登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 7
山梨側から三頭山に登り、豊かな自然林の紅葉を楽しむ(3A) 三頭山(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2019年11月10日(日)

  • 利用した登山口

    都民の森  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:(行き)JR青梅線奥多摩駅から 西東京バス奥12 小菅の湯行き 7:25発 バスは全員座れるくらい
    (帰り)都民の森より数馬経由、JR武蔵五日市駅 途中数馬で入浴

  • 天候

    快晴
    [2019年11月10日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

余沢(08:15)・・・向山(09:20)[休憩 5分]・・・向山分岐(10:12)・・・神楽入ノ峰(10:52)[休憩 2分]・・・三頭山西峰(11:27)[休憩 31分]・・・鞘口峠(12:42)・・・森林館(12:48)[休憩 4分]・・・都民の森(12:55)

総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約1,236m
下り:約826m
コースタイム 標準:4時間45分
自己:3時間58分
コースタイム倍率 0.84
山梨県側から落葉広葉樹が豊かに残る三頭山西斜面を登り、紅葉を満喫してきました。先週大菩薩周辺では、標高1300から1600mあたりが紅葉の見頃でしたが、今週の三頭山では1100から1300mあたりまで下がってきていました。今回のコースでは台風の影響はあまりなかったようで、通行に支障はありませんでした。

「山と渓谷」に連載されている山田哲哉氏の随想の、奥多摩周遊道路の開発でいかに豊かな森が失われたのか、それでもなお三頭山の西側斜面にはその面影が残っているといった趣旨の記述(手元にその記事が残っていない)が印象深く、いつかは山梨側から登ってみたいと思っていた。先週の状況を考えれば、紅葉が見頃を迎えているであろう標高もピタリ。都民の森側とは異なり、入山者も少なく静かな山歩きが楽しめそう。さて、鶴峠から登ろうか、余沢からアプローチしようかと思案していたら、素敵な奥多摩のコースを指南してくださる「いっきさん」から余沢がお勧めとのコメントを頂戴して心は決まった。前週の牛ノ寝通り同様、登山者が押し寄せることもなく静か。コースの大部分が落葉広葉樹に覆われ、静かに紅葉を楽しむことができる素晴らしいコースだった。

奥多摩駅から、湖面がいまだに濁っている奥多摩湖沿いにバスで進むと、余沢(よさわ)で降りた登山者は私を含めた5人だけ。オマキ平(向山)ハイキングコースの標識と、公衆トイレが目印の登山口から出発。歩き始めは寒いくらいだったが、すぐに体も温まり上着を脱ぐ。最初は杉の植林帯だが、標高800mあたりからミズナラなどの落葉広葉樹に。1000mに差し掛かるあたりから色づき始めて、徐々にテンションも上がってくる。今は朽ちてしまった木製の展望台がある向山(1077m)は、素晴らしい紅葉・黄葉でうっとり。恐らくはベストの紅葉ではあるまいが、私には十分楽しめた。山頂付近は小広く、落ち葉が厚く積もっていて踏み跡も見当たらないので、コースが尾根づたいであることを意識して、しっかりと進路を定めて進みたい。

鶴峠からの登山道と合流する鶴峠分岐辺りの紅葉も好ましかった。ブナの大木が黄金色に黄葉しているのを愛でながら、神楽入ノ峰に登っていくが、これがブランクのある出戻り登山者にはなかなかの急登。紅葉の見頃は概ね標高1100から1300mあたりで、1400mを超える頃には色褪せたり、落葉が目立つようになる。神楽入ノ峰のピーク(1447m)は、狭く、展望もない。鞍部を挟んで三頭山に向け標高を稼いでいくと、露岩があり、本日初めて富士山の姿を眺めることができた。北側に雲取山など石尾根に連なる峰々、南には小金沢連嶺や手前に牛ノ寝通りなども見渡せ、一服するのに良いところ。(神楽入ノ峰までの区間でペースがガクンと落ちて見えるのは、この露岩で休憩したためだろう)

三頭山西峰は、恐らくは都民の森側から登ってきたのであろう大勢の登山者たちで大にぎわい。幸い富士山を正面に臨むベンチに腰掛けることができ、のんびり景色を楽しみながらランチ。三頭山は混雑もするだろうし、寒いかもしれないと考えて、今日はストーブではなく、魔法瓶にお湯を詰めて持参した。風も穏やかで晴天だったので、杞憂ではあったのだが・・・。

都民の森へは、鞘口(さいぐち)峠経由で降る。なかなかの急斜面で、先週5年ぶりに靱帯炎を再発してしまった出戻り登山者は大事をとってポールを取り出し、慎重に下る。幸い、今回のコースでは台風の影響はあまりなかったようで、通行に支障はない。

都民の森から無料のシャトルバスで数馬まで行き、藁葺き屋根で兜造りの「蛇の湯たから荘」で源泉掛け流しのお湯に浸かる(入湯料1000円)。幸い二週連続で好天に恵まれ、紅葉の一番良い時期を静かに楽しむことができた。

