このエントリーをはてなブックマークに追加

笛吹川のほとりの鄙びた温泉宿・一之橋館に泊まり、晩秋の乾徳山で巨岩、奇岩とたわむれる

ひとり温泉登山
ガイド・記録 2020年11月27日

ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第11回は岩場が人気の乾徳山を目指して、山麓の宿で笛吹川のせせらぎを聞きながらゆっくり前泊。

写真・文=月山もも

山梨県山梨市にある標高2031mの山、乾徳山は、山頂直下の垂直な岩壁をはじめとした、巨岩・奇岩を楽しめる人気の山です。
奥秩父の山の中では雪が積もるのがやや遅いこともあり、晩秋まで多くの登山者で賑わっています。

登山口から2時間ほどは樹林帯を登ると、扇平と呼ばれる開けた場所に出ました。
ここから山頂までは1時間ほどかかりますが、その間は「髪剃岩(かみそりいわ)」と呼ばれる、狭い隙間に挟まれてしまいそうな奇岩や、鎖場、梯子が連続して現れます。

そして最後には、20m以上はありそうな垂直な岩を、鎖を頼りに登っていく核心部分を乗り越え、頂上へ!

山頂からは富士山の姿が。晩秋らしい澄んだ空気のせいか、くっきりと美しく見えました。甲府盆地を見下ろす絶景をしばし楽しんだ後に、下山します。山頂直下の岩場には巻き道もありますので、下りは巻き道を下りて、元来た道を戻ります。

乾徳山の登山口までは、中央線の「塩山駅」と「山梨市駅」からバスの運行があり、公共交通機関利用でも登山は可能です。ただし、休日は岩場や鎖場で渋滞が起こりやすいため、思った以上に時間がかかってしまい、朝一番のバスで来たとしてもあまり余裕を持って登れないのが悩ましいなと思っていました。

そこで今回は、乾徳山の登山口に近い温泉宿「一之橋館」に前泊して、始発のバスよりも早いタイミングで登り始めることにしたのです。

一之橋館は、笛吹川のほとりにある家庭的な雰囲気の宿です。
登山前日の午後にバスでおとずれ、チェックイン。お部屋で女将さんにお茶を煎れていただきました。

今回宿泊したお部屋は「新館」にありました。ウォシュレット付きのトイレもあって設備の整ったお部屋です。

窓の外からは笛吹川の流れる音が聞こえ、縁側からは渓流を眺めることができます。
お茶をいただいて一休みした後はお風呂へ向かうことに。

一之橋館の温泉は「一之橋温泉」と言い、地下を掘って汲み上げた温泉ではなく「自然湧出」している貴重な源泉です。

泉温が25度と低いので加温していますが、アルカリ性の源泉でつるつる感があります。
また、浴室にいても渓流の音が聞こえ、湯に浸かりながらも天然のヒーリング音で癒やされました。

温泉で体が温まった後は夕食の時間です。

食事処でいただきましたが、他のお客さんがいる場所とは障子で区切ってあり、個室状態となっていました。一人でも人目を気にすることなくのんびりと、テレビを見ながら食べられるのはうれしいですね。

山梨の代表的な地酒「七賢」を1合注文し、熱燗でいただきます。

お刺身は山の宿らしく、サーモン、馬刺し、鴨の3点盛りです。馬刺しで熱燗がすすみます。

天ぷらもボリュームがあり、からりと揚がっていて大変おいしいです。

鍋の中身がなんだか気になって蓋を開けてみると……すき焼き!量もたっぷりです。

じっくりと煮込んで、卵をつけていただきます。
すき焼きを食べ始めるころに熱燗を飲み終わってしまい、もう少し飲みたいけれど明日は朝から登山だし、ご飯をいただこう!とお願いすると……なんと締めのご飯が栗ご飯でした。

おひつに入った状態で提供され、おいしそうなお焦げもついていたので、お腹いっぱいなのにおかわりまでしてしまいました。登山の前日だからたくさん食べても大丈夫でしょう!

翌日の朝食も同じ食事処でいただきます。登山の予定があるため、通常よりも早めの時間で用意していただきました。

芋のにっころがし、ナスの焼き浸し、マカロニサラダ、焼き鮭、具だくさんの味噌汁など、家庭的なおかずがずらりと並ぶのがうれしいですね。
鍋の蓋を取ると、中はハムエッグとキャベツが。バターの香りがふんわりと漂い、醤油を一たらしすると、ご飯がすすむおかずになりました。

朝食の後は、宿のご主人の車で登山口まで送っていただきました。
登山口までタクシーで行くつもりだったのですが、ご好意で送っていただけて本当にありがたかったです。
乾徳山や甲武信岳、金峰山などに登る際の前泊で利用されることが多い宿ですので、朝食の時間を早めていただいたり、朝食をお弁当に変えていただくことも可能です。混雑を避けて登山をするために、こういった登山口近くの宿を、これからも活用していきたいなと思いました。

 

*紹介した温泉、食事、施設サービスは2020年10月下旬取材時の内容です。

一之橋館

料金:1泊2食付き/1室1名8000円~(シーズン、部屋等により変動あり)
住所:〒404-0202 山梨県山梨市三富上柚木883
電話:0553-39-2331
HP:http://fruits.jp/~ichinohashi/

 

温泉 記録・ルポ
教えてくれた人

月山もも

山と温泉を愛する女一人旅ブロガー。山麓の温泉宿を一人で巡るうちに「歩いてしか行けない温泉宿」に憧れを抱き、2011年から登山を始める。ゆるハイクから雪山登山まで、テントも一人で担ぐ単独登山女子。 ブログ「山と温泉のきろく」https://www.yamaonsen.com/に、温泉と登山のすばらしさについて綴っている。山と温泉に魅せられる人を増やすことが、人生のよろこび。

同じテーマの記事
青空の下、雪の天狗岳に登った後は唐沢鉱泉でジビエ料理に舌鼓
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第12回は冬の八ヶ岳に登り、下山後は唐沢鉱泉でぬくぬくと過ごす旅へ。
三峯神社から紅葉の雲取山に登った後は、秩父七湯新木鉱泉の掘りごたつで地酒を堪能
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第10回は紅葉の雲取山へ登り、秩父の歴史ある温泉宿へ。
栃尾又温泉自在館でぬる湯に浸かり、越後駒ヶ岳で紅葉登山を楽しむ
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第9回は紅葉の越後駒ヶ岳登山前に、栃尾又温泉でぬる湯にじっくり浸りました。
夏の終わりの至仏山に登り、群馬県上牧温泉大峰館で温泉・地酒・地ビールを楽しむ
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第8回は至仏山の下山後にくつろぎたい上牧温泉。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2021年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...