15:15)・・・雲取山荘(15:45)

【2日目】
雲取山荘(06:00)・・・雲取山[休憩 30分](06:30)・・・小雲取山(07:20)・・・富田新道入口(野陣尾根取付)・・・大ダワ林道分岐[休憩 10分](09:55)・・・八丁橋・・・小川谷橋・・・東日原(11:40)

総距離 約25.8km 累積標高差 上り:約2,642m
下り:約2,570m
コースタイム 標準:10時間10分
自己:10時間25分
コースタイム倍率 1.02
2016年の登り納めは雲取山。鴨沢から雲取山を目指す。小袖乗越から本格的な登山道に入り、堂所までは比較的緩やかな傾斜の登山道が続く。堂所でお昼ご飯を食べ小休止。あとの祭りだが、堂所の標識から少し登った地点に広い平らな場所があり、ここで休憩すれば良かった。堂所を過ぎると七ツ石の分岐まで徐々に急登となる。七ツ石の分岐からブナ坂への巻道を進む。ブナ坂から奥多摩小屋へは防火帯の登山道を進む。例年に比べ温かいため、所々で泥沼になっている。奥多摩小屋で小休止し、小雲取直下の急登に備える。距離は短いが、小雲取までの急登はキツイ。登りきると山頂の避難小屋が見えてくる。2年振りに山頂に立ったが、新しい石の標識が立ち、別の標識もお目見えするようだ。(1月1日に除幕式が行われるようだ)南アルプスなどを眺めながら暫し休憩を取る。雲取山荘に入り、明日のご来光に備え早目に就寝。
翌日の早朝に山頂目指して登るも、雲っていてご来光は望めず、小雪が降って来たので下山開始。富田新道から東日原に下りる。下り始めは緩やかで歩き易いが、徐々に傾斜が急になってくる。落ち葉が登山道を覆い滑り易く、浮石や木の根が見えないので注意しながら下る。この時期は落ち葉が登山道を覆い踏み跡が不明瞭でマークを見落とさないように慎重に下る。大ダワ林道分岐から東日原までは、林道経て一般道を延々と歩くことになる。11時のバスに間に合うように急いだが、結局10分の差でバスに乗れず、バス停で2時間待機。この時期はお勧めできないが、秋は紅葉を楽しむことが出来そうなコースだ。
雪が積もっていなかったのは少々残念ではあったが、楽しい登り納めとなった。

登山中の画像
  • 鴨沢バス停から雲取山を目指す
  • 歩き始めはコンクリートの登山道
  • ここから本格的な登山道に入る
  • 堂所までは傾斜が緩やかな登山道が続く
  • 堂所から少し登るとゆっくり休憩できる場所がある
  • 堂所を過ぎると富士山が見えてくる
  • 徐々に傾斜がきつくなる
  • ブナ坂へ進む
  • 途中、頼りない橋を渡る
  • ブナ坂に到着
  • ブナ坂から奥多摩小屋への登山道は泥濘が多い
  • 石を並べたカップルに幸あれ
  • 徐々に岩が出てきた
  • 奥多摩小屋に到着
  • 巻道を通って小雲取へ向かう
  • ここから小雲取まで急登が続く
  • 登り切れば小雲取
  • 避難小屋が見えた...もう一息
  • 標高2,017m雲取山に到着
  • 霧氷
  • 霧氷を眺めながら大クビレ尾根へ向かう
  • 東日原方面へ向かう
  • 笹の中を歩く
  • 野陣ノ頭を過ぎると急斜面が始まる
  • 落ち葉で覆われた登山道
  • ブナ坂方面は崩落で登れない
  • かなり揺れるつり橋
  • 林道分岐着
  • 東日原まで林道と一般道を歩く
  • 林道点に到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

doraさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    鴨沢~七ツ石は、倒木などありますが通行可能です。崩壊箇所もありますので、十分な注意の上で入山を
    19年10月16日(水)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    山頂付近は台風の強風で葉が落ちてしまいました。二瀬ダムから三峯神社間は現在通行止めになっています
    19年10月15日(火)
  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    秋の気配も感じますが、登山には暑い日もあります。雨具と長袖一枚は必ず用意。日没時間に注意
    19年10月03日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dora さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年10月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!