今年は北アルプスに初めて挑戦! という人のための、初心者・入門者・ファミリー向け日本アルプス
2018年07月07日(土)
唐松岳・八方尾根からの白馬三山 写真/ふくちゃん さんの登山記録より
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
しっかり準備・装備で、アルプス気分を思い切り満喫できる、おすすめの登山ルートへ

梅雨が開けると、いよいよ日本のアルプスも本格的な登山シーズンの幕開けとなる。登山道を覆っていた残雪は融け、変わって雪解けの下からは高山植物たちが芽を出し花を咲かせる。険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。そんなアルプスの景色を味わうためにも、夏はぜひとも北アルプス・南アルプス・中央アルプスのいずれかに足を運びたい。

一方で、そこは国内でも屈指の標高の山域。遠足登山気分で登れるような場所は少ない。里山と比較すれば、圧倒的に登る距離も高さもスケールが大きい。また、一度天気が崩れれば、その厳しさは想像以上のものとなる。

そんなアルプスの中でも、比較的安心して登山できる、初心者でも安心できるコースを今回は紹介する。

立山を浄土山から望む 写真/たっくんさん さんの登山記録より

「初心者向け」といっても、そこはアルプス。しっかりとした登山用の装備(とくに靴と雨具と服装!)で向かうのは当然、ある程度の登山経験は必須だ。また、険しい岩場や狭い尾根道がある箇所もあるし、濃いガス(霧)に覆われれば、迷いやすい場所もある。あくまでも「アルプスの中では初心者向け」であることを念頭に置いて行動したい。

また、紹介コースは「雪がない条件」ではアルプス初心者向けだが、雪があれば様子は変わってくる。一般的に雪の心配がなくなるのは、早い場所でも6月下旬だ。8月初旬頃まで雪の心配のある箇所もあるので、残雪状況はしっかり確認しておきたい。

3000m峰、南アルプス・仙丈ヶ岳も危険な場所の少ない山だ 写真/echalote さんの登山記録より

それでも紹介するコースは、多くの登山者が訪れ、途中に山小屋があるので安心感のあるコースだ。初めてアルプスに行くという人の計画の一助としてほしい。

 

Vol.1 ゴンドラ利用で一気に登ろう! 八方尾根から唐松岳へ

白馬岳や五竜岳などの険しい岩峰に挟まれた場所にある唐松岳。その東に伸びる八方尾根は、冬はスキー場として賑わう場所だ。この、ゴンドラやリフトを乗り継いでいけば、一挙に1900m近くまで標高を稼ぐことができる。

ここから、標高2696mの唐松岳へは比較的緩やかな八方尾根を登ること約4時間。第2ケルン、八方池、丸山へと道中には、たくさんのお花畑が広がる。また険しい迫力ある岩稜を望みながらの登山は、初めて北アルプスに訪れたならば、永遠に心に焼くつくこととなるだろう。

八方池の背後に美しい北アルプスの山並み 写真/お山の船長 さんの登山記録より

時間的には日帰りも可能だが、北アルプスの中でも屈指の展望が望める場所、唐松岳頂上山荘に宿泊して夏の北アルプスの景色を満喫してほしい。

なお、唐松岳から先の道は非常に険しい。北に進めば難所の不帰キレット、南へ進んでも鎖場が連続する五竜岳が待ち受ける。祖母谷温泉へと続く西側は、非常に長い道を歩くことを強いられる。十分な経験がなければ、帰りは登ってきた八方尾根を降りるしかない。

■行程
【1日目】八方池山荘から唐松岳へ
■総コースタイム 4時間5分、標高差+912m、-124m
八方池山荘(08:00)・・・第三ケルン(09:00)・・・丸山(10:40)・・・唐松岳頂上山荘(11:30)・・・唐松岳(11:50)・・・唐松岳頂上山荘(12:05)
【2日目】唐松岳から八方池山荘へ
■総コースタイム 2時間20分、標高差+810m、-22m
唐松岳頂上山荘(07:00)・・・丸山(07:40)・・・第三ケルン(08:40)・・・八方池山荘(09:20)
関連する登山記録
関連する現地情報
  • 唐松岳頂上山荘
    2018年09月14日(金)

