このエントリーをはてなブックマークに追加

会津檜枝岐温泉 旅館ひのえまたで山菜・地酒・郷土料理を楽しみ、残雪の会津駒ヶ岳に登る

ひとり温泉登山
その他 2020年04月20日
※緊急事態宣言による外出自粛要請が出ている状況ですが、来年以降の登山の参考のため、また、外出ができないなかでも山行の楽しみを記事を読んで感じていただければと思います。

ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第4回は檜枝岐村で春の山の幸を楽しんでから、会津駒ヶ岳へ。

写真・文=月山もも

4月から5月にかけて、福島県の会津駒ヶ岳に登るのがとても好きです。雪の残り方は年によって違いますが、残雪の稜線を歩きながら、燧ヶ岳を始めとした尾瀬の山々が青空に白く照り映えるのを眺められるのは、この季節ならではの楽しみだなと思います。

バス停のある「滝沢登山口」から往復し、山頂直下の山小屋「駒の小屋(素泊まりのみ・予約制・2020年は5月末まで休業予定)」に一泊するルートで登りました。

晴れれば、小屋の目の前から日の出を眺めることができるのもうれしいポイントです。
会津駒ヶ岳は高山植物が美しい山としても知られているので、次は7月頃に登るのもいいな、と考えているのですが、気がつくといつも残雪の頃に登っています。

もちろん、残雪期の会津駒ヶ岳がとびきり美しいから、ということも大きいのですが、もう一つ理由があります。麓にある会津檜枝岐温泉の宿に泊まって、採れたての山菜や筍を使った料理をいただきたいからです。山菜や筍の一番おいしい季節を選ぶと、残雪期に登ることになってしまうというわけで。

今回も、前泊で檜枝岐温泉の「旅館ひのえまた」に宿泊しました。最寄り駅の会津高原尾瀬口駅から1時間以上バスに乗ってたどり着く、山あいの秘湯と言う呼び方がぴったりくる温泉地ですが、旅館ひのえまたは建物も立派で大きく、とてもサービスの良い温泉旅館です。

宿泊するお部屋は8畳の和室で、一人で泊まるには十分すぎるほど広く、きれいなお部屋でした。

旅館ひのえまたには大浴場が2つあり、時間帯で男女の浴室が交換になります。

それぞれの浴室に内湯と露天風呂があり、露天風呂からは遠くに山の姿を眺めることもできます。露天風呂は浴室ごとに雰囲気が少し異なっているので、時間が許すなら両方入ってみたいところ。

お風呂の後は、お待ちかねの夕食です!

旅館ひのえまたでは、食事は1階にある個室の食事処でいただくのですが、今回は1人での宿泊ということでお気遣いいただき、夕食は部屋に運んでいただくことになりました。

個室なので食事処でも人目が気になったりということはないのですが、お部屋食だとテレビを見ながらのんびり、食事とお酒を楽しめるのでやはりうれしいですね。

お酒は、奥会津の地酒三種の利き酒セットをオーダーしました。

「筍の和え物」「ぜんまい煮」「地こごみ」など、山の春の恵みが目白押しのメニューが並びます。

山菜や筍のほのかな苦みを感じながら、辛口の地酒を味わう。幸せな瞬間です……。

鍋料理は「山人鍋」と言う、味噌仕立ての鍋です。舞茸、きくらげ、山菜、鴨肉、などの山の食材に、会津の名物料理だという蕎麦粉を練ってつまんだ「つめっこ」が入っています。

鴨肉ときのこから良い出汁が出て、全部飲み干したくなるおいしさでした。

それから、檜枝岐村名物の「はっとう」も。蕎麦粉ともち米を練ってのばし、菱形に切ったものを茹でて、きな粉とエゴマをつけていただくというものなのですが、素朴な甘さで箸休めにも最高の一品です。

蕎麦は檜枝岐名物の裁ち蕎麦。つなぎを一切使わない十割蕎麦で、蕎麦包丁を使わずに菜切り包丁で布を裁つように切ることから裁ち蕎麦と呼ばれているのだそうです。今日女将が裁ったばかりの蕎麦からはとても良い香りがしました。

だいぶお腹はいっぱいになったものの、〆のご飯が舞茸ご飯とあれば食べないわけにはいきません。明日たくさん歩くから大丈夫……と自分に言い聞かせながらたっぷりといただいて、翌日の登山に向けて早めに就寝します。

翌日は、早起きして朝風呂に入り、1階の食事処で朝食をいただいてから出発します。

鍋の中には近くで取れたきのこと、長芋の細切りが入った具沢山のお味噌汁が入っており、体が温まります。温泉卵や山菜、納豆、川魚の甘露煮など、山のお宿らしい朝食を味わい、食後にサービスのコーヒーをいただいた後は、身支度を整えてチェックアウト。

チェックアウト後は、宿の車で登山口まで送っていただきました。また、着替えやお風呂セットなどの登山中に必要のない荷物は、下山まで宿で預かっていただくことができ、少し身軽に登山を楽しむことができたのもありがたかったです。

いつもは「下山後に一泊」することのほうが多いのですが、前泊登山もたまにはいいものですね。次こそは春以外の季節に行ってみて、その季節らしい山の恵みを味わってみたいものだなと思いました。

(取材日=2018年5月上旬)

*掲載情報は、取材時の内容です。

旅館ひのえまた

尾瀬の玄関、福島県桧枝岐村にある温泉旅館。

料金:1泊2食付き/1室1名15000円~、1室2名13000円~
住所:〒967-0521福島県南会津郡檜枝岐村居平705
電話:0241-75-2324
HP:http://www.oze-rhinoemata.com/

 

記録・ルポ
教えてくれた人

月山もも

山と温泉を愛する女一人旅ブロガー。山麓の温泉宿を一人で巡るうちに「歩いてしか行けない温泉宿」に憧れを抱き、2011年から登山を始める。ゆるハイクから雪山登山まで、テントも一人で担ぐ単独登山女子。 ブログ「山と温泉のきろく」https://www.yamaonsen.com/に、温泉と登山のすばらしさについて綴っている。山と温泉に魅せられる人を増やすことが、人生のよろこび。

同じテーマの記事
夏まっさかりの八甲田山に登り、秘湯の一軒宿・蔦温泉で足元湧出の極上湯に浸かる
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第7回は夏の八甲田山と足元湧出の極上湯へ。
霧ヶ峰でニッコウキスゲを愛で、下諏訪温泉ぎん月で信州の夏の味覚を味わいつくす
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第6回はニッコウキスゲ咲く霧ヶ峰と下諏訪温泉へ。
初夏の蔵王山に山形県側から登り、蔵王温泉おおみや旅館で白濁の硫黄泉に癒やされる
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第5回は初夏の蔵王山と蔵王温泉の老舗旅館へ。
沼津アルプスを縦走し、全館畳敷きの宿「楽山やすだ」の展望露天風呂で疲れを癒やす温泉登山
ひとり気ままに山と温泉を楽しむ温泉登山。登山前後に泊まりたい至福の温泉宿を紹介します。第3回は沼津アルプスを歩き、伊豆長岡温泉へ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月13日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...