このエントリーをはてなブックマークに追加

「上空の寒気による不安定な天気」を高画像度ナウキャストを活用して確認。上空寒気の解説/第1回

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2020年05月01日

今回のテーマは「上空の寒気による不安定な天気」。天気予報を見ていると、よく耳にするこの言葉、実際にはどんな様子を指しているのか? 気象庁の「高解像度ナウキャスト」を用いて解説する。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。 新型コロナウイルスのため、不要不急の外出を自粛するように要請が出ている中で、山に行けずに悶々とされている方が多いと思いますが、こんな時こそ登山に欠かせない気象の知識を蓄えておく絶好のチャンスです。私も微力ながら皆様の安全登山のためのお力になれるように努めてまいりたいと思います。

今回から数回にわたって、「上空寒気」による不安定な天気について解説していきたいと思います。上空寒気は冬なら豪雪、春から秋にかけては落雷、突風、急な強い雨、そして山では春秋に予期せぬ吹雪などをもたらす厄介者です。その怖さを知らないために起きた遭難事故は過去に何度も繰り返されています。

まずは、不安定な天気になった時に対処するための非常に有効なツールとして気象庁の「高解像度ナウキャスト」について、今年(2020年)の4月18日の事例でご紹介していきます。

 

4月18日の気象状況はどうだったのか(地上天気図と高層天気図)

4月18日(日)は、西日本から東北で雷を伴った激しい雨が降り、東日本から東北南部の太平洋側に中心に大雨になりました。地上天気図をみますと、南岸と日本海を低気圧が東に進んでいます。一見すると、前回までの連載で取り上げました「二つ玉低気圧」のようですが、気象状況としてはかなり違っています。

2020年4月18日の3時間降水量の日最大値 (出典:気象庁)

 

2020年4月18日の気象庁の地上天気図 (左図:9時、右図:15時)


天気図を確認すると、南岸の低気圧が紀伊半島から関東北部に進んでいるのに対して、日本海の低気圧はほとんど進んでいないように見えることと、日本海の低気圧は前線を伴っていないことにご注目ください。

前線を伴わない低気圧の上には上空寒気が存在し、その場合には地上の低気圧の動きが遅いということを覚えておかれると良いと思います。実際にWindyによる500hPa天気図では、日本海に寒冷渦(寒気を伴う上空の低気圧)が解析されています。

Windyによる2020年4月18日15時の500hPa天気図

 

上空寒気による不安定な天気に遭遇したら「高解像度ナウキャスト」を活用しよう

春になって地上が暖かくなってくる時期に、このような上空寒気が存在すると、地上の暖かく湿った空気は相対的に軽いため、かなり上空まで上昇して積乱雲にまで発達します。その結果、局地的に雷を伴った激しい雨が降ったり、春の時期の山では季節外れの吹雪になったりします。

もちろん救助がすぐに来ない山では、あらかじめ予想して対処するに越したことはありません。その対処法については次回以降に解説しますが、今回は不安定な天気に遭遇してしまった時の強力なツールである、気象庁の「高解像度ナウキャスト」の使い方についてご紹介いたします。

高解像度ナウキャストを開くと、現在の降水の実況が出ます。ここでは3時間まで遡って確認することができて、1時間先の降水の予想を知ることができます。下の図1は4月18日の11時10分の降水の実況で、30分遡って見ています。局地的に強い雨が降っている様子がわかると思います。

図1:4月18日の11時10分の降水の実況(気象庁の高解像度ナウキャストより)


続いて下の方にある「雷」のボタンを押すと、雷の実況が出ます。■は落雷、×は雲放電(地上に落ちない雷)を表しています(図2)。

図2:4月18日の11時10分の落雷の様子(気象庁の高解像度ナウキャストより)


すると槍ヶ岳や乗鞍・御嶽付近、中央アルプス南部付近で落雷があったことが分かりますが、注目は兵庫県の山地での落雷です。弱い雨なのに落雷が発生しています。これまでの遭難事故でも、雨が降っていなくても落雷事故が発生しています。こうした場合は、どう対処したらよいのでしょうか。

そこで威力を発揮するのが、「雷」の左にある「竜巻1・竜巻2(ナウキャスト)」のボタンです。難しいことは抜きにして押してみましょう(図3)。

図3:4月18日の11時10分の、「竜巻1・竜巻2(ナウキャスト)」を押した様子


雨が降っていなくても、大気の状態が不安定なために竜巻が発生する可能性があるエリアは、落雷の危険性が高いエリアでもあります。兵庫県の山地も、竜巻と同時に落雷の危険もあることが一目瞭然です。気象庁の高解像度ナウキャストは、夏の落雷の危険予測にも使えますので、是非ともご活用いただけますと幸いです。

 

教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
前代未聞の大量遭難、1963年1月の薬師岳遭難事故(三八豪雪)は、二つ玉低気圧とJPCZ(日本海寒気団収束帯)が原因
大学山岳部のメンバー13名が亡くなった、1963年・北アルプス薬師岳での山岳遭難。「三八豪雪」と呼ばれる想定を越えた豪雪が襲ったのが直接の原因だが、当時のデータを現代の技術で紐解くと、さまざまな面が見えてくる。
2013年11月、北アルプス真砂岳での雪崩事故の教訓―― 11月でも雪崩は起きる! そして温暖化しても中部山岳北部でのドカ雪の頻度は増える!!
2013年11月に起きた北アルプス真砂岳での雪崩事故では、7名が大規模な雪崩に巻き込まれた。まだ積雪の少ない11月にも関わらず、なぜ大規模な雪崩が起きたのか。
積雪のために撤退したトムラウシ山の想い出、利尻山には何故雪がなかったのか? その答えは海にあった
1991年9月、「りんご台風」が去った後に向かった北海道登山。筆者はトムラウシ山で積雪のために撤退を余儀なくされた。前々日の利尻山にはなかった雪は、なぜトムラウシ山にはあったのか? 55年長期再解析データ「JRA-55」を利用して検証する。
1959年10月、南岸を通過した台風18号による大量遭難。生死を分けたのは「濡れた衣服を着替えたかどうか」
1959年10月10日、台風の影響で、大学山岳部や社会人山岳会の数パーティーのうち8名が低体温症によって亡くなった――。当時、「台風崩れの南岸低気圧が引き込んだ寒気」とされたこの山岳遭難事故、今の技術で分析してみると、他の部分にも原因が見えてきた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...