登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
生藤山から陣馬山へ、冬枯れの笹尾根を歩く 生藤山・醍醐丸・陣馬山(関東)
img

記録したユーザー

西東京猛虎会 さん

この登山記録の行程

井戸バス停(8:55)-軍刀利神社登山口(9:30)-
生藤山(10:35)-茅丸(11:00着・11:20発)-
和田峠(13:25)-陣馬山(14:00)-陣馬高原下バス停
(15:10)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約972m
下り:約1,092m
冬枯れの笹尾根、生藤山から陣馬山を歩いてきました。

私自身は笹尾根は2分割で三頭山から陣馬山まで完歩しているのですが、今回は相方の赤線
繋ぎに協力しつつ、しっかり久し振りの笹尾根を楽しみました。

JR上野原駅でバスに乗り換え登山口に向かうのは初めて!井戸行きのバスは休日でも
1日5本と少ないので混んでいるかと思いきや、乗客は私達を含めて4人だけ・・・・・

バス停から軍刀利神社を目指して歩きます。軍刀利神社奥ノ院の「かつらの巨木」は見事な
大木で、葉が生い茂った時に改めて見てみたい!一見の価値有りです。

神社裏から登山道となり、途中の分岐までは一気に登り詰め、分岐以降は山腹をトラバース
気味に高度を上げて笹尾根に繋がります。

笹尾根はアップダウンは有る物の、やはり快適で歩き易い道です。但し、生藤山の登降は急
ですので、注意して下さい。今日は曇天・・・・・富士山を拝めなかった事は残念でしたが、
奥多摩・丹沢方向は何とか見渡せ、それなりに景色は楽しめました。

今日の笹尾根は登山者が少なく、対向と追い越しで10名一寸・・・・・静かでした。
陣馬山では登山者が増えるかな?と思っていましたが、陣馬山も少な目。やはり雪?雨?の
予報が出ていた事が起因しているのでしょうか?山頂の茶店も早々に店じまいして
いましたし。

陣馬山からは陣馬高原下バス停まで一気に下山、バス停到着時に折り返しのバスが到着し、
発車待ちの間も車内で快適に過ごせました。

さて、残った赤線部分は三国山から丸山間。どうやって完歩に繋げるか、交通機関のダイヤと
にらめっこしながらの計画となりそうです。おっとその前に、今宵はビールだっ!

登山中の画像
登山画像
JR上野原駅です。初めて下車しました。
登山画像
今回乗車する「井戸」行きのバス。
登山画像
本数が少ないので、時刻は事前調査要です。
登山画像
バス停、今日は学生がワンサカ!
登山画像
井戸バス停に着きました。バスを前面方向から撮…
登山画像
井戸バス停。
登山画像
バス停横にクラシックな売店発見!コーラの看板…
登山画像
では出発しましょう!
登山画像
静かな集落ですね。
登山画像
えっ?梅がもう咲いている!
登山画像
可愛い看板にノリノリの相方。
登山画像
この、机と椅子は何なんでしょう?
登山画像
最初の分岐が見えてきました。
登山画像
神社方向へ右折します。
登山画像
軍刀利神社方向へ進む。
登山画像
集落の、小さくて可愛いポスト。
登山画像
神社の鳥居を潜ります。
登山画像
因みに、神社境内に綺麗なお手洗いが有ります。
登山画像
神社には向かわず、左の道を進んで奥ノ院方向へ。
登山画像
先行する相方。
登山画像
奥ノ院の鳥居を潜ると・・・・・
登山画像
かつらの巨木がお出迎えです。
登山画像
裏から見ても、やはり巨木です。
登山画像
神社奥ノ院の背後から登山道になります。
登山画像
頑張って登る相方。
登山画像
最初の分岐は左方向、三国山に向かいます。
登山画像
笹尾根に乗りました。生藤山方向に進みます。
登山画像
笹尾根には笹が似合います。
登山画像
最初のピーク、三国山。
登山画像
ちょっと下って直ぐに生藤山への急登。
登山画像
登り切って生藤山の山頂です。
登山画像
相方も登って来ました。
登山画像
山頂の、防火用水はカチカチ!
登山画像
山頂直下の急下り。
登山画像
登り返して茅丸の山頂。今日唯一の1000m越…
登山画像
今日は茅丸でランチ。そばと味噌ラーメンの競演…
登山画像
午後の部スタート。茅丸からの下り。
登山画像
この木はどうしてこんな形状になったのでしょう…
登山画像
冬枯れ快適な笹尾根を行く。
登山画像
君は今まで、何回スリーパーホールドをくらった…
登山画像
連行山の山頂。山頂と言うよりは尾根上の休憩ポ…
登山画像
鹿狩りやっているそうです。
登山画像
陣馬山が見える。
登山画像
醍醐丸のまき道はこっちですよ!いいえ醍醐丸に…
登山画像
そして醍醐丸。八王子市の最高点です。
登山画像
醍醐丸から下って、眼下に醍醐林道が見える。
登山画像
醍醐林道に出たら右折、和田峠に向かいます。
登山画像
僅かな距離で和田峠。売店は休み。
登山画像
陣馬山への登り返し。階段直登?まき道?今日は…
登山画像
頑張れ相方、最後の登りだ!
登山画像
そして陣馬山に到着です。
登山画像
大岳山と御前山が見える。
登山画像
陣馬山山名板。奥は大岳山です。
登山画像
相方は陣馬山は2回目だそうです。
登山画像
では、下山しましょう!
登山画像
陣馬高原下バス停方向に進む。
登山画像
ここを左折。ここまで下山して気付いた!山頂か…
登山画像
一気に下って行きます。
登山画像
登山道が陣馬街道に合流しました。
登山画像
山頂から陣馬街道経由で下山して来た3匹のワン…
登山画像
そして、ゴールの陣馬高原下バス停に着きました。
登山画像
お帰りのバスは既に到着済み。社内で発車を待ち…
登山画像
おまけ。何やら次の山行計画立案中?らしき相方。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、カップ
【その他】 アミノバイタル
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

