このエントリーをはてなブックマークに追加

南アルプスや富士五湖周辺・・・山梨の山に行くと「ほうとう」スイッチが入る

下山メシのよろこび
たしなみ 2019年04月10日

下山後に味わいたい粋な料理を紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシ」。15回目は、山梨の山に行った際に食べたい郷土料理「ほうとう」をご紹介する。

 

ほうとうに「はずれ」はない・・・気がする

下山後でも、観光でも、山梨に訪れたら食べたいと思うのが、ほうとう。

太く平たい、存在感たっぷりの麺と、かぼちゃ、いも、大根、人参、ねぎ、白菜などの野菜を、味噌ベースのつゆで煮込んだ、山梨県の郷土料理。もっちりとした麺は食べごたえがあり、野菜もたっぷり入っているので、なんとなく「健康的にお腹がいっぱいになった」気になるのが嬉しい。一人用の鉄鍋に、できたてアツアツの状態で供されるので、肌寒くなってきた秋から冬、そして春先に食べるのがいい。・・・とはいえ、真夏に汗をかきながらほうとうを食べるのも、実は嫌いではない。

南アルプス・仙丈ヶ岳にて


南アルプスや富士五湖周辺、奥秩父・・・、山梨の山に行くと「下山後はほうとうかなあ・・・」とスイッチが入る。幸いなことに、県内各地にほうとうが食べられる店はある。電車・バス利用なら駅前に、クルマ利用なら大通り沿いに。ほうとう専門店もあるし、和食を出すお店の多くは、ほうとうがメニューにある。そしてほうとうは「はずれ」がない。どの店のほうとうも美味しい・・・気がする。

(画像=ほしさんの登山記録「乾徳山」より)


昨秋、乾徳山登山の帰り、地元の方に勧めていただいた塩山駅前の小料理屋に立ち寄った。ビールで乾杯し、馬刺や刺身こんにゃくなどを味わい、締めはやっぱりほうとう。雨に降られ強風に煽られ、山頂には立てなかったけど、厳しくも楽しかった山行を振り返りながら味わうアツアツのほうとうが身体にも心にもしみた。

山中湖花の都公園のレストランで味わったほうとう

 

山梨はまもなく桃の花が見頃。お花見が楽しめる山はどこだろう

よく訪れるのが、山梨県内に店舗を構えるほうとう専門のチェーン店「小作」。

JR甲府駅前のお店が駅から近くて便利なのだ。また、河口湖の湖畔にもお店がある。一番人気のかぼちゃのほうとうをはじめ、豚肉ほうとうやら猪肉ほうとうやら、ほうとうだけでも10種類近くあるのが楽しい。季節限定のほうとうもある。ただ、たいがいオーダーするのはかぼちゃほうとうか豚肉ほうとう。山帰りでお腹を空かせているときは、冒険しなくていい。確実に、おいしいもので、お腹をいっぱいにしたいではないか。

「小作」はヤマケイオンラインユーザーにも人気
(画像=アブラムシさんの登山記録「白根三山縦走~初冬というかは晩秋~」より)


1人ずつの鉄鍋で供される、くつくつと煮えているほうとう。味噌のいい匂いが漂う。

ずっしりとした麺をまず一口。もちもちとして美味しい。甘みたっぷりのかぼちゃ、ホクホクのじゃがいもや里芋、たっぷりとつゆを吸ってくたくたに煮えている白菜やねぎ。まろやかな味噌仕立てのつゆとの相性が申し分ない。体が温まってじわりと汗をかく。

鍋は思ったより大きく、熱さのせいもあって食べても食べてもなかなかなくならない。しかし具の多くは野菜なので、食べ終わるといい感じにお腹がふくれていることに気付く。体がぽかぽかに温まって満腹、なんて幸せ。電車に乗ったらすぐに爆睡できそうだ。

・・・ほうとうのことを書いていたら、無性に食べたくなってしまった。

近いうちに行かなくては。山梨はまもなく桃の花が見頃だろう。お花見が楽しめる山はどこだろう。

(画像=KHKN さんの登山記録「桃の花見ハイキング」より)

 

教えてくれた人

西野 淑子(登山ガイド・フリーライター)

初心者向け登山ガイドブックや山岳雑誌などで取材・執筆を行うフリーライターで、登山ガイドの資格を持つ。関東近郊を中心に低山歩きからアルパインクライミングまで楽しむオールラウンダー。気の会う仲間と山を歩き、下山後に美味しいものでお腹と心を満たすことに無上の喜びを感じている。

同じテーマの記事
カラフルな大皿に、どーんと肉と野菜炒め! 相模湖駅前で立ち寄ったかどや食堂に満足・満腹
都内からJR中央線に乗ると、高尾駅の次の停車駅が相模湖駅だ。賑やかな高尾駅と比べると垢抜けない雰囲気で、高尾山のような超メジャーな山の入り口ではないが、こんな場所にこそ魅力的な店があるもの。早速散策を開始すると――。
鋸山で絶景を楽しんだ後は「漁協直営食堂ばんや」で腹いっぱいの幸せを(千葉県鋸南町)
下山を始めると「おいしい魚料理を食べて帰りたい」とスイッチが入る。私の頭に思い浮かぶ店はひとつだけ――。ライター西野 淑子さんの「下山メシ」。16回目は房総半島・鋸山の帰りに寄りたい、保田漁港直営の「漁協直営食堂ばんや」をご紹介。
下山後は、とっておきのご褒美を。秋川渓谷 瀬音の湯(東京都あきる野市)
今回は下山後に武蔵五日市駅から帰る前に立ち寄りたい食事処と温泉をご紹介。西野 淑子さんの「下山メシ」、14回目は「秋川渓谷 瀬音の湯」。
陣馬山の帰りで高尾駅解散なら――、「一言堂」でホッと一息(東京都八王子市)
ほんのり甘いチーズケーキに、きなこクリームをつかった人気ベーカリー、有機野菜の本格派カレーなど誘惑がいっぱい。今回は、高尾駅北口で解散したら立ち寄りたいほっこりカフェ「一言堂」をご紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...