このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県・子持山、屏風岩から獅子岩へ――。紅葉と特異な岩塔をめぐるさわやかハイキング

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年10月15日

11月に差し掛かる頃になると、紅葉は標高1000mあたりまで下ってくる。秋も深まったこの時期に歩く低山は心地が良い。群馬県にある子持山は、紅葉と岩場歩き、そして抜群の展望を楽しめる山となっている。

屏風岩へ向かう尾根から見る、子持山のシンボル的な存在の獅子岩の雄姿(写真=奥谷晶)

 

群馬県の中心部、沼田市と渋川市の境にそびえるのが子持山です。古い火山活動によって形成されたという子持山のいちばんの特徴といえば、特異な岩塔が立ち並ぶ姿です。その中でも特に有名なのが獅子岩(大黒岩)でしょう。

獅子岩は、かつての火口に詰まっていた溶岩が、長い年月の浸食に耐えて残った部分が露出したもので、学術的には火山岩頸と呼ばれるものです。子持山には、この獅子岩のほかにも屏風岩はじめ、たくさんの奇岩・怪岩があり、登山者を楽しませてくれます。

子持山へ向かう尾根から獅子岩を顧みる。まさに「風に立つ」獅子の風貌(写真=奥谷晶)


子持山の標高は1296mと、さほど高い山ではないので、夏の時期は暑くオススメできませんが、11月に入ると爽やかな風と紅葉を楽しめるハイキングの絶好の季節となります。

今回は屏風岩を通り、獅子岩を経て山頂を目指す、ちょっとした岩登り気分を味わえる展望の良い周回ハイキングコースを紹介したいと思います。

モデルコース:獅子岩を経て子持山を周回

行程:
【日帰り】三号橋(登山口)・・・子持山登山口・・・屏風岩・・・獅子岩・・・柳木ヶ峰・・・子持山・・・柳木ヶ峰・・・大ダルミ・・・浅間山・・・三号橋(約5時間)

⇒子持山周辺の地形図を確認

 

スリルある岩尾根を歩き、大展望の獅子岩、子持山へ

2017年11月10日、例年より冷え込みが早かったこの年は紅葉は残念ながら終盤、それでも麓にはまだ紅葉が残り、その中を歩き始めます。子持山への登山口へは、ふだんは7号橋付近まで車で入れますが、このときは林道崩壊と治山工事のため車は3号端手前から通行止めになっていました。

ゲート前の空きスペースに車を停めて出発すると、登山道の入り口である6号橋までは、林道に亀裂が走っていたり、沢沿いの登山道もゴロ石で埋まっている箇所もあったりして、分かりにくいところもあります。7号橋の先にある駐車場には登山ポストやトイレはがあり、ここから本格的な登山の始まりです(トイレの使用は不可でした)。

まずは登山口からも見えている屏風岩へ向かいます。すでに落葉が始まった木立ちの間から、特異な獅子の相貌を持つ獅子岩の岩峰がよく見えています。

登山口からほど近くにある屏風岩。基部には鳥居が鎮座する(写真=奥谷晶)


橋を渡ると小さな赤い鳥居のある屏風岩の基部に到着。その右側を急登を進むと、早速鎖場と梯子が始まります。やがて、屏風岩の岩頭に出ると、屏風岩の先端からはこれから向かう獅子岩の堂々たる姿を見ることができます。

屏風岩へは鎖場と梯子を登って岩頭に立つことができる(写真=奥谷晶)


屏風岩からは、「尾根道」の標識に沿って展望のよい痩せ尾根を進むコースもあります(ガイドの地図には掲載されていないものもあります)が、今回はいったん分岐に戻り樹林帯の登山道で獅子岩方面へと向かいます。

やがて「獅子岩・子持山頂」と「この先危険」の分岐の標識が出てきますが、「この先危険」は子持岩正面壁への取り付きに至るクライマー専用の踏み跡なので、興味本位で入り込まないようにしましょう。

しばらく登ると屏風岩からの尾根ルートとの合流地点へ。さらに獅子岩方面へ行くと獅子岩の肩のテラスにつき、ここから慎重に鎖場とブランコ式の鉄梯子を登って獅子岩のてっぺんに立つことができます。獅子岩からは、赤城山、浅間山、榛名山に加え、妙義山など西上州の山々の大展望を思う存分楽しめます。

垂直に立つ獅子岩の迫力ある「顔」? 部分をを見上げる(写真=奥谷晶)

獅子岩から子持山山頂にかけては、やせ尾根や岩尾根をよじ登る急登がつづきます。山頂に到着すると、十二山神の石碑と360度方向に広がる抜群の展望が迎えてくれます。谷川連峰など美しい展望を楽しんだあとは帰路へ。途中、柳木ヶ峰からは西側の尾根ルートを進みます。柳木ヶ峰から浅間山までは、獅子岩を眺めながらのアップダウンの続く稜線歩きのコースをとります。

十二神の石碑が鎮座する子持山の山頂、展望は素晴らしい(写真=奥谷晶)

子持山の尾根からの展望。左が獅子岩、尾根の先には榛名山が見える(写真=奥谷晶)


この時期の大ダルミへの下りなどは、急傾斜の登山道が落ち葉で埋もれてます。隠れた石や木の根に足をすべらせやすい箇所が多く、注意が必要となります。

紅葉のピークは過ぎていましたが、下るにつれて、葉の落ちた木立の中に名残りの燃えるようなカエデが最後の輝きをみせていました。

大ダルミ付近からの獅子岩の様子。紅葉の木々の合間からその姿を見る(写真=奥谷晶)

教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
ブナの紅葉が見ごろの塔ノ岳へ。山頂の山小屋に泊まり、丹沢の山をゆっくり堪能する
日帰りで行ける山でも、山頂の山小屋に一泊してみてはどうだろうか。登山者と語らい、黄昏から落日、翌朝のご来光を拝む充実の登山も一興だ。
日高山脈・アポイ岳~ピンネシリ縦走――、標高1000m未満の山で2000m級の情景を楽しむ
北海道のアポイ岳と言えば、高山植物の山として知られ、花が咲き乱れる春から夏にかけてがベストシーズンと言われる。しかし、季節外れと思われる冬が目の前に迫る11月は、もう1つのベストシーズンが待っている。
丹沢一の紅葉と展望を丹沢最高峰の蛭ヶ岳で味わい、富士山をシルエットにした落日を鑑賞する
広い丹沢山塊の中でも、特に紅葉が美しい場所の1つが最高峰の蛭ヶ岳の北側、姫次付近のカラマツ林だという。丹沢に本格的な紅葉シーズンが訪れるのは11月初旬から、この時期に蛭ヶ岳に宿泊してみるのはいかがだろうか?
紅葉始まる八海山・八ッ峰の岩峰をめぐる ――スリリングな岩場を越えて絶景の展望を楽しむ
古くから霊山として崇められてきた八海山。その頂への道は険しく長く、一定の技術と経験と体力を求められるが、紅葉の季節は、その岩峰と眼下に広がる新潟平野、そして極彩色の錦をまとった峰々とのコントラストがとくに美しい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

雨のち晴
(日本気象協会提供:2019年11月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...