登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
冬晴れの天目山(三ツドッケ)から大展望 天目山(三ツドッケ)(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2020年12月20日(日)

  • 利用した登山口

    東日原  

  • パーティ

    2人 (てんてん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東日原町営駐車場 500円
    トイレはバス停脇を利用できます

  • 天候

    はれ 尾根道で吹き上げる風が時々強し 天目山山頂気温-2℃

この登山記録の行程

東日原(07:47)・・・一杯水避難小屋(10:07)[休憩 13分]・・・天目山(三ツドッケ)(10:40)[休憩 39分]・・・巻道分岐(11:35)・・・ハナド岩[91分]・・・一杯水避難小屋(13:21)[休憩 13分]・・・東日原(15:18)

総距離 約11.4km 累積標高差 上り:約1,247m
下り:約1,247m
コースタイム 標準:5時間10分
自己:4時間55分
コースタイム倍率 0.95
勤務先の20代若者と二回目の山歩き。
晴れれば最高の景色が見られると誘い、天目山(三ツドッケ)に決定。

このところの寒波で日原はめっちゃ寒い。
普通なら最初の植林帯のつづら折れで一枚脱ぐところだがそのままで問題なし。
ヨコスズ尾根は時より冷たい風が吹き抜け一枚着ても良いかな位に寒くなる。
一杯水到着時の気温は-4℃だが日の当たる場所は暖かく感じられました。
天目山からは冬晴れの大展望を楽しめ風も無く登って来て良かった。ばんざ~い。
(登り始めから急登、途中は顔がくそ寒くて苦行であったが来て良かったとのこと)

山頂でお昼でも良かったがハナド岩に向かい小一時間ほどのんびりしての下山となりました。
登山ルートは実際には巻道分岐からハナド岩ピストンしております。

本日の出会った方
天目山・一杯水避難小屋付近5名と8名ぐらいのパーティ
ハナド岩・長沢背稜3名

登山中の画像
  • 寒波襲来、今日の東日原はめっちゃ寒い。
  • つづら折れでも一枚脱ぐほど熱くなりません。
  • 久々の通常ルートでいってきま~す。
  • 若者へばる。私は意地悪なので喜ぶ。
  • 危険地帯はゆっくり通過。
  • 登山道脇のよこすずやまに寄り道
  • 冬枯れのヨコスズ尾根、時より冷たい風が吹き抜ける。
  • 一杯水避難小屋に到着。気温-4℃
  • 天目山(三ツドッケ)に到着。風も無く穏やか。冬晴れの大展望。此方の埼玉県側から時計回りに雲取山まで、ある出来事により300度ぐらいの眺望が望めます。
  • この時期としては雪が少ない富士山です。気象庁の現在の積雪でも5cmメッシュ。
  • 蕎麦粒山・川苔山方面・都市部から房総半島まで見渡せます。
  • 秩父市の橋も良く見えておりました。足元には少し雪が残る。
  • ハナド岩でお昼。此方も風は無く穏やかで、のんびり過ごす。
  • 一杯水避難小屋まで戻ってまいりました。
  • ただいま~。
  • お約束の松の門で休憩。(手前でもちょこちょこ休憩してました。)
  • 最後の頑張りどころ。ゴールはまぢか下山までが本当に山登りと知る。
  • お疲れさまでした。 若者は足が上がりませんと申しておりましたが前回同様一日で復帰するかと。羨ましい。
この山行での装備
雨具・レインウェア、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】
熊鈴
マスク
モバイルバッテリー

水1.5L
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    てんてんさん、おはようございます。

    今年は富士山の冠雪が明らかに少ないですね。
    先ほど新幹線で通過したのですが、静岡側には全く雪がありません!

    ミツドッケの「ある出来事」というのが気になります。

  • てんてん さん
    ガバオさん、こんにちは。

    三ツドッケの眺望。
    私が山登りを始める以前の話で、ご本人にもお会いしたことが無いのですが2006年頃までは樹木が茂り眺望のない山だったそうですが個人的に違法伐採し、その後警察に出頭し罰金を払ったそうです。

    個人的には善悪は別にして、この眺望には感謝ではあります。

  • ガバオ さん
    そんな逸話が有ったとは知りませんでした、、、。

  • てんてん さん
    ガバオさん、こんにちは。

    ヤマケイさんの案内には山頂からの展望は鷹ノ巣山方面にわずかにあるのみ。
    山と高原地図2017には山頂直下の岩峰から石尾根の眺望が良い。(どこだかわからないのですが)
    と書かれているのも公的には認められない要素があるからかもしれません。

    なお、奥多摩登山詳細図は好展望となっております。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2021年3月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。