このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンでも撮れる! 美しい植物写真を残すための3つのコツ

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2019年01月09日

登山中に美しい花に出会い、撮影してみたものの、どうもうまく撮れない。そんな人のために、今回はスマートフォンのカメラで花を美しく撮るためのコツを伝授する。

 

 

スマートフォンで撮影した植物写真。一眼レフに優るとも劣らない! (左/チングルマ、右/イロハモモジ)


植物写真を撮るために、大きな一眼レフカメラ(ミラーレス)・マクロレンズを使って撮影しようとすると、デジタル化されて多少楽になったと言え、重く、大きく、撮影は難しい。しかし、そのぶん美しく撮ることはできる。

では、スマートフォン(以下、スマホ)のカメラで植物撮影ができないかというと、そんなことはない。スマホでも、とてもきれいに撮ることはできる。ただし、ある程度のコツは必要だ。そして、そのコツは一眼レフカメラとはちょっと違う。

ここではスマホで、美しい植物写真を撮るコツをいくつか書き出してみるので参考にしていただきたい。ただし、筆者はiPhoneを使っているので、使い方はiPhoneを中心になる。

スマホで撮影する最初のコツは、以下の3つだ。

  1. できるだけ被写体の花にスマホのレンズを寄せる。

  2. 花をよく見て撮影し、隅から隅まで画面を確認。

  3. 設定はいじらない。

それぞれについて、詳しく説明しておこう。

 

その1 できるだけ被写体の花に、スマホのレンズを寄せる

小さいとはいえ、スマホも基本的にカメラである。レンズが光を受け、受像素子がそれを画像に変換する。

スマホ(iPhone)のレンズは、一眼レフでいうところの広角レンズになる。広角レンズの特徴は、画面に広い範囲が写りこむこと。その分、少しでもレンズから離れると、小さくしか写せない。画面に花を大きく写しこもうとすると、なるべくレンズを被写体になる花に近づける必要がある。

また、ごちゃごちゃしたものが写りこまないように注意し、写りこんでいるようなら、スマホのレンズを花に近づけ、花以外はなるべく写さないようにする。花をできるだけ大きく写すと、花の美しさが際立つのだ。

花をできるだけ大きく写せば、花の美しさが際立つ(写真/サキシマフヨウ)

 

その2 隅から隅まで画面を確認

撮影する前に、まず汚れた花や、枯れた雄しべが無いか、花をよく見る。そしてそこにある花から、一番きれいな花を選択すること。一番いい花を見つけても、すぐに撮影するのではなく、その花をどこから撮るとよいのか、よく観察する。

人の顔もそうだが、花も正面から撮るよりも少し斜めから撮ったほうがきれいに見えることが多い。スマホで撮影するときは、撮影時から大きい画面で見ることができるので、細かく確認しながら撮影することができる。

画面の4辺もよく見よう。花や葉っぱが、画面の4辺で無残に切れていないかも確認する必要がある。

花をよく観察してから撮影しよう(写真/ハマベノギク)

 

その3 設定はいじらない

スマホでは、撮影時にいろいろ設定できる。しかし、スマホに慣れない間は、むしろ設定をいじらない方が、いい結果になることが多い。

それでもスマホで植物写真は撮れるが、不得意なシーンもある。花が遠かったり、風が強かったり、暗かったり、花が小さすぎるときだ。

こんな時は、無理しないで、あくまでスマホでの撮影は記録だけにとどめておくことにしよう。ただ、花に近寄り、花だけを入れることに注意を向け、撮影する。まずはここからだ。

花に近寄り、花だけを入れることに注意を向けて撮影しよう(写真/オオシマノジギク)
写真・映像 自然観察 高山植物
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
紅葉の山に行こう! 多くの種の紅葉になる木が生える群馬県みなかみ市/大峰山
秋の深まりと共に、紅葉はさらに標高を下げていき、中級の山、そして低山へとその色づきを移しつつある。紅葉の美しい山はたくさんあるが、写真家の高橋修氏は、群馬県・大峰山を大峰沼経由で登ることをオススメしている。
オレンジがかった朱色の花が鮮やかなフシグロセンノウ、花をよく見ると――
夏から秋にかけて、産地で鮮やかなオレンジがかった朱色の花を付ける花がフシグロセンノウだ。その花を詳しく観察すると、意外な発見を見ることができる。
高山植物の楽園、北海道・大雪山。豊かで変化の大きい自然環境に咲く花たち――
今年は花の当たり年だったという高山植物の楽園、北海道・大雪山。夏の短い北海道にあって、8月初旬にはもう秋の足音が聞こえてきていたが、植物たちは足早に花を付け、その美しい姿を見せてくれていた。
トガクシショウマを見て考えたこと―― 珍しい植物を守るため自生地を詳しく書かない、自生地に踏み込まない
珍しい植物を見たら、写真を撮ってSNSやブログにアップしたい気持ちは理解できるが、その前に少しだけ考えてほしい。写真を撮る前、そして撮ってからの行動は慎重に行う必要がある。登山、そして植物愛好家の“たしなみ”として知ってほしいこと――。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...