このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の贅沢といえば、温泉+紅葉登山。秋田・焼山で楽しむ温泉から温泉へと繋ぐ紅葉縦走登山

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2018年10月01日

山にまつわるさまざまな情報を配信している「週刊ヤマケイ」の過去のレポートから、今まさに旬の山となろうとしている山を、登山情報を加えてお送りする。今回は、「天国と地獄を一度に見るよう」とも言われる景観を誇る焼山。登山口と下山口に名湯を擁する、紅葉の山へと誘う。

 

美しい紅葉と温泉の組み合わせは、秋の最高の贅沢のひとつだろう。美しい紅葉で彩られた山を満喫したあとは、温泉で山歩きの疲れをほぐす――。日本の秋を満喫する至高の組み合わせだ。

登山口や下山後に、温泉施設に立ち寄ることは多くの登山者が実践する登山と思われるが、温泉から入山して、山を縦走して温泉地に下山するとなると、なかなか難しい。

そんな贅沢な山旅ができるところが、八幡平の西側に位置する、秋田県・焼山だ。「馬で来て下駄で帰る後生掛」と謳われる名湯・後生掛温泉からスタートし、シラビソやブナの林が広がる山肌を抜けると、山頂付近は荒涼とした火山地形が広がる。

そんな対照的な景観を楽しんだあとは、日本一の湧出量・強酸性の温泉水と言われる名湯の玉川温泉へ――。紅葉と名湯を思う存分に楽しめる山旅はいかがだろうか?

秋田県・焼山の紅葉の様子(写真=佐藤浩二)

 

後生掛温泉から山上の楽園、そして玉川温泉へ

秋の山行のぜいたくといえば、温泉と土地の味覚、そしてなにより紅葉ではないでしょうか?

ということで紅葉最盛期の一歩手前という情報を得て、2017年10月1日に秋田焼山へ。後生掛温泉からスタートし、玉川温泉へと縦走をしました。

この山の魅力は小さいながらも、山麓のブナ林からオオシラビソの混交を経て、樹林帯を越えてからは緑と生命感あふれる空間から一転して荒涼となるところです。地球の鳴動を視覚、聴覚、嗅覚で感じられる火山活動を目の当たりにできたり、表情豊かでエキサイティングな山行を楽しめるのが秋田焼山の魅力だと思います。

10月に入り1週間も過ぎれば、秋田焼山の紅葉は最盛期を迎えていることでしょう。季節移ろう森の命(エネルギー)と、大地の力(エネルギー)をぜひ実感してほしい山です。

山頂付近に広がる神秘的な湯沼を見下ろす(写真=佐藤浩二)


ただし、玉川側のブナ帯は長く続く傾斜木道が狭く滑りやすいので要注意です。また、灌木帯(標高1200mあたり)の急登部はもっとも狭く、交差時に注意を要します。全般に交差時のタイムロスを加味し、タイムスケジュールは余裕を持って計画してください。公共交通機関を移動として利用される方は特に余裕が必要です。

また、秋田焼山は気象庁の常時観測火山に指定されているとおり、火山活動が活発です。入山前には活動状況の確認をお忘れなく。

なお、焼山山荘(避難小屋)は10月1日時点で使用は禁止されていました(※屋根に特殊なシートを敷き、噴火対策を強化した新しい避難小屋が、2017年10月20日より利用可能になっている)。

 

教えてくれた人

佐藤浩二

JMGA登山ガイドステージⅡ、マウンテンパイロット「森・沢山」(もりだくさん)主幹
北東北を中心に四季折々の山を歩きまわる、49歳。

 ⇒ホームページ
 ⇒Facebookページ

週刊ヤマケイ

旬の登山情報、山に関するさまざまなエトセトラをタイムリーに、そしてスピーディーにお届けするサービス。
メールアドレスを登録するだけで、毎週木曜日にあなたのPC、スマホに最新山岳情報をお届け !もちろん購読は無料。
 ⇒詳細・購読希望はこちら!

同じテーマの記事
ブナの紅葉が見ごろの塔ノ岳へ。山頂の山小屋に泊まり、丹沢の山をゆっくり堪能する
日帰りで行ける山でも、山頂の山小屋に一泊してみてはどうだろうか。登山者と語らい、黄昏から落日、翌朝のご来光を拝む充実の登山も一興だ。
日高山脈・アポイ岳~ピンネシリ縦走――、標高1000m未満の山で2000m級の情景を楽しむ
北海道のアポイ岳と言えば、高山植物の山として知られ、花が咲き乱れる春から夏にかけてがベストシーズンと言われる。しかし、季節外れと思われる冬が目の前に迫る11月は、もう1つのベストシーズンが待っている。
丹沢一の紅葉と展望を丹沢最高峰の蛭ヶ岳で味わい、富士山をシルエットにした落日を鑑賞する
広い丹沢山塊の中でも、特に紅葉が美しい場所の1つが最高峰の蛭ヶ岳の北側、姫次付近のカラマツ林だという。丹沢に本格的な紅葉シーズンが訪れるのは11月初旬から、この時期に蛭ヶ岳に宿泊してみるのはいかがだろうか?
群馬県・子持山、屏風岩から獅子岩へ――。紅葉と特異な岩塔をめぐるさわやかハイキング
11月に差し掛かる頃になると、紅葉は標高1000mあたりまで下ってくる。秋も深まったこの時期に歩く低山は心地が良い。群馬県にある子持山は、紅葉と岩場歩き、そして抜群の展望を楽しめる山となっている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選