このエントリーをはてなブックマークに追加

通過点にするにはもったいない! 登山者にはあまり知られていない上高地の姿を案内

From 山と溪谷編集部
ガイド・記録 2018年05月09日

毎シーズン、多くの登山者を迎える上高地。あなたにとって上高地はどんな場所でしょう? ただの通過点になってしまっていませんか? 登山者が見落としがちな上高地の姿を、ナショナルパークガイドの方に案内していただきました。

写真=鈴木千佳 文=黒尾めぐみ(山と溪谷編集部)

 

「聖地・上高地」だけど

美しい梓川の流れ、威風堂々の穂高連峰。まぶたを閉じると、山の清々しい空気が漂い、鳥のさえずりも聞こえてくるようだ。入山前は「さあ、ここからが山だ」と襟を正したくなり、下山後は「無事に下りてきた」とホッと安心する。登山者にとって上高地とは、きっとそんな場所ではないだろうか。

ところが、往来の様子を見ていると、バスターミナルで準備体操を終えたら、登山口まで猪突猛進! な人や、徳澤園でソフトクリームを食べたら、あとは黙々と足を運ぶのみという人も。目的である「山」を前にして、上高地をただの通過点と捉えるのは仕方がないことかもしれない。

しかし、国の名勝・天然記念物にも指定され、雄大な自然が守られてきた上高地。

「はやる気持ちと歩くスピードを抑えて、ゆっくりと自然を観察したら、知らない発見があるかも」と思い立ち、ナショナルパークガイドの方に上高地を案内してもらった。

 

10年いても、毎年新しい発見がある上高地

案内してくれたのは、ナショナルパークガイドのさくらさん。上高地でガイドをするようになって10年だそうだ。今回は、河童橋から梓川右岸を歩き、明神を経由して徳沢へ、徳沢からは河童橋まで梓川左岸を戻るというコースだ。

 


今回の上高地探索コース。半日あれば十分にじっくりと探索できる

 

岳沢湿原を過ぎた場所で、大きな倒木を発見。雪で倒れてしまったのだろうか?

「上高地に降る雪は軽いので、雪で木が倒れることはあまりないんですよ。この木は冬に吹く強風によって倒れてしまったんです」

 

そのすぐ脇には、倒木の上に小さな芽が出ている。

「岳沢湿原の先にある森は、ササが地面を覆っている箇所が多く、植物の芽が出ても光がササに遮られてしまいます。だから、倒木の上などの光が当たる場所から芽を出し、養分をもらいながら成長していくんです」

ゆっくり歩くことで、普段は気に留めないことにも目が向き、疑問が湧いてくるのが不思議。そして小さな疑問に答えてくれるガイドさんの存在はとてもありがたく思える。

 

 

ほかにも、漢字の「出」のようなユニークな幹をもつカラマツの理由や、上高地のヤナギと梓川の関係、梓川が美しく見える理由など、数々の「知らなかった!」上高地の自然に出会うことができた。

「ガイドを10年間続けていても、毎年新たな発見があったり、疑問に出合ったり。季節が変わるたびにガイドツアーに参加して、四季の変化を楽しんでいるお客さんもたくさんいますよ」とさくらさん。

これまで知らなかった上高地の姿を楽しむことができたひとときだった。

 

登山者にとっては登山の入山口であり、通過点となりがちな場所だ。しかし、ゆっくり歩いてみると、周囲の山々とは違った魅力をたくさん持っている。そんな、上高地の魅力をもっと知りたいという方は、『山と溪谷 2018年5月号』に注目。

特集の「上高地と穂高岳」では、上高地の散策ガイドをはじめ、グルメ情報など散策の魅力を網羅。さらに徳本峠や奥又白池、霞沢岳など上高地を取り囲む山々の登山情報も余すことなく紹介している。

この夏、上高地経由で穂高岳方面をはじめ、北アルプスを目指す人には注目の内容だ。

ガイド 記録・ルポ 日本の山
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年10月号の特集は「テーマで歩く秋の山旅」。

夏が過ぎ、雪が降る前、山は彩りに包まれます。
「自然」、「歴史」、「温泉」、「文学」という4つのテーマで、秋山の魅力をお伝えします。
第2特集では、そんな秋の山で探してみたい山の自然<草木><キノコ><コケ>をピックアップ。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
カンタンだけど奥深い! よくわかるタイムラプス講座
まだまだあまり知られていないタイムラプス。ここでは撮影のテクニックではなく、タイムラプスを理解するための基本知識を紹介します。
間もなく夏山シーズン! 妄想登山で本番に備えよう。 ~テント泊山行はテーマをもって山を歩く~
夏山の醍醐味のひとつが、テントを持って山を歩くテント泊山行だ。ただ目的のピークを目指すのではなく、山行全体にテーマを持たせると、テント泊山行はさらに楽しめるという。山のエキスパートは、どんなテーマで山に入っているのだろうか。
全部わかったら、あなたは相当博識! 山の自然のコト、どれだけ知ってる?
山を見たり、歩いたりしていると、驚くような自然美に出会うことがある。迫力ある岩峰、美しい花や草木、奇妙な形をした岩など――。それぞれ自然が生み出した奇跡と言えるが、その理由や過程を知ると、さらに山を深く楽しめる。
自宅で仕事している今こそ! いつでもできる、登山のための体力テスト&トレーニングTips
新型コロナウイルスの影響で、いつもより自宅で過ごす時間が増えたという人。そんなときこそ、春夏の登山シーズンに向けて部屋でできる万全のカラダづくりはいかが?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年9月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...