登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
冬の蓼科山で初日の出! 蓼科山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

山野けいすけ さん
  • 日程

    2016年12月31日(土)~2017年1月1日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:高速 諏訪南ICから、県道425号線経由八ヶ岳エコーライン。
    国道299号からビーナスライン(県道192号線)
    【女神茶屋前駐車場 マップコード:218 889 662】

  • 天候

    1日目:晴れ 2日目:深夜・快晴、日の出直前:晴れ、日の出:ガスガス
    [2016年12月31日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
女ノ神茶屋・蓼科山登山口08:04 09:17標高2110m標識09:24 09:35幸徳平09:36 11:00蓼科山 11:06蓼科山頂ヒュッテ 11:09蓼科山 11:17蓼科神社奥宮11:18 11:18蓼科山

【2日目】
蓼科山頂ヒュッテ07:01 07:02蓼科山 07:44幸徳平 07:50標高2110m標識 08:29女ノ神茶屋・蓼科山登山口

初日の出をどこかで見たいと思っていた所、丁度山友のレコで蓼科山に登り納めをした記録を見て。以前見た広い山頂で日の出なんて最高じゃないか!と、行って来ました。
深夜3時半頃に駐車場に到着、この時点での車は6台ほど。仮眠しようかとも思いましたが、車に常備しているエスケィプビィビィを前回使ったまま仕舞い忘れていたので、イスカのウォームアップシーツを羽織り横になり、ゆっくり朝食を食べながらスタートすると、もう駐車場は8割方埋まっていました。

最初は笹に囲まれたゆったりとした道ですが、久々の雪に心が高鳴るそのうちに、岩場の含んだ登りに。
七合目登山口から登った時も、このような景色があった気がしてなんとなく懐かしくなる。
標高2110でひとまず休憩、山と高原地図的にはここから急登で、2350あたりから森林限界らしいので、雪上幕営できるポイントを探しつつ登ると、あっという間に幸徳平に。
幸徳平は暫く平坦な道が続くので、再びの登り始めの前にゲイターの下にカッパ下を、ベースレイヤーの上にフリースを羽織りましたが。結局以前来た時のように激風では無かったので、今回の山行は全体的にあまり寒さは感じなかったです。幸徳平からは激登り。あっという間に森林限界を超えると、岩場にある黄色ペンキの通り迂回すればすぐに蓼科山頂ヒュッテと頂上へ。滅茶滅茶いい天気で、前回登頂の際にあまり良く見えなかった周辺の景色を記念撮影。
雪! 広大な山頂! 天気! 鳥居! と、非日常的な景色にテンションが上がりました。
昼飯を食べた後に幕営地を探し、14時頃に最後の登山者に挨拶した後この日は就寝。
全体的に風の少ない日だったので、森林限界手前あたりでも夜はほぼ無風でした・・・。(ただ棒ペグ自動車に忘れて、結局予備で準備していたコンビニ袋でスノーアンカー作ったりとバタバタしていました)

日暮れ後は、『ソーラーパフ クールブライト』を野外初使用。
現行モデルは、照射面に布の持ち手、ソーラーパネル面にビニールの持ち手があるので、どちらにも引っ掛けられるよう簡易カラビナを準備すれば一応使えますが。ファミキャンでなく山行で使う場合は細かな不満点が出てきます。
いくら本体が軽いにせよ、それをザックにつる下げて歩くと、折り紙の紙風船を膨らませる前のように六角形に畳んだソーラーパフが開いたり閉じたりして、なんとも気持ちが悪い感じになっていたので、事前に準備していたマジックテープ(ベルクロ)にて調整しました。とりあえず見た目的には背面に設置したくなりますが、多分トップリッドの天頂部分に括り付けるのが正解。使ったのは、トラスコ中山の「マジックバンド結束テープ」と「マジックバンド 超薄型」。最初は超薄型だけで十分かと思いましたが、5センチ方で輪を作るのは超薄型はニガテなので、20センチの超薄型と、5センチの結束テープを準備しておくと。幕の上にあるループや避難小屋の窓、また外の柵等に吊るして充電などと、どんな状況にも対応できます。
光自体は意外と明るくこれ一本で幕内の照明は賄える位でしたが、強いて言うなら「弱」「強」「点滅」でなく、「強」「弱」「照度が徐々に落ち1分後消灯」と折り畳み時に折った形で固定できる透明ベルクロの付いた登山モデルがあれば神なのですが・・・。ちなみにコンパクトボディは当然寒さには弱く、事前にフル充電していた筈なの4時間程度で消えてしまいました。(零下10度で照度が徐々に落ちてでは無く、急に消えたので、もしかしたら低電圧なだけかもですが)

   ***************************************

翌日は頂上に6時には到着していましたが、既に30人位の登山者が居ました。
話を聞いてみると3時頃には登り始めたとのこと、あの登りをカモシカ山行とか凄いなぁ・・・。見るとツエルトなどを活用したり、雪で埋まったトイレの窪みに避難したりと様々な姿が見えたのが特別な感じでした(笑)
しかし日の出30分前から、快晴からガスガスに・・・。
暫く待ちましたが、天気の回復が見込めなかったので、そのまま下山しました。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、スノーシュー、スコップ、プローブ・ゾンデ、ビーコン、バイル、ゴーグル、ザイル、ロープ、8環・ATC、カラビナ、環付きカラビナ、クイックドロー、ビレイデバイス(確保器)、スリング(シュリンゲ)、ハンマー、ピトン、ハーケン、ハーネス、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山野けいすけさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    オーレン小屋周辺にウスギオウレン、横岳にツクモグサが開花しています
    19年05月27日(月)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    降雨の影響で雪がだいぶ融けました。主稜線の注意箇所には残雪がありスリップ対策の装備が必要です
    19年05月24日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    ヒュッテまでの樹林帯はまだ雪が残っています。草木の芽吹きはもう少し先です
    19年05月23日(木)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅付近ではカラマツの新緑が始まりましたが、坪庭から北横岳山頂までの6割程度が氷雪路です
    19年05月20日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山野けいすけ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年5月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...