このエントリーをはてなブックマークに追加

オープン目前の「みちのく潮風トレイル」を歩く。連載第2回「トレイルに携わる人たちの思いを聞く」

みちのく潮風トレイルを歩く LONGTRAIL HIKER 齋藤正史
ガイド・記録 2019年06月13日

東日本大震災で被災した沿岸部をつなぐ「みちのく潮風トレイル」がオープンした。国内でのロングトレイルの提唱者として活躍された、作家の故・加藤則芳さんが、密かに夢見ていたトレイルが被災によって動き出した。 生前の加藤さんと親交があり、自らも世界各地のロングトレイルを歩き、普及に努める齋藤正史さんが、オープン前のみちのく潮風トレイルで関係者を訪ねて回った。レポート第2弾は、各地のトレイル関係者から聞いたみちのく潮風トレイルの魅力について紹介する。

ヤムナスカマウンテンツアーズの石塚体一さんと合流する前日、僕は一人、福島県相馬市にある松川浦環境公園を訪れた。みちのく潮風トレイルの南の起点がある場所だ。

唐桑半島の名所「八艘曳(はっそうびき)」

この場所を訪れたのは今回で2度目。1度目は、当時早稲田の大学生だった後藤駿介さんが「東北沿岸トレイル(当時のみちのく潮風トレイルの仮称)」の学生モニターとして歩いていた2013年だった。 後藤さんとは、釜石から南三陸町辺りまで一緒に歩き、その後、僕はいったん山形に戻り、また再度、塩釜辺りから合流して歩く予定だったが、2013年でも、宮城県閖上地区から南のエリアは、壊滅的な状況だったため、後藤さんは内陸部を歩き、僕は沿岸部を歩いた。

僕の目の前には、津波で流された家の基礎や、献花、漂う線香の匂い、そして工事車両が爆音をあげて震災の瓦礫を処分している姿しかなかった。被災前に使っていただろう生活用品が、工事車両で踏み固められている姿を見て僕は耐えられなかった。

沿岸部を一気に歩き、後藤さんより1日早く松川浦に着き、後藤さんの踏破式にも加わらず、そのまますぐに山形に帰った。しかし、どうやって帰ったか覚えていない。 こんな場所にトレイルを作るべきではないと強く感じたことだけは覚えている。あれから6年経ったが、このエリアのルートは、沿岸部ではなく内陸部の山域に作られている。

唐桑半島ビジターセンターの熊谷さん

トレイルの南の起点、松川浦環境公園を管理している事務局長の佐藤さんにお話を聞いた。「いまでは、どこが被災したかわからないほど相馬の町自体は復興しているよ」とおっしゃっていた。もちろん、トレイルの管理する方々は被災された地元の方が多い。「時々、外国の方がここに来るよ、ヨーロッパの人かな?」とおっしゃるので少し話し込んだ。

碁石海岸インフォメーションセンターの皆さん

僕がこれから八戸を目指して旅することを話すと、車でもいいから、スタッフを連れて八戸まで行き、各所のスタッフと話し、景色が見たいとおっしゃっていた。

今回の僕らの旅では、各地のトレイルの拠点を訪れることにしていた。みちのく潮風トレイルは、名取トレイルセンターがトレイルの本拠地になり、各地域に「サテライト」と呼ばれるビジターセンターがあり、ここで各地のトレイルを管理することになっている。

そこで、今回お会いできた、唐桑半島ビジターセンター、碁石海岸インフォメーションセンター、浄土ヶ浜ビジターセンター、種差海岸ビジターセンター、八戸市観光課、名取トレイルセンター、八戸、宮古の自然保護官事務所のレンジャー・アクティブレンジャーの方に、アンケート形式で同じ質問をぶつけてみた。

まず、環境省のレンジャー以外は、アクティブレンジャーも含めて概ね地元の方であった。震災の時も地元にいた方が多かった。中には、家族の助けとなるため、県外からUターンされた方もいた。みちのく潮風トレイルと同様、震災がきっかけになったのだろう。

浄土ヶ浜ビジターセンター佐々木さん(左)

次に、この「みちのく潮風トレイル」の業務に携わる前、トレイルの存在を知っていたかの問いに対しても、レンジャー以外の方のトレイル認知度は低く、いずれも業務を始めてから知るといった状況だった。業務に関わるか、アウトドアに興味がある以外の一般の方では、みちのく潮風トレイルがある三陸においても認知度が高いとは言えないのかもしれない。

宮古自然保護官事務所の福地さん

実際に、トレイル業務に携わってどう感じるかの問いに対しては、「地元の魅力を再発見することができた」「車の移動では気づけなかった地元の良さ、歩く度に色々な発見があり楽しい」という回答が、地元の方で構成されるインフォメーションセンターのスタッフに多かった。 今回の旅で多くの方に接する中で、自然の景色をおすすめされることが多かったことも、業務として携わり、歩く中でその魅力を感じたことの答えなのかもしれない。

