このエントリーをはてなブックマークに追加

絶滅危惧種のコウシンソウを求めて――、父との思い出の残る栃木県足尾・庚申山荘

こんな山小屋で一息ついてみたい。“避難小屋”への誘い
ガイド・記録 2018年10月10日

イラストレーターで山岳ガイドの橋尾歌子さんが、各地の避難小屋を巡り、山小屋の様子をイラストで紹介。第2回は、栃木県・足尾にある庚申山荘。父との思い出をたどって向かった山荘は、広く大きい、清潔で魅力的な避難小屋だった。

 

すごく前、友人に誘われて庚申山から皇海山を歩いた。そのとき通過したのが、庚申山荘(栃木県)。建物裏にクリンソウがたくさん咲いていた。父がこの花のことを好きで、のちに父に山荘のことを話したことを思い出した。

そんな思い出のある山荘に再び行きたいと調べると、山荘そばの「お山巡りコース」には、絶滅危惧種の庚申草(コウシンソウ)が自生しているという。短い間しか咲かない幻の花だそうだ。クリンソウと合わせて幻の花を見に行こう! と同じ山岳会の〝そのぴん〟を誘った。

庚申山は、昔から信仰の山として親しまれてきた。1950年に日光国立公園が拡張され、庚申山周辺が国立公園に編入された。それを見越して、1948年10月に登山の足がかりにするための庚申山荘が建てられた。1952年に増築されたが、老朽化により1986年3月に現在の小屋に建て替えられている。

旧山荘は現在の小屋のすぐ西側にあり、新山荘ができあがってから寝具や畳などを手作業で移し、取り壊された。また、かつて山荘の東側に庚申山猿田彦神社の本殿と参籠所があったが、小屋ができる前の46年に焼失して、現在は山荘内に奥の院として祀られている。

広い庚申山荘。庚申山の南側岩壁を背に立っている


庚申川脇の林道から一の鳥居をくぐり、沢沿いの登山道に入る。登山道には丁石(ちょういし)が置かれ、鏡岩、夫婦蛙岩、仁王門といった巨岩が点在する。ハルゼミが鳴く登山道を、のんびり歩きながら猿田彦神社跡を過ぎると、岩場をバックにした庚申山荘に着いた。山荘裏は記憶どおりクリンソウの花畑。花の中で一匹の子鹿がひなたぼっこをしている。

小屋裏にいた子鹿。ラブリー❤


広い小屋の2階の広間に荷物を広げた後、1階のホールに移動。そのぴんが作ってくれたシーフードカレーを食べ、同じテーブルにいた夫婦に「旅は道連れ」とサラダをもらった。彼らは前夜もここに泊まり、この日は皇海山を往復してきたそうだが、前夜の小屋は1階も2階も満員だったとか・・・。

翌朝、お山巡りコースに向かう。岩場に入り、ふたりとも庚申草を探しながら下を向いて歩いた。う~ん。なかなか見つからんなぁ。あきらめかけてふと上を見ると、あるわあるわ、岩の上部にびっしりと薄紫の花が!

岩の上のほうに特別天然記念物のコウシンソウがびっしり!


庚申山の山頂は展望がなく、そこからすぐの展望台に行くと、昼ごはんを食べている人たちがいた。私たちもそこで一休み。楽しかったねぇ。庚申草とクリンソウを見に、また来たいな。

お山巡りコースのメガネ岩にて


隣にいた3人組と話すと、桐生市から来た山仲間だとか。中学時代、学校登山でこの山に来て、山荘に100人くらいで泊まったそうだ。この日はメンバーの一人の快気祝いで、久しぶりに一緒に山に来たそうだ。


庚申山荘DATA

所在地: 足尾山塊・庚申山(1892m)の南側(1510m)。国民宿舎かじか荘のある銀山平から、2時間30分

収容人数: 65人

管理: 通常は無人。かじか荘の管理人が不定期に在住し、管理・整備を行なう。宿泊費2050円、休憩料300円

水場: 小屋内にあり

トイレ: 小屋外にあり

山行日: 2014年6月15~16日

問合せ先: 日光市役所足尾観光部足尾観光課☎0288-93-3116、国民宿舎かじか荘☎0288-93-3420

 

この文章とイラストは橋尾歌子さんの著書『それいけ避難小屋』から紹介しています。実際の書籍では、山行中の様子についても、さらに詳しく・楽しくイラストを掲載して紹介しています。

著者独自のカラーイラストで描かれた間取り図や山行ルポは、写真や図面と違い、小屋の雰囲気まで伝わってきます。東北から四国にかけて実際に訪れた、全51軒の個性あふれる避難小屋を、イラストと共にぜひ楽しんでください。

 

祝 『それいけ避難小屋』 出版記念企画! 橋尾歌子画伯 トークショー開催

『それいけ避難小屋』の発売を記念して、2018年10月11日(木)に東京都千代田区のici club 神田 6F EARTH PLAZAでトークショー開催決定!

本イベントは、著者の橋尾さんと、親交のある石井スポーツ登山学校の天野校長との対談形式で、お酒を飲みつつ、ゆる~く、楽しく避難小屋の魅力を語り合う。1ドリンク付きだが、こだわりのある人は、避難小屋と同様に持参も可とのこと!

トークショウは現在、大人気で満員御礼状態。それでも、ぜひ参加したい! という方は、のキャンセル待ちにトライしてみよう!

 ⇒イベントの詳細・申込みはこちら!

日本の山 ガイド 知識・雑学
教えてくれた人

橋尾歌子

イラストレーター、登山ガイド。多摩美術大学大学院卒。(有)アルパインガイド長谷川事務所勤務、(社)日本アルパイン・ガイド協会勤務を経てフリーに。
2004年、パチュンハム(6529m)・ギャンゾンカン(6123m)連続初登頂。最近は、日々クライミングに出かけている。
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡ。現在、季刊誌『やまとびと』(共栄印刷)にて「山気佳日夕」を連載中。

同じテーマの記事
南奥駈道上の寂しささえ漂う静寂の山・笠捨山を歩く――大峰・行仙宿山小屋
イラストレーターで登山ガイドの橋尾歌子さんが、各地の避難小屋を巡り、山小屋の様子をイラストで紹介する。第5回は、奈良県大峰山脈にある行仙宿山小屋へ。3年をかけて切り拓かれた、大峯奥駆道の南部「南奥駆道」を行くと・・・。
恵那山々頂小屋(中央アルプス)――、山頂からの展望はなかったけど、たくさんの人との出会いに恵まれた
イラストレーターで登山ガイドの橋尾歌子さんが、各地の避難小屋を巡り、山小屋の様子をイラストで紹介する。第4回は、中央アルプス恵那山にある恵那山々頂小屋へ。山頂にはやぐらがあるが、そこに登っても……。
ナメや滝の美しい米子沢を遡行して―― 新潟県越後・巻機山避難小屋のトイレに感動
人気の沢登りスポット、米子沢を遡行して巻機山の山頂近くに立つ避難小屋で見たものは!? イラストレーターで登山ガイドの橋尾歌子さんが、独自の視点から立体的なイラストで巻機山避難小屋を紹介!
裏岩手連峰のなだらかに広がる山々を越えて温泉へ―― 東北・八幡平 陵雲荘
イラストレーターで山岳ガイドの橋尾歌子さんが、各地の避難小屋を巡り、山小屋の様子をイラストで紹介。第1回は、東北・八幡平にある、陵雲荘を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。