このエントリーをはてなブックマークに追加

男鹿山塊の名峰・日留賀岳。ブナの原生林の紅葉と、開放感あふれる展望を満喫する山

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年10月14日

那須岳から鬼怒沼山へと続く栃木県と福島県の県境付近は、人の訪れることもまれな山々が連なっている。男鹿山塊とよばれるこの山域で、ハッキリとした登山道がついている数少ない山の一つが日留賀岳。豊かな自然が残り、味わい深い登山を楽しめる山で、深まる秋を楽しんでみよう。

 

栃木県と福島県の県境に、深い森に覆われた山並みを連ねる、男鹿山塊というエリアをご存知でしょうか? 東は那須連山、南は塩原温泉郷、西から北にかけては会津鉄道に囲まれた広い山域なのですが、登山者はごく少ない不遇のエリアです。

登山者が少ない理由は、ほとんど登山道がないためです。日本三百名山に選ばれている、主峰の男鹿岳、最高峰の大佐飛山のどちらも道はなく、残雪期に雪を伝って山頂に立つ登山者がわずかにいる程度という山塊です。

例外が、今回紹介する、2番目に高い日留賀岳です。塩原の人々の信仰の対象となっていて、明瞭な登山道が山頂まで続いています。

“肩”から見上げた日留賀岳の山頂部。左手の尾根から登っていく


とは言え、決して多くの人が目指す山ではありません。秋が深まるこれからの季節、人気の山の喧騒を避けて、秘境感に満ちたこのような静かな山を訪ねるのも、趣きあるのではないでしょうか?

日留賀岳の登山口は、塩原温泉郷の中心部にある塩原温泉バスターミナルから、北西に4kmほど離れた白戸集落の小山さんという農家の敷地内にあります。

マイカー利用でアクセスするのが便利で、登山口には10台以上は停めることのできる駐車場が用意されています。公共交通機関利用の場合は、東北新幹線の那須塩原駅か、東北本線の西那須野駅からバス約1時間で塩原温泉バスターミナルへ移動。そこからタクシー(約20分、約1,800円)で登山口へと向かいます。

公共交通機関の場合は、どの駅を利用しても日帰りは難しく、塩原温泉バスターミナル周辺の温泉宿に宿泊することになります。塩原温泉は古くから知られた温泉で、源泉が150もあり、泉質を選んでの入浴が楽しめます。前日に早めに到着して、登山に備えてゆっくりと入浴するプランがお勧めです。

翌朝は、できるだけ早めに宿を出て白戸集落の小山さん宅へ向かいます。注意が必要なのは、ここにはトイレがないことです。事前に済ませてから向かうようにしましょう。

なお、この小山さんの家には登山者名簿があり、入山前に住所と氏名を記入することになっています。また、詳細な手書きのコース図が用意されているので、ぜひいただいて参考にしつつ登りましょう。

小山さん宅の登山者名簿が入ったケース(左)と、貴重な情報が記されたコース図(右)

白戸集落小山家から日留賀岳を往復

行程:白戸集落小山家・・・シラン沢林道・・・林道終点広場・・・自然木の鳥居・・・肩・・・日留賀岳(約7時間20分)

⇒登山ルートを確認する

 

ブナの紅葉を楽しみながら、開放感ある展望の山頂へ

小山さん宅右手の鳥居を潜り、祠の脇を登って尾根に出たら左へ。次第に急になる尾根を進むと、送電鉄塔の先でシラン沢林道に合流します。ここを右に進み、30分ほど歩いて林道終点の広場へ。その左手の登り口から、本格的な登山が始まります。

しばらくはなだらかな斜面を進み、やがて折り返すように右に登って大きなブナの木が枝を広げる尾根へ。傾斜は急ですが、紅葉や変わったキノコなどを目にすることができるので、あまり苦にならずに登れるでしょう。

やがて傾斜が緩んだところに立ち並ぶ針葉樹がアスナロの木です。その辺りで右手を見ると、樹々の合間から山頂方面を見渡すことができます。

ブナ林の中に続く急登区間(左)と、アスナロ林から遠望した山頂部(右)


やがて現れる、自然木を利用して作られた2つ並んだ鳥居は、このコース上の数少ないランドマークです。あまり目立たないので見逃しがちですが、しっかりとチェックしましょう。周囲は平坦なので、休憩にも最適です。

そこから一旦下り、鞍部からは尾根の左寄りを登ると、左に小さな霊神碑が現れます。さらに小さな金属の鳥居を見た先が尾根の合流点で、そのすぐ先で山頂部を見上げる肩に出ます。

うっかりと見落としてしまいそうな自然木の鳥居(左)と、その付近の紅葉の様子(右)


肩からは、木の根が多い急登をひと登りで山頂です。思いのほか広い山頂には二等三角点が設置され、日留賀嶽神社の石祠が祭られています。

展望も抜群で、男鹿山塊だけでなく、南会津や帝釈山地など、遠くまで山々が連なっていて圧巻です。おそらく多くの人にとって、普段はあまり目にしない山々ではないかと思います。有名山域以外で、これほどたくさんの山を展望できることに、驚きを感じるのではないでしょうか。

日留賀岳頂上から見た南会津の名峰・七ヶ岳。右手前は登山道のない貝鳴山


下山は往路を引き返します。来た道なので不安は少ないでしょうが、コース上に標識はないので、暗くなってしまうと道迷いの可能性が高まります。行程に余裕を持つと同時に、ヘッドランプも忘れずに持参しましょう。

登山用GPSや登山用のスマートフォンアプリを活用して、現在位置を把握しつつ行動するのが確実です。

なお、無事に下山したら、小山さんに一声かけておくとよいでしょう。

 

同じテーマの記事
秋の日光で紅葉の中禅寺湖畔散策と半月山からの絶景を堪能
紅葉の名所として観光客にも人気の日光。紅葉の男体山と青く輝く中禅寺湖の絶景を堪能しました。
頸城山塊・雨飾山 色づき始めた荒菅沢奥壁の紅葉と岩峰を楽しむ
妙高山、火打山が連なる頸城(くびき)山塊の西端にそびえる雨飾山。荒菅沢奥壁の岩壁「布団菱」を彩る紅葉が素晴らしい。
極彩色の紅葉大パノラマ 酸ヶ湯温泉から八甲田大岳、毛無岱を巡る
四季を通じて登山者を魅了する八甲田山は、中でも紅葉の美しさで有名です。八甲田大岳を登り、黄金の草紅葉が輝く湿原を散策します。
尾瀬・燧ヶ岳、9月下旬~10月初旬、登山道中に点在する湿原や見下ろす尾瀬ヶ原は草紅葉に染まる
東北地方の最高峰で、尾瀬のシンボル的な山でもある燧ヶ岳。9月下旬から10月初旬、登山道中に点在する湿原は草紅葉で色づき、見下ろす尾瀬ヶ原は秋錦の絨毯のように輝く。尾瀬の秋を堪能できる燧ヶ岳を縦走する山旅を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。