登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
椹島から反時計回りで聖巡業(3泊4日山小屋泊の旅)(2日目) 千枚岳、丸山、悪沢岳(東岳)、中岳、前岳、小赤石岳、赤石岳、大沢岳、中盛丸山、小兎岳、兎岳、、聖岳、奥聖岳、小聖岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年9月13日(金)~2019年9月16日(月)

  • パーティ

    6人 (Yamakaeru さん 、ほか5名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:畑薙第一ダム夏季臨時駐車場。200台規模。畑薙第一ダムを過ぎた沼平ゲート(沼平駐車場)まで車で侵入可能だが、一般的には臨時駐車場に車を停めてバスで南アルプス南部(赤石岳、悪沢岳、聖岳方面)の拠点となる椹島ロッジまで向かう。畑薙第一ダム夏季臨時駐車場のマップコード(777 517 201*03)。仮設トイレあり。ちなみに椹島ロッジへのバスは、東海フォレストが運営する山小屋の送迎バスの位置づけを兼ねているので、乗車券として3,000円(往復分)を支払うが、山小屋に宿泊すればその料金分が割り引かれる仕組み。

  • 天候

    快晴
    [2019年09月13日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

千枚小屋(04:38)・・・千枚岳(05:41)・・・丸山(06:33)・・・悪沢岳(東岳)(07:00)・・・中岳・・・前岳(08:31)・・・荒川小屋(09:24)・・・大聖寺平(10:26)・・・小赤石岳(11:33)・・・赤石岳(12:12)(昼食~12:53)・・・赤石岳避難小屋(13:01)・・・百間平(14:10)・・・百間洞山の家(14:51)


総距離 約19.0km 累積標高差 上り:約2,121m
下り:約2,281m
【2日目】
4時少し前に起床。外に出ると、空が少しずつ明るくなり始めていた。このまま千枚小屋前で日の出を待つか、一瞬悩んだがとにかく千枚岳の山頂目指して、登れるだけ登ってみることにする。
5時を回るとヘッドライトに頼ることなく足元がしっかりと見えるようになってきた。日の出前に樹林帯を抜けきってしまおうとペースを上げていく。
途中、なんとか見晴らしの良い場所で日の出を迎える。富士山の左横、雲海がひときわ赤く染まり、揺らめくように真っ赤な太陽が顔を出してきた。夕陽に染まる赤と同じ赤でも、優しさを感じる夕陽の赤に対し朝日の赤は力強さを感じる。
千枚岳に到着。2日目にしてようやく1つ目のピーク。
頂からは北へと延びる南アルプスの大きな山々が連なって見えた。特徴的なピークには、南アルプスの北部を飾る北岳や仙丈ケ岳に甲斐駒ヶ岳と言った3,000m級の名峰。改めて南アルプスのスケールの大きさを感じた。
次のピーク、丸山を目指す。ここから先は待ちにまった稜線歩き。岩場が増えて悪路となるが、お花畑のポイントも多く岩と岩の間に様々な種類の高山植物を見ることができた。
丸山を過ぎると荒川岳のエリアへと入ってく。荒川岳とは、赤石山脈南部の最高峰でその総称。正確には荒川三山として、東岳(3141m)、中岳(3083m)、前岳(3060m)の3つからなる。また、一番高い東岳は、通常「悪沢岳」と呼ばれることが多い。山に来てまで頭は使いたくないが、非常にややこしい帯だ。
その荒川三山を 東岳、中岳、前岳の順番で巡っていく。危険な岩稜地帯が続くと聞いていたが、思ったほどではなかった。それよりも、終始、雲海に聳える富士山を眺めながら歩ける、なんとも贅沢な縦走路だった。
前岳を過ぎると、折角3,000mの世界に来たのに、再び高度を下げていく。
降った先には荒川小屋。その先には見上げるようなでかい山が聳えている。赤石岳の片鱗。これから登る山がいかに大変か、それを見ただけでも伺える。
登る前に、荒川小屋で水を補給する。水場は小屋から100mほど下ったところにあり、パイプから沢の豊富な水が勢いよく流れだしている。試しに口をつけてみたが、手がしびれるほど冷たく、のど越しがよい。つい「ゴクゴク」と飲みすぎてしまった。甘くてまろやか&美味し。さすがは「南アルプスの天然水」だ。
準備を整えていざ出発。ガツガツと登っていく。ある程度登るとトラバースとなり、赤石岳にとりつくための水平移動となる。その間はとても気持ちの良い登山道が続く。
赤石岳にとりつくと本格的な登りが始まる。しかも、登っても登っても急登の連続で、足場もザレていて注意が必要。
ピークにたどり着き「うぉー、赤石岳攻略!!」と叫ぶが、実はその手前の小赤石岳。標高3,081m。ちっとも小さくなんかない。
しかし、その先の赤石岳を見ると、標高3,120mはさすがにでかいと思った。
なんとか赤石岳にたどり着き、山頂で昼食とする。もうお腹はペコペコ。目の前の富士山よりも、今は手にあるカップラーメンの方が有難い。
赤石岳の山頂からすぐ下には赤石岳避難小屋が見下ろせた。
食事を終えて移動開始。ここまで頑張って登ってきた分、今度は頑張って降らなければならない。山頂からも切り立った斜面が見えていたが、これがかなりの苦行だった。大斜面下コルというところまでザレた九十九折の道を延々と降った。
降りきると、今度は聖岳を見ながら縦走が楽しめる馬の背に入るが、残念ながら雲がせり出してきて、一面真っ白で何も見えなくなってしまった。それでも馬の背の縦走は楽しく、真っ白な世界が逆に天国を歩ているような幻想的な風景を作り出していた。
百閒平に到着。ここで小休止をとったのち、今日の宿泊先、百閒洞山の家(「ひゃっけんぼら」と短く呼ばれる)を目指す。百閒洞へは、再びザレた九十九折の道を降る。赤石岳の降りよりも、今回は霧で先が見えない分、エンドレスの罰ゲームをしているような気分になった。キャンプ場の看板を見つけたときにはほんとに嬉しかった。
しかし、キャンプ場から山小屋までが意外に遠かった。キャンプ場脇には豊富な水量の沢が流れているため、水には困らないがトイレは小屋までいかなければいかず、なかり不便そうだった。
百閒洞山の家は、両脇、山に囲まれた谷あいに建っていた。
早速、受付を済ませ荷物を運びこむ。聞くといつも混んでいるらしいが、今日も3連休の初日だけあって、相当混んでいるとのこと。寝返りし放題だった昨日とは大違いで、寝袋の向きを、足と頭が交互になるよう敷き詰める。お隣さんの足元から壁までの間にできたわずかなスペースにザックを置く。ちょうど寝ると頭の両脇にザックがある感じ。
寝床が整ったところで、つまみとお酒を持って外に出る。小屋の横を流れる沢の音を聞きながら、テーブルに座り2日目の宴会がスタート。
ビールを買いに行ったら、なんと恵比寿ビールが売っていた。「ぷしゅ」っという音とともに今日の達成感を味わう。
本当は、初日のみ自炊の計画をしていたが、昨日の食材が余っていたので、お金をセーブするために今日も自炊とする。でも、百閒洞はトンカツが超有名なので、次回、機会あればぜひ食べてみたいものだ。
食事を終えて、ミノムシの寝床に戻る。寝袋のファスナーを全開にしても蒸し暑くとにかく寝苦しかったが、アルコールの力も借りながらなんとか眠りに落ちる。

