このエントリーをはてなブックマークに追加

通過点にするにはもったいない! 登山者にはあまり知られていない上高地の姿を案内

Yamakei Online Special Contents
ガイド・記録 2018年05月09日

毎シーズン、多くの登山者を迎える上高地。あなたにとって上高地はどんな場所でしょう? ただの通過点になってしまっていませんか? 登山者が見落としがちな上高地の姿を、ナショナルパークガイドの方に案内していただきました。

写真=鈴木千佳 文=黒尾めぐみ(山と溪谷編集部)

 

「聖地・上高地」だけど

美しい梓川の流れ、威風堂々の穂高連峰。まぶたを閉じると、山の清々しい空気が漂い、鳥のさえずりも聞こえてくるようだ。入山前は「さあ、ここからが山だ」と襟を正したくなり、下山後は「無事に下りてきた」とホッと安心する。登山者にとって上高地とは、きっとそんな場所ではないだろうか。

ところが、往来の様子を見ていると、バスターミナルで準備体操を終えたら、登山口まで猪突猛進! な人や、徳澤園でソフトクリームを食べたら、あとは黙々と足を運ぶのみという人も。目的である「山」を前にして、上高地をただの通過点と捉えるのは仕方がないことかもしれない。

しかし、国の名勝・天然記念物にも指定され、雄大な自然が守られてきた上高地。

「はやる気持ちと歩くスピードを抑えて、ゆっくりと自然を観察したら、知らない発見があるかも」と思い立ち、ナショナルパークガイドの方に上高地を案内してもらった。

 

10年いても、毎年新しい発見がある上高地

案内してくれたのは、ナショナルパークガイドのさくらさん。上高地でガイドをするようになって10年だそうだ。今回は、河童橋から梓川右岸を歩き、明神を経由して徳沢へ、徳沢からは河童橋まで梓川左岸を戻るというコースだ。

 


今回の上高地探索コース。半日あれば十分にじっくりと探索できる

 

岳沢湿原を過ぎた場所で、大きな倒木を発見。雪で倒れてしまったのだろうか?

「上高地に降る雪は軽いので、雪で木が倒れることはあまりないんですよ。この木は冬に吹く強風によって倒れてしまったんです」

 

そのすぐ脇には、倒木の上に小さな芽が出ている。

「岳沢湿原の先にある森は、ササが地面を覆っている箇所が多く、植物の芽が出ても光がササに遮られてしまいます。だから、倒木の上などの光が当たる場所から芽を出し、養分をもらいながら成長していくんです」

ゆっくり歩くことで、普段は気に留めないことにも目が向き、疑問が湧いてくるのが不思議。そして小さな疑問に答えてくれるガイドさんの存在はとてもありがたく思える。

 

 

ほかにも、漢字の「出」のようなユニークな幹をもつカラマツの理由や、上高地のヤナギと梓川の関係、梓川が美しく見える理由など、数々の「知らなかった!」上高地の自然に出会うことができた。

「ガイドを10年間続けていても、毎年新たな発見があったり、疑問に出合ったり。季節が変わるたびにガイドツアーに参加して、四季の変化を楽しんでいるお客さんもたくさんいますよ」とさくらさん。

これまで知らなかった上高地の姿を楽しむことができたひとときだった。

 

登山者にとっては登山の入山口であり、通過点となりがちな場所だ。しかし、ゆっくり歩いてみると、周囲の山々とは違った魅力をたくさん持っている。そんな、上高地の魅力をもっと知りたいという方は、『山と溪谷 2018年5月号』に注目。

特集の「上高地と穂高岳」では、上高地の散策ガイドをはじめ、グルメ情報など散策の魅力を網羅。さらに徳本峠や奥又白池、霞沢岳など上高地を取り囲む山々の登山情報も余すことなく紹介している。

この夏、上高地経由で穂高岳方面をはじめ、北アルプスを目指す人には注目の内容だ。

ガイド 記録・ルポ 日本の山
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年6月号
特集「剱岳と立山 大岩壁と残雪、深い渓谷に守れた、アルピニズム薫る歴史と信仰の山々を歩く」

北アルプスを代表する山岳エリア、剱・立山連峰。
剱岳は氷河に削られ、豪雪に磨かれた険しい岩壁と谷をもち、数々の登攀のドラマの舞台となってきました。
また、立山は豊かな水がはぐくむ生態系に加えて、山岳信仰の長い歴史が独特の世界を形成しています。
この夏は剱岳と立山の尾根や谷をめぐり、稜線を旅してみませんか?

⇒ 山と溪谷6月号はこちら

同じテーマの記事
テント山行を楽しむための知恵が満載! テント泊テクニックをプロが伝授
テント山行を楽しむには、登山技術はもちろん、山で生活する技術も重要となる。そこで、本当に役立つテント泊技術を身につけてあなたの登山の可能性を、もっと広げてみてはいかがだろうか。
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
毎日、高尾山を歩く自然解説員さんにも使いやすい、グレゴリーのハイキング用小型バックパック「NANO(ナノ)」
登山用のバックパックで定評のある「グレゴリー」だが、小型軽量のハイキングモデルもラインアップされている。今回は、高尾山山頂にある「東京都高尾ビジターセンター」のインタープリターの梅田由花さんに、実際に毎日の通勤で使ってもらい、その使用感を伺った。
advertorial
「細かいところまで行き届いている!」 アウトドア・コーディネーターの小雀陣二さんが、グレゴリーの最新バックパック「ZULU(ズール)」をチェック!
「チュンチュン」の愛称で親しまれる小雀陣二さん。あらゆる野外の遊びを知りつくした、登山・アウトドアの先達です。そんな小雀さんに、2019年モデルにアップデートされたグレゴリーのバックパック「ZULU(ズール)」について聞きました。
advertorial
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年5月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」のモニターを5名募集します!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。たくさんのご応募ありがとうございました