登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
裏銀座縦走 烏帽子岳、野口五郎岳、水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳、槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

m_stale さん

この登山記録の行程

【1日目】
高瀬ダム(05:45)・・・ブナ立尾根登山口[休憩 10分](06:20)・・・三角点(09:10)・・・烏帽子小屋[休憩 60分](11:40)・・・山頂分岐(13:30)・・・烏帽子岳[休憩 20分](13:50)・・・山頂分岐・・・烏帽子小屋(14:40)

【2日目】
烏帽子小屋(06:20)・・・三ッ岳北峰・・・野口五郎小屋[休憩 20分](09:35)・・・竹村新道分岐・・・東沢乗越(12:20)・・・水晶小屋[休憩 20分](13:20)・・・ワリモ北分岐(14:30)・・・徒渉点・・・三俣山荘(16:40)

【3日目】
三俣山荘(05:55)・・・双六小屋[休憩 20分](08:25)・・・弓折乗越・・・鏡平山荘[休憩 30分](10:30)・・・シシウドが原・・・秩父沢出合・・・小池新道登山口(13:00)・・・わさび平小屋[休憩 20分](13:15)・・・笠新道登山口・・・新穂高温泉(14:25)

総距離 約36.2km 累積標高差 上り:約3,534m
下り:約3,719m
コースタイム 標準:23時間25分
自己:24時間25分
コースタイム倍率 1.04
8月28日
4人乗合で七倉山荘前よりタクシーで高瀬ダムへ。(@550)
ザックの重さにひたすら耐えながら、烏帽子小屋へ到着。
テントを設営後に、烏帽子岳ピストン。
この日から天気予報も芳しく無かったこともあり、
多くの人は野口五郎小屋へ移動したようで、
烏帽子小屋の泊りは4~5人程、テントは・・・自分のみ。
スーパードライ2本(@600)とウインナー&ペンネのカルボナーラ和えで夕食。

8月29日
夜から雨が本格的に降り始め翌朝もやまず。
少し弱くなったところを見計らってテントを撤収したが、
水分を含んだテントは、ずっしり重く、不安を抱えながら出発。
予想は的中し、上り始めて10分ほどでかなりきつい展開。
コースタイムをオーバーして野口五郎小屋へ到着。
インスタントコーヒー(@500)を注文し、少し休憩。
本来であれば、ここで食事をとるべきであったと、後に後悔。
野口五郎岳山頂で寂しく記念撮影後に水晶小屋へ出発。
水晶小屋へもコースタイムを若干オーバーして到着。
まだ行けそうだったので三ツ矢サイダー(@300)と水500mlを購入して出発。
体力・気力がついていきそうもないため、水晶岳と鷲羽岳をパス。
途中、道に迷いそうになり、iPhoneに仕込んでおいたGPSで補正。
日が暮れる前に何とか三俣山荘へ到着。
ご飯のありがたみを感じつつ、ジビエシチューをつまみにビール(500ml @850)。
雨の心配なく寝れることに感謝。

8月30日
この日も朝から土砂降り。出発するタイミングを見計らう人もちらほら。
とにかくこの重い荷物から早く解放されたい一心で、6時頃出発。
当然、巻道を選択することにより三俣蓮華岳と双六岳はパス。
下りがメインなのでほぼコースタイム通り双六小屋へ到着。
ドリップしてもらったコーヒーを飲み(@500)出発。
10時半頃に鏡平山荘到着のころは、土砂降り。
あまりの雨に、泊りを決めた人もいました。
前日の反省を生かし、ここで昼食のラーメン(@900)をいただく。
遅くならないうちにと思い、11時過ぎに出発。
しかし、登山道が川と化し、沢を横切る道は、
沢の流れで道がなくなっていて、水を含みさらに重さを増しているザックに
緊張MAX状態で下山。何度もコケながら前に進んでいくこと約2時間。
新穂高へ1時間の看板が出てきて何とか一息。
わさび平でファンタグレープ(@250)をいただき、一休み。
ここでも、昨夜の三俣山荘でご一緒させていただいた
男性3人組のパーティの方と女性ソロの方と御一緒になり何か安心。
何とか新穂高温泉に到着。日帰りの温泉で3日分の汗を流し、
バスで平湯へ。平湯のお土産屋さんでお土産を調達し、
重くて持ち帰りたくない荷物を一緒に宅急便で自宅へ。
最終のバスで松本へ移動し、何とかその日のうちに帰宅できました。

〔感想〕
槍ヶ岳なんてとんでもなく無謀な計画でした。
おかげで色々、勉強になりました。
下山から3日過ぎましたが、
体の疲れが抜けず、めまいがして体調もすぐれず、内臓も痛い感じがする・・
体重51~52Kgですが、さすがにザック20Kg超(雨で23Kg位だったのでは?)は、きつすぎでした。

〔教訓〕
 ・テント泊は、気候を考慮するべし!
 ・パワーアップすべし!(できるかな?)
 ・荷物を軽くする工夫をするべし!(ザックが大きすぎた?)
 ・水分を十分に取るべし!
・食べれるときは、食べるべし!

水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳へのリベンジ目指します!

登山中の画像
登山画像
毎日アルペン号で到着した七倉山荘です。5時半の…
登山画像
高瀬ダム到着
登山画像
いよいよの裏銀座始まり。
登山画像
三角点です。でもまだ4地点
登山画像
ようやく烏帽子小屋に到着。幕営料金800円を支払…
登山画像
テン場から見た烏帽子小屋
登山画像
たった一張・・・静かだった・・・
登山画像
にせ烏帽子からの烏帽子岳。3日のうち、山が山と…
登山画像
烏帽子岳の山頂です。
登山画像
野口五郎岳山頂です。周りの山は、まったく見え…
登山画像
遅い歩みながらも少しづつ前進しています。
登山画像
水晶小屋到着。三ツ矢サイダーを飲みながら、小…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

m_staleさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    今朝も結氷。気温低下ともに色づき進み、今週色づき進む予想。防寒は手袋や帽子も含めて油断禁物
    20年09月29日(火)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や黒部五郎岳カール、弓折岳周辺では、 9月下旬~10月上旬頃が紅葉の見ごろと予想しています
    20年09月24日(木)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    日に日に変わってゆく山肌の色。秋山を楽しむためにしっかりとした装備を
    20年09月24日(木)
    太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    朝の気温は10℃を下回る日も出てきました。もう夏の気候ではなくなっています
    20年09月02日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

m_stale さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...