登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
いつか続く道へ 霧に佇む西穂高をゆく 西穂高岳、独標、丸山(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年8月12日(水)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビには「新穂高ロープウエイ」をセット。奥の鍋平高原駐車場(有料)を利用。ロープウエイは「しらかば平発(第2ロープウエイ)」。夏季は8:15始発となっているが、混雑時期には早まることがあるので事前にHPを確認のこと。ザック等荷物は6kg以上で荷物券の購入が別途必要。

  • 天候

    雨と曇り

この登山記録の行程

西穂高口駅(08:37)・・・西穂高山荘(09:34)・・・丸山(09:54)・・・西穂高岳独標(11峰)(10:36)・・・ピラミッドピーク(8峰)(11:08)・・・チャンピョンピーク(4峰)(11:32)・・・西穂高岳(1峰)(11:53)(昼食~12:48)・・・ピラミッドピーク(13:00)・・・西穂高岳独標(13:16)・・・丸山・・・西穂高山荘(14:22)・・・西穂高口駅(14:57)


総距離 約7.8km 累積標高差 上り:約1,044m
下り:約1,036m
山仲間とお盆の登山について相談する。
もともと「白山」を予定していたが、「てんきとくらす」にそそのかされて急きょ「西穂高岳」へと変更。しかし、結果的にはどこに行っても同じだったと思うが、深夜の高速を走っている時には、時折、前が見えないくらいの激しい雨に「本当に登れるのか?」と思った。
明け方、新穂高ロープウエイに到着。今回はロープウエイを使うのでいつもの無料駐車場ではなく、しらかば平駅近くの有料駐車場を使う。例年なら常に満杯のはずが、がら空き状態だった。ここにも新型コロナの影響か、またまたいまだ降り止まぬ雨のせいか。。。
7:30頃、荷物を整えてしらかば平駅へと向かう。
往復切符と荷物券(往復分)を購入。知らない間に駅が綺麗になっていた。
8:15、始発に乗って一気に標高2,156mを目指す。晴れていれば笠ヶ岳等の名だたる山々が一望できるのに、窓の外は完全な白の世界。ここまで何も見えないのであれば、チケットも少しは割り引きして欲しいものだ。
西穂高口駅に到着。いつもなら屋上のテラスで記念撮影をするところだが、同じく白の世界なのでそのまま歩き出すことにする。レインウエアを着込んでの登山開始。
駅から西穂山荘までは樹林帯の中の緩やかな登山道を歩く。標高が高いので、森全体がヒンヤリしている。森の小道と呼びたくなるような整備された道が続く。後半は多少高度を上げていくがそれでも急登というほどではない。1時間弱ほど歩くと水平方向となり、木道が出現したところで新穂高山荘に到着。
新穂高山荘まで来ると高山植物も少しずつ目につくようになってきた。山荘からの眺望を楽しみにしていたが、相変わらず何も見えない。幸い雨は収まってきたのでレインウエアだけ脱いで、そのまま歩き出す。山仲間の一人が山荘名物のラーメンが食べたいと言っていたが、それは帰りの楽しみに取っておいてもらう。
山荘から次のポイントとなる丸山を目指す。最初の直登部分はさほど長くなく、登りきるとハイマツ帯の岩場が続く。丸山までは比較的初心者向けのルートとなっているため、丸山をゴールとする登山者も結構多い。
アップダウンを繰り返しながら稜線を歩く。本来であれば丸山からは西穂高岳がよく見えるはずなのに残念だ。だた、いつの間にか雨も止み、青空が一瞬見えたので、このまま晴れることを祈って進む。
西穂独標の直下まで来ると、完全な岩稜地帯となる。浮石がとにかく多いので、落石を起こさないように慎重に進む。
西穂独標に到着。岩に白いペンキで11峰と書かれている。濃い霧の中には次の岩山が聳えているのが薄っすらと見える。独標から西穂高岳まではそう遠くはないが、1峰の西穂高岳までカウントダウンするように急峻な岩場のピークが連続して待ち構えている。三点確保を基本に進めば、特別な装備を使わなくても問題はないが、格段に難易度が増すため、ここから先は上級者エリアと言われている。ちなみに独標とは、「独立標高点」の略で、「地図上で標高が記載された点」を指す。簡単に言うと地図を作るために測量した場所。ただ、一般的に登山の世界では独標と言えば、基本この「西穂高独標」を指すことが多い。
さすがに足運びに注意な箇所が増えてきた。両脇が切り立ち、まるでナイフの刃の上を歩いているようなスリル感がたまらない。晴れていれば絶景も加わり最高だっただろうとと思う。
ひと際大きなピークを乗り越えるとピラミッドピーク(8峰)。その後もいくつかのピークを越え、ついに第1峰、西穂高岳に到着。主峰の頂だ。
ちょうどよい時間になったので、山頂の僅かなスペースで昼食タイムとする。雲が激しく動いているが、残念ながら願い届かずで、奥穂高方面は全く見えない。
以前、残雪期の奥穂高岳から眺めたジャンダルムが忘れられない。空間を押しのけるように存在する巨大な岩壁にただ圧倒された。今年、満を持して槍ヶ岳からジャンダルムまでの縦走計画を立てていたが、新型コロナウイルスの関係で山小屋が確保できず保留となってしまった。欲張らずに新穂高温泉からジャンダルムだけ周遊にすれば良かったかと少し後悔しているが、近いうちに必ず穂高に戻りジャンダルの天使に会いに行こう。
今は見えない先にあるが、近いうちに踏破しよう。

