このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の贅沢といえば、温泉+紅葉登山。温泉から温泉へと繋ぐ紅葉登山縦走を楽しめる秋田・焼山

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2018年10月01日

山にまつわるさまざまな情報を配信している「週刊ヤマケイ」の過去のレポートから、今まさに旬の山となろうとしている山を、登山情報を加えてお送りする。今回は、「天国と地獄を一度に見るよう」とも言われる景観を誇る焼山。登山口と下山口に名湯を擁する、紅葉の山へと誘う。

 

美しい紅葉と温泉の組み合わせは、秋の最高の贅沢のひとつだろう。美しい紅葉で彩られた山を満喫したあとは、温泉で山歩きの疲れをほぐす――。日本の秋を満喫する至高の組み合わせだ。

登山口や下山後に、温泉施設に立ち寄ることは多くの登山者が実践する登山と思われるが、温泉から入山して、山を縦走して温泉地に下山するとなると、なかなか難しい。

そんな贅沢な山旅ができるところが、八幡平の西側に位置する、秋田県・焼山だ。「馬で来て下駄で帰る後生掛」と謳われる名湯・後生掛温泉からスタートし、シラビソやブナの林が広がる山肌を抜けると、山頂付近は荒涼とした火山地形が広がる。

そんな対照的な景観を楽しんだあとは、日本一の湧出量・強酸性の温泉水と言われる名湯の玉川温泉へ――。紅葉と名湯を思う存分に楽しめる山旅はいかがだろうか?

秋田県・焼山の紅葉の様子(写真=佐藤浩二)

 

後生掛温泉から山上の楽園、そして玉川温泉へ

秋の山行のぜいたくといえば、温泉と土地の味覚、そしてなにより紅葉ではないでしょうか?

ということで紅葉最盛期の一歩手前という情報を得て、2017年10月1日に秋田焼山へ。後生掛温泉からスタートし、玉川温泉へと縦走をしました。

この山の魅力は小さいながらも、山麓のブナ林からオオシラビソの混交を経て、樹林帯を越えてからは緑と生命感あふれる空間から一転して荒涼となるところです。地球の鳴動を視覚、聴覚、嗅覚で感じられる火山活動を目の当たりにできたり、表情豊かでエキサイティングな山行を楽しめるのが秋田焼山の魅力だと思います。

10月に入り1週間も過ぎれば、秋田焼山の紅葉は最盛期を迎えていることでしょう。季節移ろう森の命(エネルギー)と、大地の力(エネルギー)をぜひ実感してほしい山です。

山頂付近に広がる神秘的な湯沼を見下ろす(写真=佐藤浩二)


ただし、玉川側のブナ帯は長く続く傾斜木道が狭く滑りやすいので要注意です。また、灌木帯(標高1200mあたり)の急登部はもっとも狭く、交差時に注意を要します。全般に交差時のタイムロスを加味し、タイムスケジュールは余裕を持って計画してください。公共交通機関を移動として利用される方は特に余裕が必要です。

また、秋田焼山は気象庁の常時観測火山に指定されているとおり、火山活動が活発です。入山前には活動状況の確認をお忘れなく。

なお、焼山山荘(避難小屋)は10月1日時点で使用は禁止されていました(※屋根に特殊なシートを敷き、噴火対策を強化した新しい避難小屋が、2017年10月20日より利用可能になっている)。

 

教えてくれた人

佐藤浩二

JMGA登山ガイドステージⅡ、マウンテンパイロット「森・沢山」(もりだくさん)主幹
北東北を中心に四季折々の山を歩きまわる、49歳。

 ⇒ホームページ
 ⇒Facebookページ

週刊ヤマケイ

旬の登山情報、山に関するさまざまなエトセトラをタイムリーに、そしてスピーディーにお届けするサービス。
メールアドレスを登録するだけで、毎週木曜日にあなたのPC、スマホに最新山岳情報をお届け !もちろん購読は無料。
 ⇒詳細・購読希望はこちら!

同じテーマの記事
国内随一のブナの原生林の紅葉と、山頂湿原の草紅葉。浅草岳で赤と黄色と青空の共演を楽しむ
アルプスなどの高山の紅葉が落ち着く10月初旬~中旬、樹木の色づきは標高を下げて、2000m以下の山肌を染めるようになる。「週刊ヤマケイ」の過去のレポートから、標高2000m以下の随一の紅葉の地として、浅草岳の紅葉登山を紹介する。
秋田県・秣岳、岩手県・南本内岳――。混雑を少しだけ避けて東北の美しい紅葉を探す山旅へ
山の秋は短く、紅葉の見頃は1~2週間。その時期に一挙に人が押し寄せるので、「名所」と呼ばれる場所は混み合う。そんな混雑を避けて最高の紅葉を楽しめる場所を週刊ヤマケイから紹介。
今も「遙かなる山」の日高山脈・ペテガリ岳のピークでテント泊、最高の朝を迎える
「週刊ヤマケイ」の過去のレポートから、今まさに旬の山となろうとしている山を、登山情報を加えてお送りする。今回は、難攻不落といわれ、今も長く厳しい工程を強いられる、日本二百名山のひとつ「ペテガリ岳」のレポート。
「日本一遠い百名山」、北海道・幌尻岳。チロロ川沿いのルートから遙かなる山頂へ――
登山適期は夏~秋のみとなる北海道・幌尻岳。「日本一遠い百名山」とも言われる山を、難関のチロロ川ルートから登ったレポートを週刊ヤマケイから抜粋して紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。