このエントリーをはてなブックマークに追加

バックカントリーの魅力とリスクは表裏一体であることを忘れずに。 島崎三歩の「山岳通信」 第102号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2018年02月01日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年1月30日に配信された第102号では、1月第3週に起きた2件のバックカントリーによる遭難事例について触れ、魅力以上にリスクも大きいことを説明している。

 

1月30日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第101号では、1月15日~20日に起きた2件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 1月15日、北安曇郡白馬村神城・小遠見山付近で、オーストラリア人の36歳の男性が遠見尾根北側斜面をスノーボードで滑走中に立ち木に衝突して左大腿骨骨折などの重傷を負い行動不能となる山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

遠見尾根北側斜面での遭難現場の状況(長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)1月23日付)

 

  • 1月20日、北アルプス小蓮華山で、40歳の男性がスノーボードで滑走中に船越ノ頭付近で雪崩に巻き込まれる山岳遭難が発生。翌21日、捜索中の大町署員と遭対協隊員が発見・収容したものの、死亡が確認された。
    ※本雪崩遭難の詳細については、日本雪崩ネットワークの最新ニュースに掲載されています。
     

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

1月3週はバックカントリースキー・スノーボード中の遭難が2件発生しました。

バックカントリースキー・スノーボードは管理されたスキー場内と違い自然の山中を滑走するため、スキー場では味わえない開放感が魅力ですが、その魅力とリスクは表裏一体であることを忘れてはいけません。

山中では天候や気温、標高によって大きく状況は変化します。単純な滑走能力だけでなく、山中で安全に行動するための総合的な判断力と経験が必要になります。バックカントリースキー・スノーボードを楽しまれる皆さんは今一度これまでの活動を振り返り、慎重な行動を心がけてください。

 

遭難・事件 危機管理
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
バックカントリーは「滑れそうでも滑ってはいけない」ときがある。 島崎三歩の「山岳通信」 第104号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年2月21日に配信された第104号では、期間中に起きた山岳遭難の多くがバックカントリー中の事故であることについて触れ、改めて安全対策について警鐘を鳴らしている。
人気の「冬の八ヶ岳」では経験・力量に見合った登山計画を。 島崎三歩の「山岳通信」 第103号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年2月13日に配信された第103号では、この時期に八ヶ岳での遭難事故が増加する傾向について触れ、八ヶ岳のコンディションについて説明している。
積雪期は行動中にこまめに現在地を確認するようにしよう。 島崎三歩の「山岳通信」 第101号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年1月23日に配信された第101号では、1月4日~13日に起きた4件の遭難事例について触れ、積雪期の山の注意点について注意喚起を行っている。
配信第100号記念、山岳通信を支える特別鼎談 島崎三歩の「山岳通信」 第100号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年1月23日に配信された第100号では、年末年始の遭難事例に加え、100号記念として新旧の編集長と長野県警察山岳遭難救助隊の特別鼎談を掲載するスペシャルバージョンをお届けする。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年2月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場!
「洗えるビデオカメラ」に高画質4Kモデルが登場! 【モニタープレゼント企画】防水・防塵・耐衝撃・耐低温が魅力のJVC「エブリオR」に、4K対応モデルのGZ-RY980が登...
NEW 『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催!
『山と溪谷』誌面連動 歩き方講習会 開催! 『山と溪谷』3月号と連動の「膝を痛めない、疲れない歩き方講座」。3月に机上・実践の計3回開催。詳細はこちらから
NEW 雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す
雪・氷の登山道でゲイター付きブーツを試す 山岳ライター・高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はスカルパのゲイター付きブーツを、長野県・御座山でチェック!
NEW 紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表
紅葉写真コンテスト2017 受賞作品発表 紅葉写真コンテスト2017に沢山のご応募をありがとうございました。361枚の写真から受賞作品が決定!!
NEW 梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪がたっぷりな今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう!
2018年の干支、犬に関連する山に登ろう! 年が開けるごとに話題となる年号に関する山。今年は干支んお「犬」に注目。犬に関連する山に登る登山計画を今から考えておこう!
雪山入門に適した奥多摩の山々
雪山入門に適した奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、雪山デビューに最適。東京に雪が降った日は奥多摩を目指せ!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び!
雪が降ったあとは高尾山で雪遊び! 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 雪が降った後は、雪山登山を楽しめるかも!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報