このエントリーをはてなブックマークに追加

登山道・山岳景観の維持に待ったなし! 登山地の昨日・今日・明日と日本山岳遺産基金の役割

日本山岳遺産基金レポート
たしなみ 2019年08月01日

登山愛好者が安全に山を楽しみ、山からの自然を享受できているのは、山を守っている人々の活動なしには語れない。登山道の整備、希少植物の盗掘防止、自然環境教育など、日本各地でさまざまな活動がされている。日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために設立された日本山岳遺産基金は、こうした活動に支援を行っている。

 

山に登る際には、ほとんどの人が登山道を歩いているはずだ。ふだんは気に留めることは少ないが、その道に目を向けると、安全に歩けるようにさまざまな整備が行われていることに気づく。

急登には階段が整備され、木道が延々と続いている場所もある。また、本来は鬱蒼と茂るはずの草が刈払いされていたり、飛び出した枝が通りやすいように切られていたりもする。さらには、分岐点での道標や山頂の看板など、登山に行けばさまざまな整備が行われていることが確認できる。

また、安全面だけではない。高山植物自生地などの自然保護地域では、登山道以外に踏み入らないようにロープやネットが張られていることがある。湿原に木道が延々と敷かれているのも、自然保護が目的だ。山の美しい自然は、人によって守られている部分も少なくない。

★ 2019年度 日本山岳遺産基金認定地募集中!

登山道の整備、山岳環境保全の活動をする人々

 

こうした登山道の整備や環境保全活動は、当然、人の手によって作業されているが、「誰」が行っているのかご存じだろうか?

国立公園や国定公園に指定されているような山岳エリアや、北アルプスや富士山のように登山者が多く訪れるような登山地では、国や自治体が中心になり、また、周辺の山小屋のスタッフも積極的に整備を行っている。しかし、多くの山域では、地域の人々の懸命な努力によって成り立っているのである。

地域の人々とは、山岳会であったり、地元の企業であったり、NPOなどのボランティア団体であったりとさまざまだが、登山道などの維持に活動する人々の姿がある。こうした熱心な人々によって成り立っている活動も、厳しい現実にさらされている場合も少なくない。その原因の1つが、資金不足だ。

例えば登山道整備を行うためには、さまざまな資材・物品が必要になる。階段の丸太やロープなど、材料調達のコストはもちろん、これらの運搬や設置の経費はバカにならない。自然保護活動も同様だ。各所で外来種の植物の除去作業などが行われているが、その作業を支えるには、やはりさまざまな資金は必要となる。さらに、ボランティアといっても、人が集まって活動を支えるには、旅費・交通費、宿泊費、通信連絡費などもかかるものだ。

また、経済問題だけではない。参加する人の減少・高齢化も頭を痛めている。熱心に活動する人が減り、十分に山の保全活動が行われないままになっている場所も増えている。

こうした登山地の現実な問題を改善すべく、2010年に山と溪谷社は「日本山岳遺産基金」を設立した。次世代に伝えたい豊かな自然や文化を有する山岳エリアを「日本山岳遺産」と認定し、そのエリアにおいて活動をする団体に助成金の支給や各種活動の広報支援などを行っている。

 

 

2010年、愛媛県・石鎚山、山梨県・乙女高原、山梨県・小金沢シオジの森、山梨県・櫛形山の4箇所が日本山岳遺産として認定したのを皮切りに、2018年までに30箇所が選ばれ、基金の支援を受けている。

それぞれの活動に着目すると、どこも地域に根ざし、趣向を凝らしながら活動の環を広げるものばかりだ。各団体の活動については、日本山岳遺産のホームページにダイジェストで掲載しているが、さらに具体的な内容について、今後紹介していく。

 

2019年度 日本山岳遺産基金認定地募集中!

日本山岳遺産基金では、2019年度の日本山岳遺産の候補地と支援団体を募集しています。認定された支援団体には、活動費を助成します。2019年7月現在、全国30の山岳エリアを「日本山岳遺産」として認定し、合計1576万円を助成しています。

支援団体の条件

  • 法人格を有する団体。または、同程度に社会的な信頼を得ている任意団体。
  • 山岳環境保全などの活動を、特定の山岳エリアで3年以上行っている団体。
  • 支援対象事業の実施状況、予算、決算などの財政状況について、当基金の求めに応じ適正な報告ができる団体

 

助成対象となる活動費の主な用途

  • 資材・物品の購入など。またはこれらの修繕などの経費。
  • 旅費・交通費、宿泊費、食費、通信連絡費、現地事務所の光熱費等の経費。
  • 資料の翻訳、印刷、出版等に係る経費。

 

助成金総額 250万円(予定) 申請締切日 2019年8月31日(土) ※消印有効

詳細は日本山岳遺産基金のウェブサイトをご覧ください。
https://sangakuisan.yamakei.co.jp/isan-kikin/entry.html

 

教えてくれた人

日本山岳遺産基金

日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために2010年に設立。「山岳環境保全」「次世代育成」「安全啓発登山」を目的とし、日本山岳遺産の認定と活動団体への助成金拠出、上記目的に合致した各種イベントやキャンペーン、山と溪谷社の各種媒体を使った広報活動などを行う。 https://sangakuisan.yamakei.co.jp/

同じテーマの記事
「自分に何かできることはないか」という想いから発足。栃木県鹿沼市・岩山の安全を守る「機動パトロール隊」の若者たち
栃木県鹿沼市にある岩山は標高328mながら、豊かな自然と本格的な岩峰歩きが楽しめる人気の山だ。今回は、2018年に日本山岳遺産に認定された岩山で活動する「機動パトロール隊」を紹介する。2008年、当時中学一年生だったひとりの学生が立ち上げた本団体。その設立の経緯、活動の中身は、実にユニークで興味深い。
北海道・大雪山国立公園の荒廃した登山道を「近自然工法」で再生へと導く「大雪山・山守隊」
日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために設立された「日本山岳遺産基金」。ここでは、認定地で活動する団体をとりあげ、活動のコンセプトや実際を紹介していく。今回は、山の道を守る活動をしている「大雪山・山守隊」。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 何度も登っている山に、いつもと同じ荷物を「ズール30」にパッキングして登った「つとくん」さん。その感想は?
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