西東京猛虎会さんの登山記録についてコメントする
  • プックルファザー さん
    西東京猛虎会さん こんにちは

    東京近郊、人気コース、でも静かな山行。一年中楽しめそうなコースであっても、やはり正月明けで三連休初日の曇り空だからなんですね。私は、静かな山行は、大好きです。
    登られた生藤山、陣馬山は、関東百山に入っています。いずれは訪れたいと思っている山なんで、コース状況等々参考にさせて頂きました。
    勇ましい名前の軍刀利神社の巨木は、凄い大きさですね。幹から枝分かれが多いので、ちょっと気になりました。
    可愛い看板横のスーさんナイスですね。脇見運転が増えそうなので心配ですが。(笑)

  • 西東京猛虎会 さん
    プックルファザーさん、こんにちは。

    昨日歩いたこの山域、富士山が望める箇所で、確かに1年中楽しめるコースですよね。
    実は前回に生藤山の山頂で、(北アの)常念小屋で夜の宴会をご一緒させて頂いたご夫婦と
    バッタリ再開すると言った思い出の場所で、その時は登山者が多かった記憶が有ります。

    やはり天気下り坂の予報ですので、皆さん敬遠されたのでしょう。静かな山は楽しさと
    景色独り占めですので、私も好きです。

    軍刀利神社の巨木、確かに枝分かれが気になりますが、比較の為に相方に写り込んで
    貰いましたが、その大きさは見事でしたね。

    可愛い看板横の相方、確かにナイスですが、実は同じポーズしてっ!て、リクエストしていましたので、ヤラセ感が漂います・・・・・(笑)

  • ガバオ さん
    西東京猛虎会さん、おはようございます。

    今回はレコ当番ですね!(笑)

    私も日曜日に生藤山の近所を歩いて来たのですが、実は直前まで軍刀利神社に立ち寄ろうかどうか悩んでいましたので、レコを拝見して驚いた次第です。結局立ち寄らずに、春先に取っておくことにしました。(奥の院の巨樹はカツラでして、春先に芽吹く姿が素晴らしいという話です)

    相方さんが次のコースを決められたのか?次回のレコが楽しみですね。(笑)

  • 西東京猛虎会 さん
    ガバオさん、こんにちは。

    コメント、有難う御座います。

    今回の計画(コース)は、相方の笹尾根赤線繋ぎが主目的で、生藤山にどうアプローチしよう
    か?と地図とにらめっこした結果が井戸バス停発でした。これで残った赤線箇所は三国山~
    丸山間で、また微妙なエリアが残ってしましました。恐らく2回に分けての完歩計画となる
    でしょう。帰りのバス車中でその計画を立案してくれているので有れば、従うのみです。

    所で、「けやき」→「かつら」の間違いの御指摘、有難う御座います。早速修正しました。
    この「かつら」の巨木は新緑が芽吹く頃がオススメなのですね!ならばその時に再度同じ
    コースで尾根上に上がって、熊倉山方向に行くのもいいですね。

    ・・・・・「けやき」で良く良く思い出してみたら、私の親父様が贔屓にしていた歌の歌える
    夜のお店の名でした(笑)

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

西東京猛虎会 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...