このエントリーをはてなブックマークに追加

通過点にするにはもったいない! 登山者にはあまり知られていない上高地の姿を案内

From 山と溪谷編集部
ガイド・記録 2018年05月09日

毎シーズン、多くの登山者を迎える上高地。あなたにとって上高地はどんな場所でしょう? ただの通過点になってしまっていませんか? 登山者が見落としがちな上高地の姿を、ナショナルパークガイドの方に案内していただきました。

写真=鈴木千佳 文=黒尾めぐみ(山と溪谷編集部)

 

「聖地・上高地」だけど

美しい梓川の流れ、威風堂々の穂高連峰。まぶたを閉じると、山の清々しい空気が漂い、鳥のさえずりも聞こえてくるようだ。入山前は「さあ、ここからが山だ」と襟を正したくなり、下山後は「無事に下りてきた」とホッと安心する。登山者にとって上高地とは、きっとそんな場所ではないだろうか。

ところが、往来の様子を見ていると、バスターミナルで準備体操を終えたら、登山口まで猪突猛進! な人や、徳澤園でソフトクリームを食べたら、あとは黙々と足を運ぶのみという人も。目的である「山」を前にして、上高地をただの通過点と捉えるのは仕方がないことかもしれない。

しかし、国の名勝・天然記念物にも指定され、雄大な自然が守られてきた上高地。

「はやる気持ちと歩くスピードを抑えて、ゆっくりと自然を観察したら、知らない発見があるかも」と思い立ち、ナショナルパークガイドの方に上高地を案内してもらった。

 

10年いても、毎年新しい発見がある上高地

案内してくれたのは、ナショナルパークガイドのさくらさん。上高地でガイドをするようになって10年だそうだ。今回は、河童橋から梓川右岸を歩き、明神を経由して徳沢へ、徳沢からは河童橋まで梓川左岸を戻るというコースだ。

 


今回の上高地探索コース。半日あれば十分にじっくりと探索できる

 

岳沢湿原を過ぎた場所で、大きな倒木を発見。雪で倒れてしまったのだろうか?

「上高地に降る雪は軽いので、雪で木が倒れることはあまりないんですよ。この木は冬に吹く強風によって倒れてしまったんです」

 

そのすぐ脇には、倒木の上に小さな芽が出ている。

「岳沢湿原の先にある森は、ササが地面を覆っている箇所が多く、植物の芽が出ても光がササに遮られてしまいます。だから、倒木の上などの光が当たる場所から芽を出し、養分をもらいながら成長していくんです」

ゆっくり歩くことで、普段は気に留めないことにも目が向き、疑問が湧いてくるのが不思議。そして小さな疑問に答えてくれるガイドさんの存在はとてもありがたく思える。

 

 

ほかにも、漢字の「出」のようなユニークな幹をもつカラマツの理由や、上高地のヤナギと梓川の関係、梓川が美しく見える理由など、数々の「知らなかった!」上高地の自然に出会うことができた。

「ガイドを10年間続けていても、毎年新たな発見があったり、疑問に出合ったり。季節が変わるたびにガイドツアーに参加して、四季の変化を楽しんでいるお客さんもたくさんいますよ」とさくらさん。

これまで知らなかった上高地の姿を楽しむことができたひとときだった。

 

登山者にとっては登山の入山口であり、通過点となりがちな場所だ。しかし、ゆっくり歩いてみると、周囲の山々とは違った魅力をたくさん持っている。そんな、上高地の魅力をもっと知りたいという方は、『山と溪谷 2018年5月号』に注目。

特集の「上高地と穂高岳」では、上高地の散策ガイドをはじめ、グルメ情報など散策の魅力を網羅。さらに徳本峠や奥又白池、霞沢岳など上高地を取り囲む山々の登山情報も余すことなく紹介している。

この夏、上高地経由で穂高岳方面をはじめ、北アルプスを目指す人には注目の内容だ。

ガイド 記録・ルポ 日本の山
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年8月号の特集は「南アルプス」。何度歩いても飽きない、ベテラン好みの南アルプスへ。大山脈の魅力を余すところなく編集しました。

⇒ 山と溪谷8月号はこちら

同じテーマの記事
大きくて深い山脈――。南アルプスの特徴を知って、ちょっと“大人な”山行へ
長い長い梅雨がようやく明け、一気に夏らしくなってきました。やっぱり夏はアルプスへ!そんなことをお考えのみなさん。南アルプスの魅力を知って、より楽しい山行に出かけませんか?
今がベストシーズン!山に登って高山植物ウォッチングを楽むための6ヶ条
一斉に咲いた高山の花畑は、何度見ても飽きることはなく、気づいたらその美しさに時間を忘れるほど。だからこそ、なんとなく見て終わるのはもったいない! 高山植物を楽しむためのポイントを知って、登山の魅力を広げてみよう
憧れの剱・立山連峰、どこを歩く?何を楽しむ? 3つの定番コースから魅力を探る
北アルプスを代表する山岳エリア「剱・立山連峰」。無雪期に楽しめるのは7月から10月のわずか4カ月ほど。だからこそ、自分にあったコースを見つけて、夏の剱・立山を楽しみたい。
テント山行を楽しむための知恵が満載! テント泊テクニックをプロが伝授
テント山行を楽しむには、登山技術はもちろん、山で生活する技術も重要となる。そこで、本当に役立つテント泊技術を身につけてあなたの登山の可能性を、もっと広げてみてはいかがだろうか。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年8月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介