登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
フクジュソウを訪ねて 浅間尾根(払沢ノ滝入口-払沢ノ滝-時坂-峠の茶屋-浅間嶺展望台-人里峠-一本松-仲の平分岐-仲の平)(関東)
img

記録したユーザー

yamaocchan さん
  • 日程

    2019年3月2日(土)

  • パーティ

    2人 (yamaocchan さん 、sk さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:武蔵五日市駅から藤倉行バスで払沢ノ滝入口下車
    帰り:数馬温泉センターから武蔵五日市行バスで終点下車

  • 天候

    晴れ
    [2019年03月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

払沢ノ滝入口8:11-8:28払沢ノ滝8:31-8:40払沢ノ滝駐車場8:45-9:02時坂集落の公衆トイレ付近9:19-9:40峠の茶屋9:47-11:00浅間嶺展望台11:07-11:10休憩所11:13-11:18浅間嶺山頂11:20-11:30ムシケノ頭11:31-11:38人里峠11:40-12:21一本松13:02-13:20サル石13:25-13:31数馬分岐13:35-13:55車道(役場のアンケートの人と話)14:05-14:38仲の平分岐14:41-15:18仲の平バス停15:18-15:22温泉センター


総距離 約14.3km 累積標高差 上り:約1,711m
下り:約1,342m
今回は正月に山デビューしたsk氏を同伴して、半ばお酒を飲むための山行である。行先は丁度季節のフクジュソウを見ようと思い、以前この時期に見たことがあった浅間尾根を目指すことにする。
いつもの払沢ノ滝入口で下車したが、これまで一度も見たことが無い払沢ノ滝を見に行くことにする。往復20分ほどかかったが、この時期は水量が少なくてちょっと迫力に欠けるようだ。滝も人里に近い場所にあれば珍しさがあるが、ちょっと山中に引っ込むと光が当たらなくなるものだ。山に入っているとこの程度の滝は捨てるほどあるが、その差は大きい。
引き返して再び浅間嶺に向かう。時坂の集落に入り、公衆トイレの手前の斜面にお目当てのフクジュソウが群落をなしていた。ちょうど見ごろで、なかなかの眺めである。
フクジュソウを堪能したら時坂峠へ向かう。登山道はやめて車道を行く。こちらの方が浅間尾根の山裾の眺めが良いからである。そして峠の茶屋へ。茶屋の前で大岳山と御前山を眺めたら登山道に入る。と、その前に見張りの方がお二人、聞けば村が実施しているアンケート調査とのこと。どこから来たかとか何回目の奥多摩か、などの問いに答えたあと最後に要望事項の問いがあったので、2つばかり書いておいた。
1時間少しかけて展望台へ。ここでも富士山と眼前の大岳山、御前山を見ると同時にその東に見える少し雪をかぶった山並みを見る。先ほど峠の茶屋で同定できなかった山並みだ。良く見ると、雪をかぶっていたのは飛龍山辺りで、その手前に雲取山から石尾根の山並みが見えているのであった。
まだ12時前なのでもう少し頑張って1本松で昼食にする。今日はお湯を持ってきたので、カップヌードルである。
そのあと、数馬峠手前の車道でまたアンケート調査。さっき書いたと申し上げたのだが、ここを通る人が少ないので頼むと言われて再度記入。ちょっと前にサル石でサルの手形があると書かれていたがとてもそれを探す気にはならなかったので、もう少しヒントをくださいとお願いしておいた。
さらに1時間強歩いて数馬の湯へ。同所のBeer&日本酒+特製ジャガイモ焼酎でこの日を終わった。

登山中の画像
登山画像
払沢ノ滝入口バス停で下車。良い天気だ。
登山画像
滝の駐車場から馬頭刈尾根を見上げる。ツヅラ岩…
登山画像
今回初めて払沢ノ滝に立ち寄る。4段の滝と説明が…
登山画像
少し手前から
登山画像
時坂のフクジュソウ。結構広範囲に咲いている…
登山画像
接写レンズでズームアップ
登山画像
咲いている斜面の全体
登山画像
時坂峠の先で浅間尾根の斜面。ミズナラか何かの…
登山画像
峰の茶屋で大岳山
登山画像
同じく御前山
登山画像
御前山の西に白く雪を被った山が見える。石尾根…
登山画像
浅間嶺展望台へ続く尾根上の雑木林。楢系統の林…
登山画像
展望台に到着。まずは富士山から。
登山画像
ズームアップ
登山画像
展望台から御前山の西の山並みを見る。白く雪を…
登山画像
雲取山のズームアップ。デジタルズームしても山…
登山画像
大岳山と御前山
登山画像
山頂の標識
登山画像
浅間嶺山頂
登山画像
ムケシノ頭
登山画像
ムケシノ頭山頂の様子
登山画像
一本松で昼食
登山画像
一本松の表示
登山画像
サル石。猿の手形があると書かれているが、どこ…
登山画像
御前山
登山画像
大岳山
登山画像
仲の平分岐手前にある伐採地から笹尾根を見る。…
登山画像
仲の平へ降りる道。なかなかきつい斜面である。
登山画像
仲の平バス停付近で見たロウバイ
登山画像
数馬の湯のレストランでちょっと一杯。1時間少し…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yamaocchanさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yamaocchan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...