登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
奥穂高岳・前穂高岳縦走 奥穂高岳、前穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

やまねこN さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(05:35)…河童橋(05:40)…明神(06:15)…徳沢(07:05)[休憩 10分]…横尾(08:00)[休憩 15分]…本谷橋(09:10)…涸沢(10:30)[休憩 35分]…ザイテングラート取付(12:10)[休憩 5分]…穂高岳山荘(13:05)[休憩 20分]…奥穂高岳(13:55)[休憩 10分]…穂高岳山荘(14:30)[休憩 45分]…涸沢岳(15:35)[休憩 35分]・・・穂高岳山荘(16:25)

【2日目】
穂高岳山荘(06:15)…奥穂高岳(06:50)…最低コル(07:40)…紀美子平(08:00)…前穂高岳(08:25)[休憩 25分]…紀美子平(09:10)…岳沢パノラマ(09:45)[休憩 5分]…岳沢小屋(10:40)[休憩 30分]…河童橋(12:35)…上高地バスターミナル(12:40)

総距離 約27.6km 累積標高差 上り:約2,752m
下り:約2,752m
コースタイム 標準:18時間10分
自己:13時間20分
コースタイム倍率 0.73
奥穂高岳に登るのは30年ぶりで、初めての北アルプスだった。当時は知識も経験も無く、今となっては山頂から見たジャンダルムの奇怪な姿だけが印象に残っている。
今回は、ある程度の経験と知識を積み重ねた上で、単独行で奥穂に向かう。目に映る景色はあのときと違うだろうか。

【1日目】
上高地を出発するときは、まだ前日の雨の名残りか、吊尾根は雲に隠れていた。しかし、横尾に着く頃には天気予報通り青空が広がった。
涸沢には予定より早いペースで到着。涸沢ヒュッテで昼食休憩の後、パノラマルートを経由してザイテングラートに取り付く。涸沢から一気に高度を上げるこの登りは、キツイけど展望がすばらしい。30年前は何の知識も無かったせいか、前穂北尾根や北穂南稜の展望はまったく記憶に残っていない。
白出のコルに着いたら穂高岳山荘で宿泊の手続きをした後、まずは奥穂高岳を目指す。飛騨側から湧き上る雲で槍は見えなかったが、雲をまとったジャンダルムが印象的だった。白出のコルに戻り、続けてて涸沢岳を往復してきた。

【2日目】
朝一番は、奥穂へ向かう梯子が渋滞。奥穂山頂は、記念写真で混雑していたので立ち止まらずに通過(昨日登頂しておいて良かった)。吊尾根の縦走路は岳沢側に切れ落ちているので慎重に進み、紀美子平にザックを置いて前穂を往復。
前穂で360度の大展望を満喫して紀美子平に戻ると、大勢の登山者で混雑していたので、すぐに出発。紀美子平直下の鎖場は、登りとのすれ違いに待ち時間が必要。重太郎新道は岳沢小屋まで一気に高度を下げて、後は上高地まで樹林帯の中をだらだらと下る。

二日間、晴天に恵まれて展望の山旅を楽しんだ。
吊尾根と重太郎新道の鎖場は、岳沢側に切れ落ちた岩場に緊張する。しかし、いずれも足場やホールドがしっかりあるので、鎖に頼に頼りすぎないほうがいい。

登山中の画像
登山画像
初日、河童橋では展望なし
登山画像
横尾に着くと青空が広がった
登山画像
屏風岩を見上げながら涸沢を目指す
登山画像
北穂高もきれいに見えた
登山画像
本谷橋を通過
登山画像
Sガレ付近で涸沢カールの一部が見え始める
登山画像
奥穂の稜線もきれいに晴れている
登山画像
目指す白出のコルはまだ遥か先
登山画像
涸沢に到着
登山画像
涸沢ヒュッテで昼食休憩
登山画像
パノラマルートを経由してザイテングラートの取…
登山画像
涸沢岳と涸沢槍
登山画像
涸沢からザイテングラートへ向かう登山道を振り…
登山画像
ザイテングラート取り付きがら稜線を見上げる
登山画像
白出のコルまであと20分!
登山画像
前穂北尾根
登山画像
コルまでもう一息
登山画像
コルに到着小屋に荷物を置いて奥穂へ向かう
登山画像
雲をまとったジャンダルム
登山画像
奥穂高岳の山頂
登山画像
涸沢岳
登山画像
涸沢岳から北穂の展望
登山画像
涸沢岳から奥穂高岳を見る
登山画像
笠ヶ岳方面は雲海
登山画像
笠ヶ岳に沈む夕日
登山画像
翌朝、常念岳方面から日が昇る
登山画像
奥穂へ向かう梯子場の渋滞
登山画像
奥穂山頂は記念写真渋滞
登山画像
ジャンダルムに登山者の姿が見える
登山画像
北穂と槍
登山画像
前穂の向こうに富士山が見える
登山画像
南稜ノ頭
登山画像
前穂高岳と吊尾根の縦走路
登山画像
前穂高岳に到着
登山画像
眼下に奥又白池と梓川
登山画像
涸沢を見下ろす
登山画像
北穂から槍の展望もすばらしい
登山画像
前穂山頂の全体像
登山画像
紀美子平直下の鎖場登りの通過待ち中
登山画像
岳沢パノラマは、まさに岳沢の展望台
登山画像
岳沢小屋で小休止
登山画像
河童橋に帰還今朝、歩いた稜線を一望にできる
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
【その他】 ヘルメット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やまねこNさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六小屋、黒部五郎小舎、鏡平山荘、わさび平小屋は、7月15日から営業開始予定
    20年05月19日(火)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    槍ヶ岳山荘、槍沢ロッヂ、岳沢小屋は7/14まで休業(テント自粛を)。救助体制も通常ではありません
    20年05月07日(木)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    7/14まで宿泊+テント+売店+昼食(飲食営業)などすべての営業休止。テント設営、トイレも利用不可
    20年05月06日(水)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    7/14まで営業休止(宿泊、外売店、昼食営業含む)。テント泊はトイレのみ使用可
    20年05月03日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やまねこN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年5月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介