登山中の画像
登山画像
ロープウエイの奥の駐車場。がら空き。こんなの…
登山画像
しらかば平駅。いつのまにか綺麗に??
登山画像
雨の霧。なんにも見えない。涙。
登山画像
西穂高口駅。さあ出発です。
登山画像
ハクサンフウロが。
登山画像
もうトリカブトの時期になったか。季節の移り変…
登山画像
久しぶりにやってきた西穂高山荘。
登山画像
ウサギギクはもう終わりかけ?
登山画像
丸山までは優しい道が続きます。
登山画像
丸山到着。普通の人はここまでにするケースが多…
登山画像
一瞬だけの晴れ間。
登山画像
高山植物が増えてきました。トウヤクリンドウ。
登山画像
西穂高岳独標に到着。さあ、ここからは難易度も…
登山画像
イワギキョウが綺麗に。
登山画像
ピラミッドピーク。かっちょえー。
登山画像
行く手には更に尖ったピークが。。。
登山画像
ここで大きく晴れると期待したのになあ。
登山画像
岩稜地帯が続きます。
登山画像
氷河が削ったあと。
登山画像
雲の動きがドラマティックでした。
登山画像
見るものすべてがジャンダルムに見えます。
登山画像
ナイフエッジのよう。
登山画像
でたー!!狸岩。個人的にはタツノオトシゴ岩。
登山画像
雲も切れそうなエッジ。
登山画像
なんだか楽しいい。
登山画像
主峰、西穂高岳の山頂に到着。
登山画像
ちと気味が悪い。
登山画像
うーん、眺望が良ければ。。。
登山画像
西穂高口駅に帰還。
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    ミカエルとガブリエルとラファエルはいますかね。

  • Yamakaeru さん
    一緒、お題が分からなかったけど、それはジャンダルムの天使だね。であれば、きっとルシファーは必ずいるかも。
    座布団一枚??

  • レオ さん
    展望は残念だったけど、久々の岩場歩きは緊張感があって楽しかったです(^。^)

  • Yamakaeru さん
    キスミレさんには負けてられないですね^_^

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    冬山雪山となりました。再度、雪山装備の確認を。夏山の状況ではありません。営業は10/24泊迄
    20年10月21日(水)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    10/18涸沢の積雪は20cm。まだ残る箇所ありチェーンアイゼンあると安心。営業は10/24泊まで
    20年10月21日(水)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    10/17~18に積雪し、今も残るところがあります。アイゼン+判断+技術必要。営業10/24泊まで
    20年10月21日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...