登山中の画像
登山画像
一日が始まります。
登山画像
2日目にして一つ目のピーク。千枚岳。
登山画像
南アルプスの山深さを感じます。
登山画像
お花畑に突入。
登山画像
なんかいつもよりでかい気がする。
登山画像
きい。
登山画像
ピンクに、紫に、黄色に、白を並べてみました。
登山画像
結構アップダウンがある縦走路。
登山画像
太陽がだいぶ登ってきました。しかし、常に富士…
登山画像
南アルプスの北部。
登山画像
荷物が激重ですが、頑張るぞお。
登山画像
草原のよう。
登山画像
鹿対策でフェンスが張られています。
登山画像
荒川小屋に到着。
登山画像
100m程降って水場へ。最高においしかった。
登山画像
トラバースしながら赤石岳へ向かいます。この道…
登山画像
小赤石岳。ちっとも小さくないって。でも奥にで…
登山画像
赤石岳と富士山。でもそれよりご飯!!
登山画像
雲海が綺麗でした。
登山画像
赤石岳避難小屋。小さいが整っている。
登山画像
赤石岳避難小屋の壁の看板。
登山画像
さあ、百間洞へ参りましょう。
登山画像
馬の背の縦走路が、、、どんどん雲がせり出して。
登山画像
真っ白な世界を歩いていきます。
登山画像
百間洞山の家。長い下りだったああ。
登山画像
今日の寝床を準備中。このザックの下の部分にお…
登山画像
百間洞山の家、正面。さて、外で宴会スタート。
登山画像
おおっ、恵比寿ビールが売っている。:)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    「山を想えば人恋し、人を想えば山恋し。」
     慎太郎にとって山を思うことは、山を通じて関わった人たちを思うで、山にあこがれる人に、あこがれることだった とのことですって。

  • Yamakaeru さん
    いい言葉ですね。山を通じて人のつながりが増え、人として成長する。こちらは既に成長はSTOPしていますが、とりあえず感動を求めて山旅したいところです。

  • レオ さん
    富士山と御来光、あの景色は一生記憶きに残ると思います(^。^)

  • Yamakaeru さん
    あんなに富士山を見ながら歩いたのは初めてでした。越百岳から見た、南アルプスと富士山にすごく感動しましたが、今、その南アルプスに来ているんだと嬉しかったですね。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。