八戸自然保護官事務所 友野さん

また、「トレイルの開通にあたりどのような期待がありますか?」という質問に対しては、業務でトレイルに関わられていることもあって、「多くの方に東北へ、三陸へお越しいただきたい」という意見が大部分を占めた。 きっと他の地域で聞いたなら、ピンポイントでその土地の地名が挙がると思うのだが、今回の皆さんは、「東北」「三陸」という大きなくくりで捉え、多くの方に来てほしいと感じている。自分の地元エリアだけでなく、被災地を一つのエリアとして捉えているところは、被災地でありトレイルで結ばれた地域特有なのかもしれない。

岩手県宮古市浄土ヶ浜

そして、アンケートの最後に、お住まいの地域のオススメを聞いてみた。そこには、観光雑誌やパンフレットに載りにくい情報を書かれた方が多く、驚いた。八戸エリアのアンケートを例にとると、八戸周辺では、とにかく芝生が気持ちいい。点在する漁港が魅力だ。蕪島から種差河岸までの風景展開など、固有名ではない、歩くからこそ感じられる「面」としての魅力が綴られていた。

種差海岸インフォメーションセンターの丹波さん

それは、地元に暮らす方々がトレイルに関わり歩くことで、象徴的な観光拠点ではない、「地域の文化や自然を含めたストーリー」が地域の魅力になっていることを実感しているのだろう。 各所のスタッフの方は、トレイルのマーカー設置やトレイルのメンテナンス作業などで、数多く歩かれ、地域の方々ともお話をしている。その中で、歩く文化について、トレイルについて、自然な形で体験しているのだ。

トレイルのマーカーとテープマーカー。地元の方によるメンテナンスが不可欠だ

僕自身も幾度となく訪れた三陸の地で色々な発見があった。

まず一番驚いたのは、出羽三山の信仰がこの地まで響いていたということである。月山神社、湯殿山神社などの名前をよく目にした。その昔、大漁祈願で、出羽三山から山伏が訪れることがあったそうだ。

青森県八戸市蕪島。トレイルの北の起点

もし、出羽三山の信仰が、この三陸の沿岸部に広く広まっていたとすれば、昔の人々は、南北に延びるこの「みちのく潮風トレイル」のルートのような道を歩き、出羽三山または、江戸、京を目指したのかもしれない。それが、現在は道路になり、一部が峠道として残っているのだろう。時には神社で野宿をして、お供え物を分けてもらい、宿場町で湯につかり、目的地を目指す。そんなトレイルに似た旅が昔の日本にもあったはずだ。

大船渡湾の日の出

ざっと訪ねて歩いた今回の旅で私が感じたこと、それは、まずは、観光地を巡る気持ちで、みちのく潮風トレイルの名取トレイルセンターやサテライト施設を訪れて欲しい、ということ。 初めての方でも、短時間で歩けるトレイルを歩いて、景色を見て、スタッフとお話していただけたら、「みちのく潮風トレイル」の魅力に触れることができるのではないかと思う。

全線オープンを目前のお忙しい中、アンケートにお答え頂いた関係者のみなさまに感謝したい。

***

次回は、石塚さんと実際に歩いた青森県の種差海岸から八戸・蕪島のトレイルのルポを掲載したい。

教えてくれた人

齋藤正史(さいとうまさふみ)

1973年、山形県新庄市出身。ロングトレイルハイカー。
2005年に、アパラチアン・トレイル(AT)を踏破。2012年にパシフィック・クレスト・トレイル(PCT)を踏破。2013年にコンチネンタル・ディバイド・トレイル(CDT)踏破し、ロングトレイルの「トリプルクラウン」を達成た。日本国内でロングトレイル文化の普及に務め、地元山形県にロングトレイルを整備するための活動も行っている。

同じテーマの記事
オープン目前の「みちのく潮風トレイル」を歩く。連載第3回「未来へ続くロングトレイルを、ハイカーとともに」
福島県北部から青森県の八戸付近までの全長700kmにも及ぶ「みちのく潮風トレイル」。ロングトレイルハイカーの齋藤正史さんが、カナダでトレッキングツアーを手がける石塚体一さんと見て回って感じたものとは…。連載最終回では、「みちのく潮風トレイル」への思い、日本のロングトレイルの未来を語った。
オープン目前の「みちのく潮風トレイル」を歩く。連載第1回「故・加藤則芳さんがつないだ奇跡」
東日本大震災から8年を経た今年、被災した沿岸部をつないだ「みちのく潮風トレイル」がオープンする。国内のロングトレイルの提唱者として活躍された、作家の故・加藤則芳氏の想いを振り返る。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年10月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!