このエントリーをはてなブックマークに追加

極寒・快晴の上高地を散策。大正池に一面のフロストフラワーに感動

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2021年01月05日

夏場は人気の観光地として賑わう上高地も、冬は一転静かな雪原となり、神々しく雪をまとった穂高連峰を独り占めすることができます。

静かな雪景色の河童橋

 

冬の上高地は、夏の賑やかさが嘘のように雪と静寂に包まれています。訪れる人は、厳しい冬の穂高連峰へ挑戦する登山者もいれば、上高地周辺をスノーシューでのんびり散策する人など様々です。

上高地の冬期入山ルール、アクセスについては、事前にご確認ください。
冬季は上高地へのバスの運行はありません。中の湯から徒歩での入山になります。

■上高地の冬期入山ルールについて(上高地公式ウェブサイト)
https://www.kamikochi.or.jp/learn/winter

 

モデルコース:中の湯~大正池~河童橋(往復)

コースタイム:約6時間

⇒上高地周辺の登山地図を見る

期待した冬型気圧配置からの天気の回復が遅れ、1月3日は朝から小雪。樹林帯のなかは穏やかですが、稜線はガスに包まれ、強風が吹き荒れている様子。

行けるところまでと、とりあえず焼岳登山口へ。すでに新雪が20cmほどで、この日は新しいトレースはなく、中の湯温泉旅館の前からスノーシューをつけて歩き出しましたが、急登部分では雪にとられ、今季初めてのスノーシューで、新雪に苦闘。足取り重く、天候の好転も期待できないので、樹林帯半ばでやむなく撤退しました。

翌日は期待通り、見事な快晴。貴重な機会を逃す手はなく、上高地への散策へ転進しました。中の湯温泉旅館の車で釜トンネルまで送迎してもらえるのがありがたいです。

釜トンネルはゆるやかな上り坂になっていて、本来は真っ暗なはずですが、年末年始のせいか、照明はついていました。

釜トンネルの次は上高地トンネル。それを抜けると絶景がまっている

上高地トンネルを抜けると林道沿いにまず、大正池へ。新雪は20cmほどで数人のトレースがあるのでチェーンスパイクを装着します。進むにつれ、青空と真っ白になった穂高連峰や焼岳が眼前に広がっていきます。気温は低く、カメラ用の電池が「残量がない」とたびたび警告。あわてて携帯カイロで温めた電池と取り替えることしばしばでした。霞沢岳への分岐を右手に見て、大正池へと進みます。

氷結し、フロストフラワーが一面に広がる大正池と穂高連峰

大正池は全面結氷の様子で、表面は白く、雪が積もっているかのように見えましたが、近づいてよく見ると、雪の結晶が花のようになったフロストフラワーが一面に広がっていました。北海道の阿寒湖などでは聞きますが、上高地ではかなり珍しいことです。夜の気温がマイナス15℃以下で、かつ、朝方から晴れて無風が続く日にしか現われない奇跡的な現象です。午後にはやや溶けて形が崩れていました。

雪の結晶が花のような造形に。一面のフロストフラワー

大正池から河童橋を往復し、復路は自然研究路をたどります。ガイドツアーがいくつか入ったようで、立派なトレースができていて、スノーシューを使うことはありませんでした。まれなフラワーフロストも見れて、終日快晴で、静かで快適な散策を楽しむことができました。(取材日=2019年1月3日~4日)

記録・ルポ ガイド 日本の山 雪山・冬山
教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
スカイブルーに雪の鋭峰と雲海の絶景が待っている武尊山へ
スキー場のリフト利用ができてアクセスが良く、雪山初心者にも人気の武尊山。青空の下、雪の稜線を歩きました。
みかん畑、富士山&駿河湾の展望、旧東海道の町並み――、「静岡らしさ」がぎっしり詰まった浜石岳
今の時期は寒いだけではなく、日が短いので行動時間も少ない。雪の上を歩く可能性もある冬は登山はお休み、という人は少なくない。しかし、冬の時期でも、都内近郊でもポカポカとした陽気に包まれた山もある。静岡県にある浜石岳は、冬の時期こそオススメの山だ。
日本三大松原「虹ノ松原」を見下ろす大絶景! 佐賀県・鏡山
佐賀県・唐津市にある鏡山。悲恋伝説が残る山は、今では日本三大松原と唐津湾の絶景が愛され、四季を通してにぎやかな山です
北八ヶ岳・蓼科山 降雪後の青空に全方位の大展望を楽しむ
八ヶ岳連峰の最北端に位置する標高2531mの蓼科山。その360度の大展望は折り紙付きです。降雪後の晴天をねらって、雪の蓼科山に行ってきました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...