登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
檜洞に紅葉ふみ分け鳴く鹿の・・・(4B) 檜洞丸-犬越路(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2014年10月18日(土)~2014年10月19日(日)

  • 利用した登山口

    西丹沢自然教室  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:新松田駅より富士急バス 西丹沢自然教室行き
    好天の週末だったが、空いていて、5月末のツツジの季節とは大違い
    ただし、青ヶ岳山荘の方によれば客足のピークは11月とのこと

  • 天候

    一日目:晴れ時々曇 二日目:晴れ

この登山記録の行程

【1日目】
西丹沢自然教室(09:37)・・・ツツジ新道入口(09:44)・・・ゴーラ沢出合(10:20)・・・展望園地(11:16)・・・石棚山稜分岐(12:40)・・・檜洞丸(13:15)

【2日目】
檜洞丸(07:00)・・・矢駄尾根分岐(07:44)・・・犬越路(09:27)・・・用木沢出合(10:32)・・・ツツジ新道入口(10:45)・・・西丹沢自然教室(10:50)

総距離 約12.4km 累積標高差 上り:約1,504m
下り:約1,504m
コースタイム 標準:7時間40分
自己:7時間8分
コースタイム倍率 0.93
日帰りコースだが、今回はゆっくり秋の山を楽しむというのがテーマ。日没やご来光、早朝の谷に響き渡る鹿の鳴き声など、山中に一泊したからこそ味わえる楽しみがたくさんあった。

標高500メートルの登山口付近はまだ木々は青々としていたが、標高1300メートルより上はカエデ、つつじなどが美しく色づいていた。

コースは良く整備されているが、落ち葉が落ちている広い場所やゴロゴロ岩が転がっている沢筋などでは、踏み跡がやや不明瞭になる。秋山独特の注意点だろう。晴天時は何も問題ないだろうが、ガスに巻かれたときには要所要所できちんとコースを確認すべきであろう。また、早朝は霜や朝露で濡れているので、木道や岩場でのスリップには注意。コースは朝露に濡れたクマザサも越えていくので、スパッツがあってもいいかもしれない。この時期、朝晩は冷え込むので、手袋や防寒着も必要だ。

ランプの宿、青ヶ岳山荘に宿を取り(要予約)、朝夕の蛭ガ岳や富士山の赤く染まる様を楽しんだ。これは日帰りでは味わえないことだろう。寒い晩に練炭を熾したこたつに当たりながらランプに照らされるのは、心が落ちつく。太陽光発電で照明にLEDを試しているとのことだが、できればランプを続けていただきたいものだ。ゆっくり休めるように、宿泊予約も制限を設けているそうで、広い布団でゆっくりと休めた。

中腹より上は木々も色づいているが、初夏などと比べて登山者が少なく、静かな山行が楽しめた。明け方は雲がわだかまる谷間からすんだ悲しげな鹿の鳴き声がそこかしこから聞こえ、百人一首の一つを思い出した。西丹沢は、東丹沢と比べても動物の気配が濃いように思う。道中、若い鹿やカモシカと出会った。

ゆっくり、のんびりがテーマであったはずなのだが、午前中のバスを逃すと、次が4時間も来ないので、結局急いでバスに乗ることに。出戻り登山者は、いまだにせっかちさから解脱できない。

登山中の画像
  • ゴーラ沢出合近辺では、まだ葉も青々としている
  • ゴーラ沢出合の徒渉点
  • 標高1300メートル辺りから、色づいた木が出てくる
  • 5月末に満開の花で楽しませてくれたツツジが、今度は紅葉で出迎えてくれる
  • 頂上手前の立ち枯れしたブナの木 枯れてなお風格がある
  • 檜洞丸頂上の祠
  • 夕日に染まる蛭ガ岳
  • 檜洞丸山頂直下より富士の夕景
  • 青ヶ岳山荘のランプ
  • 朝靄の谷間から、悲しげな鹿の鳴き声が聞こえてくる
  • 曙光を背景に蛭ガ岳
  • 朝は木道に霜が降りていて、スリップ注意
  • ご来光
  • 朝日を浴びて赤く染まる木々
  • 朝日を浴びる雪を頂いた富士山
  • 檜洞丸山頂直下から望む朝日に染まる犬越路方向 後ろに控えるのは大室山
  • 犬越路に向かう稜線の笹藪 動物の気配が濃く、鹿やカモシカと出会った
  • 稜線を気持ちの良い風が渡る
  • 用木沢から振り返る
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2021年2月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。