登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
赤石岳~荒川三山(18.9.15-17) 赤石岳、荒川前岳、荒川中岳、悪沢岳、千枚岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

道遙か さん
  • 日程

    2018年9月15日(土)~2018年9月17日(月)

  • 利用した登山口

    椹島ロッヂ  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路: 05:50畑薙臨時駐車場着(毎日アルペン号)→07:00発(東海フォレスト)→08:10椹島着
    復路: 10:30椹島発(東海フォレスト)→11:40畑薙着→14:10発(毎日アルペン号)   

  • 天候

    初日:雨、2日目:小雨のちガスのち晴れ、稜線は強風、3日目:晴れ
    [2018年09月15日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
椹島ロッヂ(08:45)・・・カンバ段(10:40)[休憩 20分]・・・赤石小屋(13:27)

【2日目】
赤石小屋(05:10)・・・富士見平(05:45)・・・北沢源頭・・・赤石小屋分岐(07:35)[休憩 8分]・・・赤石岳(08:00)[休憩 3分]・・・赤石小屋分岐(08:18)・・・小赤石岳(08:32)[休憩 6分]・・・大聖寺平(09:20)[休憩 3分]・・・荒川小屋(09:50)[休憩 25分]・・・前岳(11:55)[休憩 3分]・・・中岳(12:10)[休憩 35分]・・・悪沢岳(東岳)(14:00)[休憩 30分]・・・丸山(14:49)・・・千枚岳(15:25)[休憩 9分]・・・千枚小屋(16:00)

【3日目】
千枚小屋(05:46)・・・駒鳥池・・・見晴岩[休憩 3分]・・・蕨段(06:53)・・・清水平・・・小石下[休憩 10分]・・・吊橋(09:18)・・・滝見橋・・・椹島ロッヂ(09:37)

総距離 約27.3km 累積標高差 上り:約3,727m
下り:約3,727m
コースタイム 標準:17時間5分
自己:16時間48分
コースタイム倍率 0.98
南アルプス南部、雨に降られ、強風に晒されつつも、稜線はウラシマツツジをはじめ草紅葉が見事で、時折ガスの中から現れる山々の風格は格別だった。

椹島~赤石岳:赤石小屋までは樹林帯をひたすら登る。0/5~5/5、中間の樺段、歩荷返しの急坂前、小屋まであと30分の地点に標識あり。登りと平坦な道が交互に現れ歩きやすいが、展望がなく景色が変わらないので根気勝負。赤石小屋は綺麗で親切で快適。小屋の先、富士見平あたりから展望が開け紅葉が始まる。北沢源頭付近は滝をいくつも渡る。濡れた岩のトラバースで神経を使う。そこから稜線まで標高差300mの急登。稜線に出ると一気に強風。赤石岳まで20分。

赤石岳~悪沢岳:小赤石岳から高度を下げ大聖寺平の平原を過ぎてトラバース気味に進むと間もなく荒川小屋。眼前に荒川三山が迫る。小屋から稜線まで標高差400mほどをつづら折りに高度を上げる。稜線分岐から前岳は5分、中岳は10分。中岳避難小屋は小さいが小屋番さんがいるので声を掛けてから入る。コルから登り返し40分ほどで悪沢岳。中岳~悪沢岳間は岩場のウラシマツツジの紅葉が特に鮮やかだった。

悪沢岳~千枚小屋:悪沢岳直下は岩場、その後穏やかな稜線歩き。千枚岳は梯子もかかる岩場。千枚岳を過ぎると間もなく樹林帯に入り小屋に向けて緩やかに下る。この間、ナナカマドなどの広葉樹がきれい。千枚小屋ではテン泊、テン場は小屋から3分離れた樹木の中、雨天後は泥濘注意。

千枚小屋~椹島:小屋前で朝日と雲海と富士山を前にコーヒーを1杯。10月にはダイヤモンド富士を目当てにカメラマンが殺到するとのこと。小屋から小石下までは、かつて木材の切り出し用いた木馬道をたどりつつ緩やかに下る。ところにより足首まではまるような泥濘。7/7~0/7まで標高差200m毎に標識があるようだが、いくつか見落とし。岩の見晴から鉄塔の立つ小ピークまで急な岩場の登り返し、しばらく下った先で新登山道に入るが、旧登山道はロープで塞がれているので間違えることはない。新登山道は木の根や岩でまだ歩きにくい箇所があるが、これから徐々に踏まれていくだろう。吊橋から椹島ロッジまで15分。

登山中の画像
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

道遙かさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

道遙か さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...