登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
赤石岳~荒川三山(18.9.15-17) 赤石岳、荒川前岳、荒川中岳、悪沢岳、千枚岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

道遙か さん
  • 日程

    2018年9月15日(土)~2018年9月17日(月)

  • 利用した登山口

    椹島ロッヂ  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路: 05:50畑薙臨時駐車場着(毎日アルペン号)→07:00発(東海フォレスト)→08:10椹島着
    復路: 10:30椹島発(東海フォレスト)→11:40畑薙着→14:10発(毎日アルペン号)   

  • 天候

    初日:雨、2日目:小雨のちガスのち晴れ、稜線は強風、3日目:晴れ
    [2018年09月15日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
椹島ロッヂ(08:45)・・・カンバ段(10:40)[休憩 20分]・・・赤石小屋(13:27)

【2日目】
赤石小屋(05:10)・・・富士見平(05:45)・・・北沢源頭・・・赤石小屋分岐(07:35)[休憩 8分]・・・赤石岳(08:00)[休憩 3分]・・・赤石小屋分岐(08:18)・・・小赤石岳(08:32)[休憩 6分]・・・大聖寺平(09:20)[休憩 3分]・・・荒川小屋(09:50)[休憩 25分]・・・前岳(11:55)[休憩 3分]・・・中岳(12:10)[休憩 35分]・・・悪沢岳(東岳)(14:00)[休憩 30分]・・・丸山(14:49)・・・千枚岳(15:25)[休憩 9分]・・・千枚小屋(16:00)

【3日目】
千枚小屋(05:46)・・・駒鳥池・・・見晴岩[休憩 3分]・・・蕨段(06:53)・・・清水平・・・小石下[休憩 10分]・・・吊橋(09:18)・・・滝見橋・・・椹島ロッヂ(09:37)

総距離 約27.3km 累積標高差 上り:約3,727m
下り:約3,727m
コースタイム 標準:17時間5分
自己:16時間48分
コースタイム倍率 0.98
南アルプス南部、雨に降られ、強風に晒されつつも、稜線はウラシマツツジをはじめ草紅葉が見事で、時折ガスの中から現れる山々の風格は格別だった。

椹島~赤石岳:赤石小屋までは樹林帯をひたすら登る。0/5~5/5、中間の樺段、歩荷返しの急坂前、小屋まであと30分の地点に標識あり。登りと平坦な道が交互に現れ歩きやすいが、展望がなく景色が変わらないので根気勝負。赤石小屋は綺麗で親切で快適。小屋の先、富士見平あたりから展望が開け紅葉が始まる。北沢源頭付近は滝をいくつも渡る。濡れた岩のトラバースで神経を使う。そこから稜線まで標高差300mの急登。稜線に出ると一気に強風。赤石岳まで20分。

赤石岳~悪沢岳:小赤石岳から高度を下げ大聖寺平の平原を過ぎてトラバース気味に進むと間もなく荒川小屋。眼前に荒川三山が迫る。小屋から稜線まで標高差400mほどをつづら折りに高度を上げる。稜線分岐から前岳は5分、中岳は10分。中岳避難小屋は小さいが小屋番さんがいるので声を掛けてから入る。コルから登り返し40分ほどで悪沢岳。中岳~悪沢岳間は岩場のウラシマツツジの紅葉が特に鮮やかだった。

悪沢岳~千枚小屋:悪沢岳直下は岩場、その後穏やかな稜線歩き。千枚岳は梯子もかかる岩場。千枚岳を過ぎると間もなく樹林帯に入り小屋に向けて緩やかに下る。この間、ナナカマドなどの広葉樹がきれい。千枚小屋ではテン泊、テン場は小屋から3分離れた樹木の中、雨天後は泥濘注意。

千枚小屋~椹島:小屋前で朝日と雲海と富士山を前にコーヒーを1杯。10月にはダイヤモンド富士を目当てにカメラマンが殺到するとのこと。小屋から小石下までは、かつて木材の切り出し用いた木馬道をたどりつつ緩やかに下る。ところにより足首まではまるような泥濘。7/7~0/7まで標高差200m毎に標識があるようだが、いくつか見落とし。岩の見晴から鉄塔の立つ小ピークまで急な岩場の登り返し、しばらく下った先で新登山道に入るが、旧登山道はロープで塞がれているので間違えることはない。新登山道は木の根や岩でまだ歩きにくい箇所があるが、これから徐々に踏まれていくだろう。吊橋から椹島ロッジまで15分。

登山中の画像
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

道遙かさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

道遙か さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!