このエントリーをはてなブックマークに追加

仕方がないと言っていられない! 伊吹山の現在の姿から考える、シカの食害と鹿柵・駆除

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2018年09月27日

イブキジャコウソウ、イブキトラノオなど「イブキ」を冠した植物がいくつもあるほど、植物の宝庫として知られている伊吹山。その伊吹山の植物たちが現在、危機的状況に見舞われているという。その理由は――

 

花の名山として知られている伊吹山が、今、大変な危機に襲われている。

伊吹山は、毎年夏から初秋にかけて、山頂付近がシモツケのピンク色、サラシナショウマの白色、コイブキアザミの紅紫色など様々な色に染まるはずである。しかし最近の伊吹山では、全くそれらのすばらしい光景が見られなくなってしまい、ただ緑色のササや低木、ザラザラした葉っぱの植物だけの緑と茶色と白い石の世界になってしまった。

このような事態に陥ってしまったのには、もちろん訳がある。その理由はただひとつ、野生のニホンジカによる食害である。ニホンジカによる食害は、無慈悲で凄まじく、圧倒的である。数年前までの伊吹山の写真と、現在の写真を比べると、いかに変化しているかがわかるだろう。

5年前、2013年8月2日の伊吹山はたくさんの花に彩られていた

鹿害にあってしまったかつての花畑は無残な姿になっていた


ニホンジカの食害は激しい。以前たくさん生えていた、コイブキアザミのような全草棘だらけの植物も食べてしまい、場所によっては壊滅的被害を与えている。毒草で有名なトリカブトの一種で、伊吹山の固有種であるイブキトリカブトも食べられている。ただし、やはり毒があるためか、全部をいきなり食べるわけではなく、少しずつ食べられてしまったイブキトリカブトの異様な姿が残されていた。

シカに食われかけているイブキトリカブト。毒があっても食べられるありさまだ


伊吹山は全山が特殊な地質である石灰岩の山である。石灰岩の露岩地は、雨が降らないと乾燥しやすく、岩がちで、大きな木が生えにくく、草原になりやすい。さらに、琵琶湖の湖畔にあるため、日本海側気候の影響を受けやすく、冬には猛烈な偏西風が吹き、また豪雪地帯でもある。

これらの自然条件によって、伊吹山の標高はあまり高くはないが、山頂付近は高山帯のようになり、多くの草地を好む植物が生える。また、伊吹山でしか見られない固有種も多く生えており、世界でも貴重な自然が残る貴重な場所なのである。

伊吹山のように、貴重な植物が食べれらているニホンジカの食害による被害は、実は伊吹山だけのことではない。今、日本の多くの山でニホンジカの食害による被害が進行している。丹沢山や尾瀬、霧ヶ峰、北岳などの山々が食害による被害を受けている。

ニホンシカの食害に対し、有効に打てる手は少ない。伊吹山では、山頂付近の草原を鹿柵で覆って、シカの進入を防ぎ、少しずつではあるが、伊吹山の植生は戻り始めている。信州の霧ヶ峰では、同じ方法で柵の中だけではあるがニッコウキスゲの花畑が復活した。しかし、一度失った自然を復活させるのは容易ではない。

鹿柵の手前は花が咲くが、向こうはコイブキアザミも食べられ、木は白骨化してしまった

鹿柵の向こうには草がほとんどなくなってしまった


伊吹山の鹿柵内の状況は以前よりましにはなったものの、まだまだ以前の状態にはほど遠い。ゆっくりでもいいが、とにかく昔のようなの状態になることを心から望む。植物の多様性の維持を考えると、ニホンジカを駆除する必要があると思う。

鹿柵は有効な手段だ。個人的には自分が柵に閉じ込められているような嫌な気分ではあるが、これは仕方がない。猟銃で駆除する方法はあるが難しいようである。一部では、外国から移入したオオカミを山に放つことも考えられているが、ほかの生き物を襲う可能性もあり、問題もある。まだまだ話し合いと検討が必要ではあろう。私見ではあるが不妊手術を施したオオカミの群れを山に放って、一代限りの実験してみるというのはどうだろうか。

鹿柵に守られた、伊吹山の登山口の様子


なぜこれほどまでにニホンジカが増えたのであろうか。理由のひとつは、かつて日本の山に生息していたニホンオオカミを日本人が絶滅させ、ニホンジカの天敵がいなくなったために増えたことがあげられる。日本人の狩猟者が減って、さらに天敵が減った。

ほかにもニホンジカの餌がなく、住むことができないスギやヒノキの植林が増えたために、 自然林や草原に進出せざるをえなくなったことも理由のひとつ。豪雪地帯や高山帯にニホンジカが増えたのは、地球温暖化により雪が減って、雪が苦手なニホンジカが高山帯に侵入できるようになったこともあるようだ。

ニホンジカが増えた理由を考えると、多くは人が原因となっている。困ったものである。一番悪いのは“ニホンジン”ということなのだろうか・・・。

 

日本の山 高山植物 自然観察
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『フィンデルン』

同じテーマの記事
節分に咲くのか? セツブンソウの不思議
節分の頃に咲くから「セツブンソウ」と名がついたというのは本当だろうか? 例えば埼玉県・秩父の自生地で咲くのは3月に入ってからで、節分はだいぶ過ぎている時期に思うのだが――。
スマートフォンでも撮れる! 美しい植物写真を残すための3つのコツ
登山中に美しい花に出会い、撮影してみたものの、どうもうまく撮れない。そんな人のために、今回はスマートフォンのカメラで花を美しく撮るためのコツを伝授する。
奄美大島の「へんな植物」たち、ユワンツチトリモチ・ヘツカリンドウ
九州のはるか南方海上に浮かぶ奄美大島は、国内では手付かずの大自然が残る場所として知られる。そこに生きる植物たちを確認すると、常識を超える「へんな」ものがたくさん見ることができる。
赤ではなく黄色に紅葉するヒトツバカエデ。心をつかんで離さない、ハート型の大型の葉
カエデの紅葉と聞けば、手のひらのように切れ込んだ形の葉が真っ赤に染まる姿を想像するはずだ。しかしカエデにもさまざまな種類がある。例えばヒトツバカエデの葉はハート型で、色は赤ではなく黄色に紅葉する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。