このエントリーをはてなブックマークに追加

「上空の寒気による不安定な天気」を高画像度ナウキャストを活用して確認。上空寒気の解説/第1回

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2020年05月01日

今回のテーマは「上空の寒気による不安定な天気」。天気予報を見ていると、よく耳にするこの言葉、実際にはどんな様子を指しているのか? 気象庁の「高解像度ナウキャスト」を用いて解説する。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。 新型コロナウイルスのため、不要不急の外出を自粛するように要請が出ている中で、山に行けずに悶々とされている方が多いと思いますが、こんな時こそ登山に欠かせない気象の知識を蓄えておく絶好のチャンスです。私も微力ながら皆様の安全登山のためのお力になれるように努めてまいりたいと思います。

今回から数回にわたって、「上空寒気」による不安定な天気について解説していきたいと思います。上空寒気は冬なら豪雪、春から秋にかけては落雷、突風、急な強い雨、そして山では春秋に予期せぬ吹雪などをもたらす厄介者です。その怖さを知らないために起きた遭難事故は過去に何度も繰り返されています。

まずは、不安定な天気になった時に対処するための非常に有効なツールとして気象庁の「高解像度ナウキャスト」について、今年(2020年)の4月18日の事例でご紹介していきます。

 

4月18日の気象状況はどうだったのか(地上天気図と高層天気図)

4月18日(日)は、西日本から東北で雷を伴った激しい雨が降り、東日本から東北南部の太平洋側に中心に大雨になりました。地上天気図をみますと、南岸と日本海を低気圧が東に進んでいます。一見すると、前回までの連載で取り上げました「二つ玉低気圧」のようですが、気象状況としてはかなり違っています。

2020年4月18日の3時間降水量の日最大値 (出典:気象庁)

 

2020年4月18日の気象庁の地上天気図 (左図:9時、右図:15時)


天気図を確認すると、南岸の低気圧が紀伊半島から関東北部に進んでいるのに対して、日本海の低気圧はほとんど進んでいないように見えることと、日本海の低気圧は前線を伴っていないことにご注目ください。

前線を伴わない低気圧の上には上空寒気が存在し、その場合には地上の低気圧の動きが遅いということを覚えておかれると良いと思います。実際にWindyによる500hPa天気図では、日本海に寒冷渦(寒気を伴う上空の低気圧)が解析されています。

Windyによる2020年4月18日15時の500hPa天気図

 

上空寒気による不安定な天気に遭遇したら「高解像度ナウキャスト」を活用しよう

春になって地上が暖かくなってくる時期に、このような上空寒気が存在すると、地上の暖かく湿った空気は相対的に軽いため、かなり上空まで上昇して積乱雲にまで発達します。その結果、局地的に雷を伴った激しい雨が降ったり、春の時期の山では季節外れの吹雪になったりします。

もちろん救助がすぐに来ない山では、あらかじめ予想して対処するに越したことはありません。その対処法については次回以降に解説しますが、今回は不安定な天気に遭遇してしまった時の強力なツールである、気象庁の「高解像度ナウキャスト」の使い方についてご紹介いたします。

高解像度ナウキャストを開くと、現在の降水の実況が出ます。ここでは3時間まで遡って確認することができて、1時間先の降水の予想を知ることができます。下の図1は4月18日の11時10分の降水の実況で、30分遡って見ています。局地的に強い雨が降っている様子がわかると思います。

図1:4月18日の11時10分の降水の実況(気象庁の高解像度ナウキャストより)


続いて下の方にある「雷」のボタンを押すと、雷の実況が出ます。■は落雷、×は雲放電(地上に落ちない雷)を表しています(図2)。

図2:4月18日の11時10分の落雷の様子(気象庁の高解像度ナウキャストより)


すると槍ヶ岳や乗鞍・御嶽付近、中央アルプス南部付近で落雷があったことが分かりますが、注目は兵庫県の山地での落雷です。弱い雨なのに落雷が発生しています。これまでの遭難事故でも、雨が降っていなくても落雷事故が発生しています。こうした場合は、どう対処したらよいのでしょうか。

そこで威力を発揮するのが、「雷」の左にある「竜巻1・竜巻2(ナウキャスト)」のボタンです。難しいことは抜きにして押してみましょう(図3)。

図3:4月18日の11時10分の、「竜巻1・竜巻2(ナウキャスト)」を押した様子


雨が降っていなくても、大気の状態が不安定なために竜巻が発生する可能性があるエリアは、落雷の危険性が高いエリアでもあります。兵庫県の山地も、竜巻と同時に落雷の危険もあることが一目瞭然です。気象庁の高解像度ナウキャストは、夏の落雷の危険予測にも使えますので、是非ともご活用いただけますと幸いです。

 

教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
上空寒気が引き起こした2013年4月27日の白馬岳雪崩遭難事故――、麓ではにわか雨でも春山では吹雪
上空寒気の影響で、季節は春・麓は雨でも、山岳地帯は大雪となることもある。そんな事例の1つである、2013年の白馬大雪渓の雪崩事故から、このメカニズムを分析する。
2020年4月18日の事例から見る不安定な天気を事前に知る方法―― 上空寒気の解説/第2回
気象庁が発表する「警報」や「注意報」は当日にならないと発表されない中で、いち早く悪天候の情報を知るには、どうすればよいのか? 今回は気象庁から先立って発表される気象情報の確認方法を指南する。
二つ玉低気圧のリスクVol.4 二つ玉低気圧や爆弾低気圧を予想するのに鍵となる高層天気図の読み方
3回にわたって紹介してきた「二つ玉低気圧のリスク」。最終回では最近の事例を見ながら、爆弾低気圧の発生の予想について解説。平地と山の天気が違うことを理解し、「高層天気図」の知識について説明する。
二つ玉低気圧のリスクVol.3 鳴沢岳遭難事故では山岳気象特有の「山越え気流」が起きた?
登山が特に警戒しなければならない気象の1つである「二つ玉低気圧」。こうした気象条件になったとき、標高3000m付近の稜線では、どんなことが起きているのか。2009年4月の遭難事故を例に、今回は「山越え気流」という新たな方法で解析を進める。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年5月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!