登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
唐松~五竜 唐松岳、五竜岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

すえぞう さん
  • 日程

    2018年7月14日(土)~2018年7月15日(日)

  • 利用した登山口

    八方池山荘   アルプス平駅  

  • パーティ

    2人 (すえぞう さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行:毎日あるぺん号
    帰:シャトルバス+高速バス(長野駅)+新幹線

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
八方池山荘(07:45)・・・第三ケルン(08:40)[休憩 5分]・・・丸山(10:10)[休憩 10分]・・・唐松岳頂上山荘(11:10)[休憩 5分]・・・唐松岳(11:35)[休憩 5分]・・・唐松岳頂上山荘(11:55)[休憩 45分]・・・最低鞍部(13:45)[休憩 10分]・・・五竜山荘(15:45)

【2日目】
五竜山荘(04:50)・・・五竜岳(05:50)[休憩 10分]・・・五竜山荘(06:45)[休憩 60分]・・・大遠見山(09:30)[休憩 10分]・・・小遠見山(10:40)[休憩 10分]・・・地蔵ノ頭(12:15)[休憩 10分]・・・アルプス平駅(12:40)

総距離 約16.9km 累積標高差 上り:約1,855m
下り:約2,171m
コースタイム 標準:12時間5分
自己:12時間50分
コースタイム倍率 1.06
早めの梅雨明けで、急遽海の日連休に唐松岳~五竜岳へ!

2年前、同じコースを計画していましたが、台風前日となってしまい、2日目は五竜岳に登れず、台風と競争するように朝イチでずぶ濡れで下山していました。今回は期待大です。

登山口からすぐにガスか雲の中か真っ白け。
あれ~!?っと思いながら登ります。
よく写真で見る八方池でも視界ZERO。とはいえ、目的地のひとつなので池まで下ります。すると・・・
さぁーっとガスが晴れて絶景が!!

その後は大変よい景色が広がり、写真をいくら撮っても撮り飽きずに登りました。
夜も雲一つなく、満天の星空に感動していました。
2500mの夜のテン場はダウンにジャケットでも寒かったですが。。。^^ゞ

この時期は花の種類も多く、たいへんキレイに咲いていて楽しめました。名前が全部わからないのがねぇ(笑)

最後、2000mより上で天気が良すぎると、ちゃんと日焼け対策をしないと大変なことになる…と。首の後ろがすでにボロボロです。。。
また、日中の暑さも半端なく、かなりの量の水分を取りました。1.5Lのコーラを山小屋で買って飲むなんて、初めてでしたw

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すえぞうさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すえぞう さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...