登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
畦ヶ丸と西丹沢の滝を再訪 (3B) 畦ヶ丸(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2015年11月1日(日)

  • 利用した登山口

    西丹沢自然教室   大滝橋  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:小田急線新松田駅から富士急行バスで西丹沢自然公園
    帰り:中川から富士急行バスで新松田駅へ

  • 天候

    晴れのち曇り

この登山記録の行程

西丹沢自然教室(08:42)・・・権現山分岐[休憩 30分](09:20)・・・善六のタワ(10:48)・・・畦ヶ丸[休憩 20分](11:38)・・・大滝峠上(12:53)・・・一軒家避難小屋(13:24)・・・大滝橋(14:11)

総距離 約9.1km 累積標高差 上り:約989m
下り:約1,093m
コースタイム 標準:5時間35分
自己:4時間39分
コースタイム倍率 0.83
昨年は冬枯れの時期に登ったので、今年は早めに畦ヶ丸と西丹沢の滝を巡るコースを再訪。西丹沢はブナなどの広葉樹が多く、紅葉も地味ながら静かな山旅が楽しめる。ブナの黄葉、カエデなどの紅葉は標高1100mあたり、どちらかといえばにコース後半の畦ヶ丸から大滝峠あたりがより美しく感じられた。

<下棚と本棚の滝はオススメ>
昨年も書いたことだが、西丹沢自然教室から小1時間ほど進んだところに下棚、本棚の滝がかかっている。登山道からそれぞれ往復10分ほどで、谷あいのために紅葉もひときわ美しい。指導標には滝とは示されていないが、下棚、本棚という分岐は明示されている。ところが、この滝を知らない方が多いのか、関心がないのか、登山道を直進して通り過ぎていく人ばかりだった。こちらは一人静かに滝と紅葉を楽しめるので、それはそれでありがたいのだが、なんだかもったいない気がする。踏み跡はあるので、興味を持たれた方は訪ねていただきたいと思う。

コース中何か所か鎖場があるが、ザレている斜面でバランスを取るための補助程度で、慎重にいけば危険はない。ただし、後述するように西丹沢でも檜洞丸や蛭ヶ岳と比較してややマイナーなこともあり、落ち葉が積もって踏み跡が不明瞭になる個所があることには留意。

大滝橋から30分ほど車道を下れば、中川温泉。ぶなの湯は町営の日帰り入浴施設(2時間利用で700円)。露天風呂もあって汗を流せる。

<秋山の注意点>
秋山独特の注意点を自分の備忘録として書いておきたい。
1)落ち葉で踏み跡が不明瞭になる。指導標やピンクテープ、要所で地形を確かめたり、地図やGPSによる現在地の照合などをいつも以上に怠らないこと。おかしいなと思ったら、慎重にあたりを見回すこと。特に広やかな尾根道や、沢沿いの道などは要注意。

2)落ち葉で不安定な石などに足をのせてバランスを崩すリスクが大きくなる。道が明瞭であればたとえ不整地でも安定した足場を見つけたり、不安定な個所を避けることができる。しかし、落ち葉で埋もれてしまうとこれらが難しくなる。

3)歩くと暑いが、休憩するとたちまち体が冷える。一枚羽織れる上着をすぐに取り出せるようにするとか、歩行中もこまめに脱ぎ着をして体温調整に努める。防寒具、手袋は必携。冬山ではないが、かといって夏山でもない。むしろ装備の選択は、どちらにも状況が変わり得る秋山が難しいように思う。

4)秋の樹林帯は、暗くなるのが想像以上に早い。日没が早くなるのは当然なのだが、このことを今一度確認してヘッドランプの携帯や電池のチェックを怠りなく。

5)公共交通機関利用の場合は、時刻表が変更になっていないか改めて確認を。紅葉の季節は、夏よりも増発されているところもあるようだし、逆に本数が減っていることもある。山中で当てにしていたバスがこなかったら大変だ。

6)景色がきれいすぎて、歩行に思わぬ時間がとられる!秋山は紅葉などで山はひときわ美しくなる。このため景色に見とれたり、写真撮影などで足を止めることがついつい多くなり、普段よりも歩行ペースが遅くなることは必定。もちろん山登りにはいろいろな楽しみ方があり、コースタイム通りに歩くこと自体が目的ではない。しかし、明るいうちに安全に下山することは基本であり、余計に時間がかかりそうであればあらかじめ余裕を持った計画をするなどの工夫で、時間に追われることもなく秋山の美しさを存分に楽しむことが出来るのではないか。出戻り登山者自身はややもするとコースタイムに自分が振り回されているのではないかと思うこともあり、バランスのとり方はいまだに課題だ。

登山中の画像
  • 西丹沢自然教室から吊り橋で西沢を越える
  • 西沢沿いに傾斜の緩いガレ場を進む
  • 40分ほどで下棚沢出合に着く。ここから往復10分ほどで下棚の滝に行ける
  • 下棚沢に入ると、踏み跡はあるが人も来ないのでひときわ静か。谷筋なので紅葉も美しい
  • 下棚の滝が見えてくる
  • 下棚の滝
  • 登山道に戻り、しばらく進むと今度は本棚沢出合に来る。ここからも往復10分ほどで滝に行って来れる
  • 本棚の滝
  • だーれもいない
  • 善六のタワで尾根の上に出る。ここからは、登りも一服だが、畦ヶ丸に近づくとハシゴなども出てきて再び斜度がきつくなる
  • 派手さはないけれども、美しい紅葉になかなか前に進めない
  • 樹間から覗く畦ヶ丸
  • 畦ヶ丸山頂。このコースは、展望はほとんどないけれども、味わい深い
  • 足止めばかり食って、なかなか前に進めない。しかし、コースタイム通り歩くことが目的ではない。ここはゆっくりと秋の山を味わいたい
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • カメノコウタロウ さん
    すてばんさん、こんにちは。
    今度は、畔ヶ丸の紅葉ですか。綺麗な紅葉ですね。加えて、紅葉の中の滝も楽しめるとはとても素晴らしいところですね。
    残り少ない紅葉の季節にどこに行こうかといろいろと考えています。西丹沢も候補に考えていたのですが、畔ヶ丸がこんなに魅力的なところとは知りませんでした。機会を見つけて一度訪問できたらと思います。

  • すてぱん さん
    カメノコウタロウさん、こんにちは
    展望もないし、派手なことはないコースです。でも、それがまた西丹沢らしい良い味を出していると思います。紅葉もこれから鮮やかさを増すのか、これくらいで枯れていってしまうのか、よくわかりません。
    滝は落差4−50メートルといったところですが、登山道からわずかの時間で楽しめるのに素通りされる方が多く、ご存じないのならもったいないなあと思っています。ぜひ、訪ねてみてください。踏み跡はついています。
    畦ヶ丸は、シロヤシオも綺麗なところだそうですよ。

  • やぎやぎ さん
    いいなぁ。。キレイだなぁ・・・
    行きたいんだけど・・なかなか、天候と都合が折り合わず、、、
    でも、綺麗な写真に癒されました。ありがとうございました。

  • すてぱん さん
    やぎやぎさん
    紅葉もふもとあたりまで降りてきて、今シーズンも終盤でしょうか。紅葉のピークと天候、人間様の都合が揃うのはなかなか難しいですね。
    そろそろどこに雪遊びに行こうかなと考え始めています

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。