    やや秋色めいた八方尾根。最上部は登下降とも尾根道ルート。最新情報はHPを確認を。雨具や防寒装備必携。



Vol.2 登山道は急だが安心の登山道で登ろう! 中房温泉~燕岳往復

北アルプスの入門コースとして、誰もが勧める場所の1つが合戦尾根から登る燕岳だ。登山に必要な距離・標高差は決して楽ではないが、さまざまなファクターから「北アルプスの入門コース」と言われている場所だ。

その1つが「安心感」だ。多くの人が入山しているコースのため、なにか起きたときに心強く、道迷いの可能性も少ない。また、登山道はよく整備されており、途中に合戦小屋があることも、初心者には嬉しい。そして、稜線に立つ燕山荘は広く快適な山小屋として知られる。

白っぽい色の花崗岩が眩しい燕岳 写真/koharu29 さんの登山記録より

本格的な夏山シーズンとなる7~8月は、雷鳥を多く見かけ、高山植物の女王コマクサがたくさん咲く。北アルプスの入門コースとして訪れたい場所だ。

 

■行程
【2日間】 総コースタイム: 7時間35分
総歩行距離: 10,000m  上り標高: 1425m  下り標高: 1425m
燕岳登山口・・・合戦小屋・・・燕山荘・・・燕岳・・・燕山荘・・・合戦小屋・・・燕岳登山口


関連する登山記録
関連する現地情報
  • 燕山荘
    2018年09月19日(水)

    ベンチに付く水滴が凍るほど冷え込んできました。稜線上のウラシマツツジが、だいぶいい色になっています



Vol.3 はじめての縦走を楽しむなら・・・、常念岳~蝶ヶ岳縦走

アルプスの山々を楽しむなら、やはり稜線を歩き、稜線の山小屋に泊まり(またはテント泊する)、入山口とは別の場所に下山する、いわゆる縦走を楽しみたいもの。しかし縦走となると、交通機関や天気の心配も考えなければならない。

そんな縦走の入門コースとも言えるのが、この「蝶ヶ岳~常念岳」の縦走コースだ。稜線に出るまでの登山道は急だが、人気コースで登山者が多いうえに、鎖場や厳しい岩稜を通過する場所も少ないので安心だ。

また、森林限界を越えた稜線歩きは、アルプスらしい景色が広がり魅力的だ。とくに蝶ヶ岳から常念岳方面に向けて歩けば、はるか先に見える槍ヶ岳の展望がさらに高揚感を高めてくれる。

ライチョウの向こうにそびえる槍ヶ岳 写真/fields41 さんの登山記録より

常念岳からは三股に戻るコースも取れるので、マイカーで入山した場合にも利用できるのも嬉しい。

なお日程と体力に余裕があれば、大天井岳を越えて燕岳まで縦走したい。アルプス初心者でも決して難しくないコースだ。

■行程
【1日目】三股から蝶ヶ岳ヒュッテへ
■総コースタイム 5時間5分、標高差+1413m、-9m
三股・林道ゲート(08:00)・・・三股(08:15)・・・まめうち平(10:25)・・・蝶ヶ岳(13:05)
【2日目】蝶ヶ岳ヒュッテから常念岳を越えて常念小屋へ
■総コースタイム 5時間50分、標高差+574m、-769m
蝶ヶ岳(07:00)・・・横尾分岐(07:25)・・・蝶ヶ岳三角点(07:35)・・・常念岳(11:50)・・・常念小屋(12:50)
【3日目】常念小屋から一ノ沢登山口へ
■総コースタイム 3時間20分、標高差+21m、-1229m
常念小屋(07:00)・・・王滝(大滝)ベンチ(09:20)・・・一ノ沢登山口(10:20)

関連する登山記録


Vol.4 憧れの3000m峰の頂へ、室堂から立山を目指す

日本には3000m峰が21座ある(諸説あり)。その中でも、アルプスの3000m峰の頂に立つのは、登山を始めた人にとっては最初の目標の1つだろう。

数ある3000m峰の中で、比較的簡単に登れる場所が立山だ。紹介しているコースは、室堂展望台、浄土山を経由して立山を周回するルートだが、立山室堂から往復するのが最も手軽だ(約4時間)。

