このエントリーをはてなブックマークに追加

栃尾又温泉自在館でぬる湯に浸かり、越後駒ヶ岳で紅葉登山を楽しむ

ひとり温泉登山
その他 2020年09月29日

ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第9回は紅葉の越後駒ヶ岳登山前に、栃尾又温泉でぬる湯にじっくり浸りました。

写真・文=月山もも

紅葉シーズンがスタートする9月下旬頃、新潟県の越後駒ヶ岳に登りました。
駒の湯登山口から登り始めて急坂の登山道を3時間半ほど登り、稜線に出ます。このあたりはまだ色づき始めというところで「まだ紅葉には少し早かったかな」と思いつつ歩いていきます。

この日は山頂直下の避難小屋・駒ノ小屋に宿泊したのですが、小屋を越えて山頂に向かう途中あたりは、ちょうどいい具合に色づいていていました。今年最初の紅葉を目に焼き付けます。

また、翌日の朝は小屋の前でご来光と雲海を眺めることができました。紅葉の盛りの頃は、避難小屋もかなり混雑するとのことで、ちょうどいいタイミングで来れたのかもしれませんね。2020年は特にですが、混雑期は可能な限り、日帰りでの計画をおすすめします。

実は、越後駒ヶ岳は公共交通機関利用のハイカーにとって、アクセスの難易度が高めの山です。このとき私は、ぬる湯のラジウム温泉で名高い栃尾又温泉自在館に前泊し、宿から1時間ほど歩いたところにある駒ノ湯登山口から登り始めました。

宿泊したのは日当たりのいい和室で、チェックイン時から布団が敷かれていました。

自在館には1人泊専用の部屋が何室かあるため、休前日や連休でも1人で泊まれるのがありがたいです。

栃尾又温泉には3軒の宿があり、大浴場は3軒のお客さんが共通して利用する「共同湯」のスタイルです。しかし、自在館には大浴場以外に、貸切で利用可能な浴室が3室あります。

時間帯で予約をして利用するのですが、どの浴室も広く清潔で、1人で占領するのが申し訳ないほど!しかも、共同湯のぬる湯とは異なる、やや高温の源泉が楽しめるのです。

貸切風呂のうち1室は露天風呂で、緑の木々に囲まれて爽やかな湯浴みを楽しめました。もう少し季節が進めば、露天風呂からも紅葉を眺められそうですね。

夕食前に大浴場にも入りに行きます。大浴場は「したの湯」「うえの湯」「おくの湯」と3つあり、時間帯によって男湯女湯が入れ替わるのですが、このとき女湯になっていたのは「おくの湯」でした。

写真=自在館

「おくの湯」は3つの中で一番新しい浴室です。広い浴槽は無色透明な、36度程度の人肌のぬる湯で満たされています。

泉質は「単純放射能温泉」で、温泉や湯気の中に含まれるラドンが免疫力をアップすると言われているそうです。ぬる湯に静かに体を沈めると、最初は冷たく感じるのですが、じわじわと体が温まってきていつまでも入っていたくなってしまう、強いパワーの感じられる温泉です。結局1時間以上入ってしまいました。

夕食は食事処でいただきます。1人客は他のお客さんの視線が気にならないよう、窓側の席に案内していただけるのがありがたいです。

1合で注文できる日本酒が10種類近くあるのもうれしいポイント。「緑川」という魚沼市内の酒蔵の純米酒を注文しました。

夕食は「一汁六菜コース」と「一汁四菜コース」がありますが、登山の前後ならもちろん一汁六菜コースでしょう!

ニジマスの刺身に岩魚の塩焼きと、山の宿らしい川魚料理に日本酒がすすみます。岩魚は、2時間以上かけてじっくり焼いているそうで、骨も頭も丸ごと食べられます。

鮭のみぞれ煮は、付け合わせの野菜や山菜もおいしく、鍋は鴨鍋!

デザートは手作りのほうじ茶プリンとぶどうと梨。すっかり満たされて、お風呂に入る余裕もなく早寝してしまいました。

翌日は朝一番に、女湯となった「したの湯」で朝風呂をいただきます。

「したの湯」は地下にあるため、長い階段を下っていくのですが、この階段が異世界につながっていそうな独特の雰囲気があるので気に入っています。

たどり着いた「したの湯」も、なにか神秘的なものを感じさせる浴室です。

写真=自在館

栃尾又温泉の3つの共同湯は「霊泉の湯」と呼ばれるそうなのですが、「したの湯」は特に「霊泉」という呼び名がぴったりくると思います。朝日が差し込む時間帯は特に風情があるので、早起きして入りにいくのがおすすめです。

朝風呂のあとは食事処で、外の緑を眺めながら、品数豊富な朝食をいただきます。

大粒のラジウム納豆と生卵もあり、魚沼産コシヒカリのおいしいご飯を何杯もおかわりしたくなりました。

登山前の宿泊はどうしても慌ただしくなってしまうので、次回は一汁四菜コースで連泊して楽しむのもいいなと、計画を練っているところです。

 

(取材日=2019年9月下旬)

*掲載情報は、取材時の内容です。

自在館

料金:1泊2食付き/1室1名9800円~、1室2名8800円~(シーズン、部屋等により変動あり)
住所:〒946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉
電話:025-795-2511
HP:https://www.jizaikan.jp/

 

温泉 記録・ルポ
教えてくれた人

月山もも

山と温泉を愛する女一人旅ブロガー。山麓の温泉宿を一人で巡るうちに「歩いてしか行けない温泉宿」に憧れを抱き、2011年から登山を始める。ゆるハイクから雪山登山まで、テントも一人で担ぐ単独登山女子。 ブログ「山と温泉のきろく」https://www.yamaonsen.com/に、温泉と登山のすばらしさについて綴っている。山と温泉に魅せられる人を増やすことが、人生のよろこび。著書に『ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山』(KADOKAWA)

同じテーマの記事
安達太良山で「ほんとの空」のした雪山を歩き、岳温泉扇やであだたらの湯を満喫する
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第14回は安達太良山を日帰りで登り、岳温泉へ。
雪の九重山に登り、別府明礬温泉岡本屋旅館で青磁色の湯に浸かる
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第13回は雪の九重山を登り、下山後は別府温泉へ
青空の下、雪の天狗岳に登った後は唐沢鉱泉でジビエ料理に舌鼓
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第12回は冬の八ヶ岳に登り、下山後は唐沢鉱泉でぬくぬくと過ごす旅へ。
笛吹川のほとりの鄙びた温泉宿・一之橋館に泊まり、晩秋の乾徳山で巨岩、奇岩とたわむれる
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第11回は岩場が人気の乾徳山を目指して、山麓の宿で笛吹川のせせらぎを聞きながらゆっくり前泊。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。