このエントリーをはてなブックマークに追加

登山道・山岳景観の維持に待ったなし! 登山地の昨日・今日・明日と日本山岳遺産基金の役割

日本山岳遺産基金レポート
たしなみ 2019年08月01日

登山愛好者が安全に山を楽しみ、山からの自然を享受できているのは、山を守っている人々の活動なしには語れない。登山道の整備、希少植物の盗掘防止、自然環境教育など、日本各地でさまざまな活動がされている。日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために設立された日本山岳遺産基金は、こうした活動に支援を行っている。

 

山に登る際には、ほとんどの人が登山道を歩いているはずだ。ふだんは気に留めることは少ないが、その道に目を向けると、安全に歩けるようにさまざまな整備が行われていることに気づく。

急登には階段が整備され、木道が延々と続いている場所もある。また、本来は鬱蒼と茂るはずの草が刈払いされていたり、飛び出した枝が通りやすいように切られていたりもする。さらには、分岐点での道標や山頂の看板など、登山に行けばさまざまな整備が行われていることが確認できる。

また、安全面だけではない。高山植物自生地などの自然保護地域では、登山道以外に踏み入らないようにロープやネットが張られていることがある。湿原に木道が延々と敷かれているのも、自然保護が目的だ。山の美しい自然は、人によって守られている部分も少なくない。

★ 2019年度 日本山岳遺産基金認定地募集中!

登山道の整備、山岳環境保全の活動をする人々

 

こうした登山道の整備や環境保全活動は、当然、人の手によって作業されているが、「誰」が行っているのかご存じだろうか?

国立公園や国定公園に指定されているような山岳エリアや、北アルプスや富士山のように登山者が多く訪れるような登山地では、国や自治体が中心になり、また、周辺の山小屋のスタッフも積極的に整備を行っている。しかし、多くの山域では、地域の人々の懸命な努力によって成り立っているのである。

地域の人々とは、山岳会であったり、地元の企業であったり、NPOなどのボランティア団体であったりとさまざまだが、登山道などの維持に活動する人々の姿がある。こうした熱心な人々によって成り立っている活動も、厳しい現実にさらされている場合も少なくない。その原因の1つが、資金不足だ。

例えば登山道整備を行うためには、さまざまな資材・物品が必要になる。階段の丸太やロープなど、材料調達のコストはもちろん、これらの運搬や設置の経費はバカにならない。自然保護活動も同様だ。各所で外来種の植物の除去作業などが行われているが、その作業を支えるには、やはりさまざまな資金は必要となる。さらに、ボランティアといっても、人が集まって活動を支えるには、旅費・交通費、宿泊費、通信連絡費などもかかるものだ。

また、経済問題だけではない。参加する人の減少・高齢化も頭を痛めている。熱心に活動する人が減り、十分に山の保全活動が行われないままになっている場所も増えている。

こうした登山地の現実な問題を改善すべく、2010年に山と溪谷社は「日本山岳遺産基金」を設立した。次世代に伝えたい豊かな自然や文化を有する山岳エリアを「日本山岳遺産」と認定し、そのエリアにおいて活動をする団体に助成金の支給や各種活動の広報支援などを行っている。

 

 

2010年、愛媛県・石鎚山、山梨県・乙女高原、山梨県・小金沢シオジの森、山梨県・櫛形山の4箇所が日本山岳遺産として認定したのを皮切りに、2018年までに30箇所が選ばれ、基金の支援を受けている。

それぞれの活動に着目すると、どこも地域に根ざし、趣向を凝らしながら活動の環を広げるものばかりだ。各団体の活動については、日本山岳遺産のホームページにダイジェストで掲載しているが、さらに具体的な内容について、今後紹介していく。

 

2019年度 日本山岳遺産基金認定地募集中!

日本山岳遺産基金では、2019年度の日本山岳遺産の候補地と支援団体を募集しています。認定された支援団体には、活動費を助成します。2019年7月現在、全国30の山岳エリアを「日本山岳遺産」として認定し、合計1576万円を助成しています。

支援団体の条件

  • 法人格を有する団体。または、同程度に社会的な信頼を得ている任意団体。
  • 山岳環境保全などの活動を、特定の山岳エリアで3年以上行っている団体。
  • 支援対象事業の実施状況、予算、決算などの財政状況について、当基金の求めに応じ適正な報告ができる団体

 

助成対象となる活動費の主な用途

  • 資材・物品の購入など。またはこれらの修繕などの経費。
  • 旅費・交通費、宿泊費、食費、通信連絡費、現地事務所の光熱費等の経費。
  • 資料の翻訳、印刷、出版等に係る経費。

 

助成金総額 250万円(予定) 申請締切日 2019年8月31日(土) ※消印有効

詳細は日本山岳遺産基金のウェブサイトをご覧ください。
https://sangakuisan.yamakei.co.jp/isan-kikin/entry.html

 

教えてくれた人

日本山岳遺産基金

日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために2010年に設立。「山岳環境保全」「次世代育成」「安全啓発登山」を目的とし、日本山岳遺産の認定と活動団体への助成金拠出、上記目的に合致した各種イベントやキャンペーン、山と溪谷社の各種媒体を使った広報活動などを行う。 https://sangakuisan.yamakei.co.jp/

最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年8月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...