登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
初秋の笠取山 多摩川の源流を訪ねる 笠取山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2020年9月21日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:作場平橋の無料駐車場。登山口にはトイレあり。なお、おいらん渕方面から一ノ瀬高原に入る道は崩落のため通行止め。落合橋から入る。

  • 天候

    曇り

この登山記録の行程

作場平(07:10)・・・一休坂分岐(07:35) ・・・やぶ沢峠(08:15) [休憩 5分]・・・笠取小屋(08:40) ・・・雁峠分岐(08:50) ・・・分水嶺(08:55) [休憩 15分]・・・笠取山(09:35) [休憩 35分]・・・笠取山三角点峰(10:25)・・・水干分岐(10:40)・・・水干(10:50) [水場往復と休憩 25分] ・・・笠取小屋(11: 30) [休憩 10分]・・・一休坂分岐(12:25)・・・作場平(12:40)


総距離 約10.7km 累積標高差 上り:約1,107m
下り:約1,107m
 東京湾にそそぐ多摩川の最初の一滴が始まる笠取山。登山道は一部を除いて東京都水道局によって「水源地ふれあいの道~水干ゾーン」としてよく整備されている。木々の緑は夏の勢いを失い、カラマツの葉はすでに色が変わってきていた。天気はもう一つで展望は楽しめなかったが、初秋の山歩きを楽しんだ。
 作場平橋先の道標にしたがって登山道に入る。沢の音を左手に聞きながら最初は薄暗い針葉樹林帯を登る。一休坂分岐を右に行くと笠取小屋だが、左の道をとりやぶ沢峠に向かう。分岐で植生が変わり、ミズナラやカエデなどの落葉樹の森となる。木橋のかけられた沢何回もを超えていくが、登るにしたがって沢はどんどん細くなっていく。途中2カ所ほど木道が壊れて登山道が変わっているところがあるので、赤い目印を見落とさないようにして進んだ。
 沢の音が聞こえなくなるとやぶ沢峠である。ここには笠取小屋に向かう車道が登ってきている。車道から梢越しに富士の姿が望めた。薄日が差す車道を歩いていたら5頭ほどのシカの群れに遭遇した。
 笠取小屋の隣、きれいな公衆トイレの脇を通って笠取山に向かう。雁峠分岐を過ぎるとすぐ小高い丘になっている「小さな分水嶺」である。この丘に降った雨は、南側は多摩川、東は荒川、そして西は富士川となって海にそそぐとのことである。西側は青空がのぞき国師岳や北奥千丈岳がくっきり。富士山の山頂左側はうっすらと白くなっているのが確認できた。富士吉田市がこの日「富士山の発雪化粧」宣言を発表したそうである。
 ササ原の急登を登りきると山頂である。晴れていれば大展望なのだが富士は顔を出してくれたものの、南の大菩薩嶺や西の甲武信岳、そして南アルプスの山々も雲に中だった。山頂に着いたときは一人だったが、休んでいるうちの何組ものパーティーが登ってきた。
 笠取山の最高点(1953m)で三角点があるのはこの展望台から東に行ったところである。狭い山頂の三角点はシャクナゲに囲まれてひっそり立っている。ここから水干分岐までの道は両側からササが覆いかぶさり、わかりにくくなっているが踏み跡はしっかりしているので迷う心配はない。
 多摩川の最初の一滴が始まる水干は登山道のすぐ脇にある。水干の水は地中に潜り、多摩川流れが始まるのは水干から60メートルほど下ったところで、遊歩道がつけられていて簡単に往復できる。岩の間から水が湧き出し、小さな流れとなって下っている様子を見ることができる。ぜひ立ち寄りたい。
 下山は笠取小屋まで戻り、一休み坂を下った。途中は色づく木々ばかりなので紅葉シーズンには楽しめることだろう。登山口の戻ったとき、駐車場は車であふれていた。

登山中の画像
  • 作場平の登山道入り口
  • 沢の音を左に聞きながら登っていく
  • 一休坂分岐
  • 木道が壊れ巻道がつけられているところがある
  • やぶ沢峠
  • 車道を笠取小屋に向かう
  • シカの群れに出会った
  • 笠取小屋
  • 雁峠分岐
  • 小さな分水嶺
  • 分水嶺から国師岳、北奥千丈岳方面
  • 富士山頂がうっすら白くなっていた
  • 笠取山への最後の急登
  • 山梨県側の山頂
  • 三角点のある山頂
  • 水干分岐に向かう登山道はササに覆われているところあり
  • 水干分岐
  • 水干
  • 水場への分岐
  • 多摩川はここから始まっている
  • 最初の一滴
  • 真新しい木道がかけられている一休坂の登山道
  • 登山口に戻ってきた。道の反対側にトイレあり
  • 駐車場は車でいっぱい。路肩まであふれていた
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    山荘周辺の紅葉が始まりました。これから下がっていきます
    20年10月20日(火)
    甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    10/7初霜観測。紅葉は毛木平あたりへ。風冷たくなり手袋や帽子も含めて万全の防寒装備で
    20年10月16日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...