コース定数24

登山中の画像
  • 奥多摩湖は台風の影響か、依然として灰緑色に濁っている。車道も所々法面の補修で片側通行。
  • 奥多摩駅から小菅の湯行きバスで、余沢へ。バスを降りたのは5人。
  • 標高700mあたりまでは植林された単調な登りが続く。
  • ようやく広葉樹が出てきて・・・
  • ・・・標高1000mあたりから木々が色づいている
  • もっと色あざやかなシーズンはあるのだろうけど、それでも美しい
  • 向山(1077.8m)の展望台。階段が朽ちていて登れない
  • 向山山頂付近はモミジが多い。おそらくはもっと鮮やかに紅葉する年もあるのだろう。
  • 向山山頂周辺は、落ち葉と緩やかな斜面で踏み跡が見つからない
  • ステンドグラスのように、逆光に映える紅葉
  • 神楽入ノ峰への登りはきつい。けれども、十分に報われる。
  • 鶴峠からの登山道との分岐点
  • ブナの大木の黄葉
  • 画面中央に雲取山
  • 紅葉のピークは1100から1300mあたりまで。
  • 小金沢連嶺。標高1400mを超えると葉も色あせ、落葉が目立つようになる。
  • 神楽入ノ峰(1447m)。展望は乏しい
  • 三頭山西峰手前の露岩は、見晴らしが開け、本日初めて富士山がはっきりと望めた。
  • 三頭山は、都民の森側から登ってきたであろうハイカーでいっぱい。急に賑やかになる。
  • 山頂から眺める石尾根の山々。左端のピークは雲取山
  • 標高1500m付近はすでに落葉している。
  • 鞘口峠へずんずん降る。先週靱帯炎を再発してしまったので、ポールをでして慎重に降る。
  • 高度を下げていくと再び紅葉
  • 森林館に到着
  • 蛇の湯たから荘で源泉掛け流しのお湯に浸かる。
この山行で使った山道具
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • いっき さん
    余沢から登られたのですね。
    5人もとは 珍しい。私が行った時はいつも私だけでしたから。
    このルートも少し知名度が上がったのかな??
    紅葉は いいタイミングだったようですね。
    次回が有れば ヌカザス尾根への 巻道を歩いてみて下さい。
    そこから見上げる金屏風のような 紅葉は見事ですよ。

  • ぼっけもん さん
    すてぱんさん、こんにちは!
    追記前にコメントになりますが、先週に引き続き、今回も素晴らしい紅葉ですね~。ステンドグラスのようなとはうまい表現をされるものだなと感心しながら拝見していました。今シーズンはまだガッツリとした紅葉にはお目にかかっておらず、うらやましい限りです、いいなぁ~。靱帯炎の具合はよさそうですね、どうぞお大事に。引き続きの紅葉レポ、楽しみにしています。
      ぼっけもん拝

  • すてぱん さん
    いっき さん 、コメントありがとうございます。

    本文にも書きましたが、鶴峠と余沢、どちらから登ろうかなと思案していた時に、ちょうどアドバイスを頂戴して、心が決まりました。今回は巻き道を歩いていませんが、イッキさんの勧めとあらば、いずれ登らねばなりますまい。

    これからも素敵なコースをご指南くださいませ。

  • すてぱん さん
    ぼっけもん さん、コメントありがとうございます。

    静かで、素晴らしいコースでした。でも、屋久島に行かれたり、単身赴任の気楽さ(?)で毎週のように山登りを楽しんでいらっしゃるご様子は、私の方こそ羨ましく感じます。

    ああ、あの頃が懐かしい・・・笑

  • ガバオ さん
    すてぱんさん、こんばんは!

    三頭山は山梨県側こそ素晴らしい、というのはこのことだったのですね~。
    素晴らしいタイミングでの紅葉レコ、たっぷり堪能させて頂きました!

    7:25奥多摩発小菅行のバスに乗ることができれば、私の行動範囲ももっと広がるのですが、悲しいかな、江戸川の東側からでは到底間に合いません(涙)。
    丹波行きバスに乗って深山橋から余沢まで歩いたことがありますので、コースタイム的にチャレンジする余地はありそうです!

    PS. 数馬には何度となく出掛けてりますが、たから荘はいつも素通りしてしまっています。きっといい感じなのでしょうねっ!

  • すてぱん さん
    ガバオ さん、コメントありがとうございます

    今シーズンの紅葉は、今ひとつなのでしょうけれども、それでもあの色彩の中に迷い込むのはとても楽しいですね。このコースも、台風の影響は限られて、通行にも支障はありませんでした。何よりも、静かな広葉樹林帯というのが素晴らしかったです。都民の森のような整備された施設は、アプローチも楽で私のような登山者にも多大なメリットがあるのですが、半面植生を変えてしまったり、大勢の人を招き入れてしまいます。矛盾ですね(笑)。趣味の登山は、かなり貴族的な行いなのかしら?

    鶴峠からのアプローチなら、大月駅からバスが出ていたと思いますが、そちらだといかがでしょうか?あるいは、都民の森から山梨側に下るとか・・・?

    たから荘は、日本秘湯を守る会認定のお湯だそうです。数馬の湯のそばにある穴場的な存在ですが、料金は820円対1000円と高いです。露天風呂などもありませんが、渓流を見下ろす開放的な内湯はやはり静かですよ。

関連する現地最新情報

  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    明日は雪予報。冬の防寒装備で(手袋や帽子も必要)。登山道に積もる落ち葉の下には霜柱あり
    19年12月06日(金)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    11/28に降った初雪は、その後の雨で消えました。氷点下の寒さと日没の早さに対応できる装備でお越しください
    19年12月03日(火)
  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    昨日は初雪が舞い、周辺は薄っすらと白くなりました。小袖乗越の駐車場のトイレは12/2に閉鎖します
    19年11月29日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?