登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
南アルプス 千枚岳~赤石岳 荒川・赤石岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

そらちゃん さん
  • 日程

    2016年8月29日(月)~2016年9月1日(木)

  • 利用した登山口

    椹島ロッヂ  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:畑薙第一ダムまでマイカー。午後10時ごろ到着。駐車場で車中泊をして翌朝7:30始発の東海フォレスト送迎バスにて椹島に到着。

  • 天候

    1日目;曇りから小雨。2日目;雨のち晴れ。3日目;くもりで強風のち晴れ。4日目;晴れ。
    [2016年08月29日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
椹島ロッヂ(08:42)・・・滝見橋・・・吊橋・・・小石下・・・清水平[休憩 20分](12:20)・・・蕨段・・・見晴岩・・・駒鳥池[休憩 10分](15:00)・・・千枚小屋(16:00)

【2日目】
千枚小屋(08:50)・・・千枚岳・・・丸山・・・悪沢岳(東岳)[休憩 10分](11:30)・・・中岳・・・前岳[休憩 20分]・・・荒川小屋(15:30)

【3日目】
荒川小屋(06:00)・・・大聖寺平・・・小赤石岳[休憩 10分]・・・赤石小屋分岐・・・赤石岳[休憩 120分](09:00)・・・赤石小屋分岐・・・北沢源頭・・・富士見平[休憩 60分](13:00)・・・赤石小屋(14:25)

【4日目】
赤石小屋(05:20)・・・カンバ段[休憩 10分]・・・椹島ロッヂ(08:20)

総距離 約27.3km 累積標高差 上り:約3,727m
下り:約3,727m
コースタイム 標準:16時間15分
自己:21時間3分
コースタイム倍率 1.30
1日目
椹島から千枚小屋までは樹林帯の長いダラダラした登りが延々と続く。曇りや小雨の天候だったので山の景色も望めず、挫けそうになったが何とか千枚小屋に到着。
夕方に多少ガスが切れ、小屋から富士山が良く見えた。
千枚小屋は4年前に建て替えたらしくきれいで食事も美味しく、スタッフも親しみやすかった。

2日目
5時に朝食を済ませるも予想通り雨でしばらく様子見。停滞も考えるが午後から回復するだろうと読み8:50に出発。
千枚岳から丸山へ、3000mに突入するも雨のため視界なし。そして、百名山の荒川三山・東岳(悪沢岳)も雨で通過するのみ。そのころから風も出始める。
中岳を越えるころからガスが切れはじめ、前岳に到着してようやく晴れた。雲の間を縫うようにそれぞれの山が顔を出した瞬間に写真を撮りまくる。それから荒川小屋へ向かった。
夕食の荒川カレーはなかなかのものだった。

3日目
ガスと強風。大聖寺平に差し掛かるともはや暴風で姿勢を低くしながら登る。自分の後ろを登っていた中年の6人パーティ(自分も中年だが・・・)は、大聖寺平から引き返すのが見えた。小柄な女性もいたので大事を取ったのだろう。勇気ある撤退だ。
小赤石岳の登りに入るともろに風を受け、体感温度は下がる一方だ。気温は5℃くらいだったので体感はマイナスだろうか・・・。
そして、赤石岳で登頂。強風のままだがガスが切れ始めている。赤石岳避難小屋でしばらく休憩。そして、また頂上に登り返し、風を避けながら待機。
待つこと1時間。ついに晴れた。最高の展望である。さすがに名峰・赤石岳だ。
北を望めば塩見岳(北岳、間ノ岳、農鳥岳は塩見の影になって見えない)、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳が見え、東は富士山、南は赤石岳、聖岳、光岳と続き、西は雲の切れ間に木曽駒ケ岳と宝剣岳が見えた。北アルプスは残念ながら雲で見えなかった。
さて、赤石小屋に向かう途中にある富士見平という展望台からの眺めは圧巻だ。荒川三山と赤石岳、聖岳の眺望が最高である。時間的に余裕があったので、岩に寄りかかり、前二日分の思いを込めて1時間ほど景色を堪能した。
充分に堪能し赤石小屋に向かう。
夜、天の川が満点の星空の中を流れているのが忘れられない。

4日目
5:20に出発。まずまずの天気に中、樹林帯の登山道をひたすら下り、8:30に椹島に帰着。バスの発車時間まで2時間もあるのでのんびりと待つ。

登山中の画像
  • 清水平。どこが平?
  • 千枚小屋から望む富士山
  • 荒川・東岳(悪沢岳)にて
  • 荒川・前岳にて。ようやく晴れる
  • 前岳から見る悪沢岳(右)と中岳
  • 前岳から見る赤石岳(手前は小赤石岳)
  • 荒川小屋
  • おなじみサンダーバードw
  • 大聖寺平にて
  • 絶景の赤石岳山頂
  • 赤石岳から望む絶景。右から悪沢岳、真ん中左が塩見岳、中岳、前岳。その後ろに甲斐駒と仙丈が見える
  • 富士見平より悪沢岳(右)と中岳・前岳
  • 富士見平より赤石岳(左)と小赤石岳
  • 聖岳。左奥が光岳
  • ダイヤモンド赤石・・・。(赤石小屋にて)
  • 椹島
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

そらちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

そらちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年2月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?