繁忙期は登山道が渋滞するほど人気の場所だ 写真/ののとく さんの登山記録より

雄山を越えて雄山神社まで足を伸ばせば、標高3003mとなる。余裕があれば大汝山(3015m)まで行くのも良い。さらに余裕があれば周回することもできる。周回コースはファミリー登山者の姿もよく目にする。

シーズン中は賑わう立山室堂なので、安心感が高いのも魅力的だ。

 

■行程
【1日目】アルペンルートで室堂平に入山
室堂ターミナル(08:00)
【2日目】花と展望の浄土山から立山・雄山へ
■総コースタイム 4時間50分、標高差+795m、-795m
室堂ターミナル(07:00)・・・室堂山展望台(08:00)・・・北峰(08:30)・・・南峰(08:40)・・・一ノ越(09:10)・・・雄山神社(10:10)・・・一ノ越(10:50)・・・室堂ターミナル(11:50)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 立山室堂山荘
    2018年09月19日(水)

    今朝は降霜。室堂周辺の紅葉は今週末前後が見ごろかと思われます。主ルート支障なし。防寒装備油断なく低体温症に注意。



Vol.5 堂々とした山容の薬師岳へ、折立から往復する

立山方面から見ると、ひときわ大きな山容で存在感のある山が薬師岳だ。北アルプスの中でも最奥の場所にあり、標高は3000m近くもあるものの、富山県の折立から入山すれば、1泊2日で無理なく登れる山だ。

険しい岩稜が多い北アルプスの中では、このコースは全体的に道が緩やかで、恐怖心を感じながら歩く場所も少ない。幅広い尾根道は軽快に歩けるが、天候が悪くなれば道迷いや、強い風に吹きさらされることになるので、注意が必要だ。

薬師岳へと続く登山道 写真/シュン さんの登山記録より

それでも、途中に山小屋があり安心感も高い。天気の良い日に北アルプスの展望を楽しみながら歩きたいコースだ。

■行程
【1日目】折立から入山し太郎兵衛平へ向かう
■総コースタイム 4時間30分、標高差+1022m、-47m
折立(08:00)・・・三角点(09:30)・・・太郎平小屋(12:30)
【2日目】太郎兵衛平から薬師岳を往復し、折立へ
■総コースタイム 8時間10分、標高差+799m、-1728m
太郎平小屋(07:00)・・・薬師峠(07:20)・・・薬師岳山荘(09:00)・・・薬師岳(10:00)・・・薬師岳山荘(10:40)・・・薬師峠(11:50)・・・太郎平小屋(12:10)・・・三角点(14:10)・・・折立(15:10)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 太郎平小屋
    2018年09月06日(木)

    台風21号は強烈な風が吹き、ました。大きな被害はありませんが、倒木があり歩きにくい箇所もあります



Vol.6 初の南アルプスの3000m峰を目指すなら――、北沢峠から仙丈ヶ岳へ

南アルプス――、とくに3000m峰となれば、どこも厳しい登山を強いられる。北アルプスに比べれば頼れる山小屋も少なく登山者の姿も圧倒的に少ないので心理的な不安要素も多い。

そんな中で、標高3033mを誇る仙丈ヶ岳は、比較的アクセスもよいうえに登山道中に山小屋が点在するので、安心感のある山だ。登山道も比較的緩やかで、スリリングな危険箇所も少ない。南アルプスの入門コースとして、はじめに訪れたい場所だ。

仙丈ヶ岳の藪沢カール 写真/とみな さんの登山記録より

正面に見える甲斐駒ヶ岳の姿をはじめ、南アルプスの迫力ある山容を存分に楽しめる展望に加え、夏は高山植物が多く咲く。独特のカール地形など、夏のアルプスを存分に満喫できる。とはいえ、そこは3000m峰。登る高さも歩く距離も周囲の環境も、やはり厳しいものがある。しっかりとした準備で望みたい。

