登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
川乗橋 - 川苔山 ピストンで百尋の滝を満喫 川苔山(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2018年11月18日(日)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:マイカー及び自転車
    倉沢バス停、林道入り口に車を止め、自転車で細倉橋登山口まで移動。
    トイレ無し。*細倉橋トイレは現在利用できませんので、ご注意願います。
    *川乗橋バス停周辺の駐車場ですとTOKYOトラウトに駐車可能です。
    (8時から受付・駐車料金1000円・トイレ有り)

  • 天候

    曇り、風弱し、山頂付近はガス、山頂気温8℃

この登山記録の行程

川乗橋バス停(08:06)自転車で移動・・・細倉橋(08:43)・・・百尋ノ滝(09:48)[休憩 14分]・・・分岐・・・川苔山(11:36)[休憩 44分]・・・東の肩・・・分岐・・・百尋ノ滝(13:22)[休憩 50分]・・・細倉橋(14:50)・・・自転車で移動、川乗橋バス停(15:05)

総距離 約7.9km 累積標高差 上り:約1,069m
下り:約1,069m
コースタイム 標準:4時間55分
自己:4時間19分
コースタイム倍率 0.88
紅葉は百尋の滝周辺では盛りを過ぎた感が有りますが未だ楽しめ、渓谷沿いも雰囲気の有る場所でしたので、満足の一日となりました。

前回はがけ崩れのため通行できなかったこのルート、山歩きを始めようと購入したガイドブックで一番気になっていた川乗橋から川苔山へ漸く赴くことができました。

新緑と紅葉の季節は混み合うようで、二の足を踏んでいましたが天候が余り良くない日ならばそれほどでは無いのかなと思い、百尋の滝メインでピストンルートとしました。
また、百尋の滝は午前中は混み合うことが有っても午後は立ち寄る方も少ないでしょうから遅くまで居られるように細倉橋まで自転車を利用し時間を稼いでみました。
(そのまま車で細倉橋まで乗り入れも考えましたが状況が判らないので、止めておきました。
 *細倉橋手前に数台駐められそうなスペースは有りましたが早朝や夕刻のおよそ誰も歩かない時間帯は問題ないかと思われますが私は乗り入れないかなと言う感じでした。)

予定では川苔山を時計回りで東の肩からと思っておりましたが団体さん20名程が向かわれましたので、私は足毛岩周りとしました。
百尋の滝から川苔山は何方のルートも急登で、少しなだらかになり、また急登となります。
足毛岩方面は最後の急登を登りきれば頂上、東の肩方面は東の肩まで急登で、広くなだらかな道を進みますと頂上となります。

百尋の滝は午前中に立ち寄った時は大勢の方で、ちょっとびっくりしましたがツアーの団体さん20名程と丁度入れ替わりで、他に10名程でした。
午後は先行で二人組、後から三人組の方が立ち寄っただけで、静かな場所となりました。

川苔山山頂はこの天候で、之また驚きの賑わいで、先のツアー団体さんに加えトレールランの団体さんが15名程で40~50名、その後は10名程となりました。

下山途中、百尋の滝手前で外国人男性二人組、外国人女性二人組、ソロの方とすれ違い時計を見ると13時過ぎ、男性二人組は短パンにTシャツでタフガイそうでしたので大丈夫かと思いますがペースからして確実に川苔山は14時過ぎになるかと思われ、ちょっと心配になりました。

自転車コースタイム
倉沢バス停-(6分)-川乗橋バス停-(37分)-細倉橋
細倉橋-(8分)-川乗橋バス停 15:05-(12分)-倉沢バス停

登山中の画像
  • 今日の東日原駐車場より稲村岩、曇り空でガスがかかっております。
  • 倉沢バス停、林道入口に車を止め自転車で移動。
  • 川乗橋バス停に到着。ここまで6分。
  • 龍王橋、この先ちょっと急勾配なので、自転車を押したりして登りました。
  • 細倉橋、登山道入り口に到着。川乗橋バス停からゆっくり登って37分。昔は自転車も担ぎ上げていた事も有りますがそんな元気は有りません。*トイレは利用できませんので、ご注意願います。
  • 心地良い沢沿いを歩きます。
  • こんな谷側が切れ落ちた箇所も有ります。
  • 盛りは過ぎた感が有りますが未だ紅葉も楽しめます。
  • 途中の沢沿いにいくつかのミニ滝が見られます。
  • ガイドブックの写真の場所だ!なるほど~良いではないですか。
  • 丁度バス時間的に切れ間なのか誰も居ません。
  • 百尋の滝に到着。人の多さにびっくり!でしたがツアー団体さんが20名ほどで、丁度すれ違いでした。
  • 落差40m、滝壺まで近づく事ができます。
  • 川苔山に向け出発。 この先、急登です。
  • 分岐から足毛岩方面に向かうと小さな滝が有りました。
  • 足毛岩経由はマイナールートなのかな?私以外は一人だけでした。
  • 川苔山山頂に到着。ガスがかかり眺望は有りません。山頂気温8℃、温かい食べ物が嬉しい季節となりました。
  • 下山開始、写真では分かりづらいですが急登のつづら折れです。此方の方が急に感じます。
  • 味の有る石積みの砂防ダム?です。上りで取ると沢をそのまま登られてしまうことも有るようで、途中から左手(北側)の斜面から尾根に乗る事となりますので、注意して下さい。
  • 道幅狭く谷側が切れ落ちた場所も有ります。
  • 百尋の滝に戻ってまいりました。
  • 此処で、小一時間程のんびりしました。
  • 細倉橋に到着。
  • 下山は早いです。8分。
  • 倉沢バス停まで戻ってまいりました。 おつかれさまでした。
この山行での装備
雨具・レインウェア、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】 熊鈴
自転車パンク修理セット
カメラ用小型三脚
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア 化繊インサレーションの名品が復活!
パタゴニア 化繊インサレーションの名品が復活! パタゴニアの「DASパーカ」が4年ぶりに復活。アルパインクライマーの横山勝丘さんが立山・龍王岳での使用感を語る!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!