■行程
【1日目】北沢峠から馬ノ背ヒュッテへ
■総コースタイム 2時間40分、標高差680m(+726m、-132m)
北沢峠(08:00)・・・大平山荘(08:10)・・・馬の背ヒュッテ(10:40)
【2日目】仙丈ヶ岳に登り、小仙丈尾根から北沢峠へ
■総コースタイム 4時間10分、標高差393m(+478m、-1072m)
馬の背ヒュッテ(07:00)・・・仙丈小屋(08:10)・・・仙丈ヶ岳(08:30)・・・小仙丈ヶ岳(09:10)・・・五合目(大滝ノ頭)(09:50)・・・北沢峠(11:10)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 北沢峠 こもれび山荘
    2018年09月14日(金)

    山全体に紅葉が進んできました。ナナカマドが赤くなってきています。日没が早くなっていますので、早めの行動をお願いします



Vol.7 中央アルプスの主峰・木曽駒ヶ岳は、ロープウェイで一挙に目指そう

北アルプスや南アルプス以上に、登山者は少なめとなる中央アルプスだが、主峰・木曽駒ヶ岳周辺は賑やかで安心感のある山域だ。千畳敷まではロープウェイがかかり、ここから日帰りで往復する登山者も多い。途中に山小屋も点在するので、はじめてのアルプスとして選びたいコースだ。

千畳敷カールから見上げる稜線 写真/vankun さんの登山記録より

氷河が刻んだ千畳敷カール内の美しい景観やお花畑、稜線からの開放感ある景色、木曽駒ヶ岳への稜線の歩きなど、アルプス登山の楽しさがぐっと詰まっていて楽しい。道は険しい場所もあるが危険箇所は少ない。

余裕があれば宝剣岳を往復したい。こちらは岩場が連続するスリリングな登山道なので無理は禁物だ。

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 3時間55分
総歩行距離: 3,900m  上り標高: 471m  下り標高: 471m
千畳敷・・・乗越浄土・・・宝剣山荘・・・宝剣岳・・・宝剣山荘・・・木曽駒ヶ岳・・・宝剣山荘・・・乗越浄土・・・千畳敷


関連する登山記録
関連する現地情報
  • 宝剣山荘
    2018年09月07日(金)

    台風はすごい暴風雨となりました。樹林帯では倒木が多くありますが、稜線は問題ありません



Vol.8 最も簡単に登れる3000m峰、乗鞍岳でアルプス満喫

最も手軽にアルプスの3000m峰を目指すなら、乗鞍岳となる。登山口となる畳平(標高約2700m)から、乗鞍岳の山頂(剣ヶ峰:3026m)までは、往復で3時間程度。観光客も多く、安心感は抜群だ。山頂までの往復の登山道に危険な箇所は少なく、安心して登山を楽しめる場所だ。

山頂(剣ヶ峰)付近の権現池 写真/たっくんさん さんの登山記録より

標高3000m前後の稜線歩きは、はじめてのアルプス体験には最適の場所とも言える。登山には物足りなさもあるかもしれないが、圧倒的な景観やコマクサなどの高山植物は初めてのアルプス登山者を魅了するはずだ。

ただし、標高3000mであることは忘れてはならない。ひとたび天候が悪化すれば平地とは比べ物にならない。登山に必要な雨具、シューズは必須だ。

 

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 2時間40分
総歩行距離: 5,900m  上り標高: 393m  下り標高: 393m
畳平・・・肩ノ小屋・・・乗鞍岳剣ヶ峰・・・肩ノ小屋・・・畳平


関連する登山記録
関連する現地情報
  • 乗鞍岳 頂上小屋
    2018年09月19日(水)

    紅葉が高山帯から始まりました。日が暮れるのが早くなってきますので午後の遅い時間の登山はご注意ください



[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年9月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW プロ写真家・山岳ガイドと歩く「秋の尾瀬撮影会」参加者募集中!
プロ写真家・山岳ガイドと歩く「秋の尾瀬撮影会」参加者募集中! 写真投稿サイト「GANREF」とヤマケイオンラインのコラボイベントを開催! 9月30日~10月1日、一緒に秋の尾瀬を撮影...
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報